• #1 NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

WiFiのネットワーク名とパスワードを変更する方法

WiFiは日常でどこでも見つけることができ、複数のWiFiが同じ場所で検知できることも非常によくあります。WiFiネットワーク名としては不適切なものや、デフォルトの安全ではないパスワードを使用しているネットワークもあります
トップチョイス
  • NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
そこで当記事ではお使いのWiFiのネットワーク名とパスワードの変更方法をご紹介します。

WiFiのネットワーク名を変更する方法

WiFiのネットワーク名(SSIDまたはサービスセットアイデンティファーとも呼ばれます)を変更するには、まずはお使いのWiFiのアドミンパネルにアクセスする必要があります。

  1. お好きなブラウザにルーターのIPアドレスを入力します。
  2. アドミニストレーターにログインします。
  3. 設定に移動し、”WiFiネットワーク名”または”SSID”の項目に移動します。
  4. 新しいWiFi名を入力します。
  5. WiFiアナライザーアプリ、NetSpot MacまたはWindows版を使用すると、変更の確認が簡単に行えます。

ディスカバーモード
ディスカバーモード

WiFiのパスワードの変更方法

WiFiパスワードの変更方法は以下となります。

  1. お好きなブラウザにルーターのIPアドレスを入力します。
  2. アドミニストレーターにログインします。
  3. 設定に移動し、”セキュリティー”の項目に移動します。
  4. ルーターのセキュリティ設定がWPA2になっていることを確認してください。
  5. セキュリティーの高いパスワードを入力します。


新しいパスワードを入力したら、ルーターを再起動させます。パスワードを変更した場合、お使いのネットワークへのアクセスが遮断され、新しいパスワードを再度入力してから接続が可能になります。

適切なWiFiネットワーク名とは

WiFiのネットワーク名はWiFiの使用にあたり全く関係のない項目とお思いの方は非常に多く、それゆえに”hack me”や"WillUmarryMe?"、”Top Secret network”、”Drop it like its Hotspot”など、面白いWiFiネットワーク名も時々見かけることがあります。WiFiネットワーク名はパスワードに比べてこそ重要度は劣りますが、ネットワーク名の違いで安全性が大きく変化します。具体的な例を以下で紹介します。

  • 個人情報を含まないこと:ご近所の方の苗字や番地がネットワーク名に表示されているという経験はありませんか。WiFiネットワーク名に個人が特定できる情報が含まれているとわかりやすい反面ハッカーからの特定が非常に容易になり、狙われやすくなってしまいます。特殊なソフトウェアを使わずとも持ち主の特定できるネットワークは、彼らにとっての格好の餌食です。また、隣人にもネットワーク名が知られているため無断で使用されるリスクなども存在します。個人が特定できるようなWiFi名への変更は避けましょう。

  • 公共のホットスポットのように見える名前を避ける:WiFiの名前を、有名な公共ネットワークのホットスポット名と同じにしてしまうユーザーも多くいます。”McDonald's WiFi”や”Softbank WiFi”などという名前にすることは、個人の特定こそ避けることができますが、無料WiFiを探しているユーザーからの予期せぬログインのリスクを大幅に増大させます。パスワードが破られずとも接続を試みるだけでルーターは電波を消費します。それだけでもパフォーマンスに影響を及ぼしたり、データの残量が減少するといった事態が発生します。

  • 常識的な名前を使用すること: WiFiネットワーク名ジェネレーター のようなユニークなWiFi名を自動でつけてくれるウェブサイトや 面白いWiFiネットワーク名一覧 などに感化され、思わず笑ってしまうようなネットワーク名をつけたいとお望みかもしれませんが、これらは確実に避けてください。WiFiネットワーク名は誰でも見ることができるため、非常識なネットワーク名は使用するべきではありません。2018年にメルボルン発のカンタス航空機に”Mobile Detonation Device (携帯爆破装置)"といったネットワーク名を持った乗客が搭乗し、そのネットワーク名のせいでセキュリティーチェックが再度完了するまで飛行機が離陸できないといった事態も発生しています。WiFiのネットワーク名が不適切であることは、思っている以上の影響を与える可能性があるのです。

安全なWiFiパスワードの特徴とは

WiFiネットワークのセキュリティー の最後の砦とも言えるのが、WiFiパスワードです。簡単なパスワードは覚えやすく便利ですが、その一方でセキュリティーへの懸念を残します。そこでどのようなパスワードが安全で適切なのかをご紹介します。

  • 英字、数字、記号をすべて使用する:簡単な単語をそのままパスワードとして使用することは、ハッカーにとって特定の容易な親切なパスワードとなりかねません。最低限単語の数文字を大文字にしたり、記号や数字を混ぜるなどして特定の難易度を上げる必要があります。

  • 誰でも使うようなパスワードは使用しない:数字や記号を使ったからといって、それがあまりにも一般的だとその意味がなくなってしまいます。キーボードの左から右へ"12345qwerty"または”p455w0rd"などといった誰もが思いつく一般的な文字列は安全性を大幅に低下させるため、直ちに変更を行なってください。

  • 12文字以上を使用する:短いパスワードや、突破のリスクから安全を守るには不十分です。なるべく長いパスワードを使用しましょう。12文字以上が理想とされています。しかし、長いから安全というわけではないので、ご自身のパスワードが安全かどうかはパスワード強度チェックなどを利用し確認しましょう。

  • 同じパスワードの使い回しを避ける: 複数のWiFiネットワークに同じパスワードを使うのも避けましょう。覚えられないからという理由で同じパスワードを使うのはリスクを伴います。Bitwardenのようなパスワード管理サービスを利用し、同じパスワードの使い回しは避けましょう。

  • パスワードを容易にシェアしない: パスワードのシェアは他の人への使用を許可する際には必要なことですが、容易にパスワードのシェアを行うことにも当然リスクが伴います。WiFiパスワードを頻繁に変更するようであれば問題はありませんが、不特定多数へのアクセスを許可する場合は、ゲスト用のネットワークを複製し、そちらをシェアすることをお勧めします。

結論

WiFiネットワーク名とパスワードは想像以上に重要な要素となります。上記で紹介した変更方法を元に、WiFiネットワーク名とパスワードを安全で適切なものに変更しましょう。

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

WiFiについての全てを次でお話しします。

WiFiについてもっと深くご存知になりたい場合、WiFiセキュリティーについて、ワイヤレスネットワークの最高のアプリについて、フライトでのWiFiについてなどをチェックしてみてください。

その他の記事

NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。