機内WiFiとその作動方法

私たちは居場所に関わらず、常にインターネットに接続している状況に慣れています - 朝のコーヒーショップ、社内にいる日中、バス停や電車の中までも、WiFiを使っています。毎日のルーティンの中で、WiFiに接続できることが重要になっているため、ここでは常に移動している人たちに欠かせない機内Wi-Fiの検証を行います。

まずは、機内WiFiの種類から始めましょう


ATG (Air To Ground)

この機内WiFiの種類は、地上を飛行する国内フライト向けに開発されました。ATGシステムの場合、地上の電波塔から信号を受信できるよう、機体の底面にアンテナ二つを設置する必要があります。ATGシステムは、電波塔から信号を受信し乗客にインターネット接続を提供するため、客室乗務員がスイッチをONにします。

飛行中に機体が移動するに伴い、アンテナは自動的に次の信号を受信し、最も近い電波塔に接続するため、理論的にはインターネット接続が途切れることはありません。しかし、水域や遠隔地の上を飛行中の場合、信号があってもスムーズに接続できない場合もあります。

現在のATGサービスの場合、ユーザーには凡そ3Mbpsの速度ガ提供可能です。これにより、電子メールやソーシャルネットワークなどへの接続は可能です。Gogo inflight WiFi ATG-4システムであれば、速度は10 Mbpsまで上がりますが、このシステムはより遅いATG-3程拡大していません。


Kuバンド

KuバンドはGogo、パナソニックとRow 44が使用する衛星ベースのサービスです。このサービスは衛星を基盤にしているため海域などを飛行中電波塔に接続できない場合もインターネット接続を保つことが可能です。Kuバンドアンテナは大きなドーム形の「受け皿」であり、機体の上に設置され飛行中通信している衛星の方向に向けられます。

アンテナが信号を受信すると同時に、機内WiFiユーザーの速度は30-40 Mbpsまで上がります。Kuバンドサービスの速度はATGより遥かに速いですが、その速度は衛星に接続している飛行機の数と信号が通信されり速度に左右することもあり、場合によりウェブエレメントのロード速度に差が出ることもあります。しかし、全体的に通信速度は上がります。


Kaバンド

Kaバンドサービスも衛星ベースであり、現在速度が最も速いサービスです。JetBlue機内WiFiはKaバンドに頼っていて、バー人アメリカやユナイテッド航空の737型機もこれを使用しています。Kaバンドは新たしいViaSat-1衛星を使用していて、Kuバンドが使用している衛星よりパワフルであり、各飛行機に迫力のある70 Mbpsまでの速度を提供しています。

これは自宅などにあるインターネットの速度であり、映画ストリーミングや写真のアップロードなどが可能です。 現在、一つのKaバンドプロバイダーは三つの衛星を運営していて、ほぼグローバルなカバレッジを提供しています。近い将来、四つ目の衛星を加える予定もあります。

地球全体をカーバーする四つの衛星が同時に作動していても、航空交通量が高い場所では需要に対応でき訳ではありません。もう一つのプロバイダーは2020年から北米上空にKaバンドカバレッジを拡大する予定があり、全体的に五つの衛星になります。

Kaバンドは全ての場所で使用できないため、バージンアメリカ社は、Ka/Kuハイブリッドレシーバーを使うことにし、これにより、使用可能の最良の信号の強度により、KuバンドとKaバンドの切り替えが可能です。


Exede

Exedeの12 MbpsサービスもViaSat-1衛星により提供されています。ExedeはJetblueとユナイテッドなどの航空会社に信頼できる速い衛星接続を提供しています。アマゾンとJetBlueのパートナシップにより、Amazon Primeメンバーの乗客は追加料金無しでJetBlueフライト中Fly-Fiを利用してコンテンツのストリーミングが可能です。JetBlueは全てのA320型の飛行機には機内Wi-Fiを提供しているますが、新しいE190型の場合、2%の機体のみに機内WiFiを提供しています。

機内Wi-Fiの限界


機内Wi-Fiには多くの可能性があり、非常に速い速度にも上がりますが、飛行機では、全ての乗客ユーザーが平等にデータを使用できるよう、 「自動操縦」モードに設定されています。理論的に、33人の乗客がインターネットを使用している時に比べ、乗客3人が使用している場合機内のインターネット接続の速度が上がります。

速度制限に加え、機内Wi-Fiにはハードウェアの限界もあります。ATGサービスの場合、前と後ろ向けのアンテナしかなくまたKu衛星受信機は常に一つの衛星のみに接続が可能です。これにより使用可能な電波塔や衛星の間を飛行している際、短い間接続が途切れることもあります。

接続の品質はフライトが飛行している方向にもより、変動する可能性があります。一般的に米国には多くの電波塔が設置されていますが、広域に渡り人口が少ない州の上空を飛行している間、接続が途切れる可能性が高まります。

政治方針などでWiFi制限がある国の上空を飛行している時、接続出来ない範囲などが増えることもあります。一般的に、客室乗務員は接続出来ない間を前もって把握していることがあり、フライトの始めにその情報を共有するでしょう。

また、機内WiFi自体が故障する可能性があり、その原因が小さい場合でも問題解決に時間がかかる可能性もあります。機内Wi-Fiが作動しない場合はフライトの安全性に影響がないため、それだけでフライトの出発が遅れることはありえません。

機内インターネットの速度が遅いのはなぜ?


機内WiFi技術の需要は高くその研究開発は早く進んでいます。しかし、増え続けるWiFiを使用するデバイスの革命に追い付くこと自体も決して小さな作業でありません。

衛星を通じた接続は、より速度は速くなりますが、衛星自体を打ち上げてから衛星を維持する費用も高価であり、そのため、技術が遅れています。

Gogo社は機内インターネットやエンターテイメントのプロバイダーのリーダーであり、現在米国の機内Wi-Fiを占有しています。会社のネットワークは米国全体を制覇し、その数の影響て主にKu衛星中心に、密集したカバレッジを提供しています。現在、何百ものKu衛星は軌道上にあり、地球全体を覆ってます。

Gogo社は、世界的な飛行時間の98%を高水準の衛星冗長性でカバーしています。新しい2Kuサービスからは、70 Mbpsの速度を改善されたアンテナと衛星サービスの提供を予定しています。これは地上の平均接続速度より遥かに速い速度です。

ちなみに、地上でより良いWiFi接続を求めている方のため、均一で安定した信号を送信できる完璧なWiFiネットワークを構築できるツールがあります。NetSpotは7年間に渡り、専門家や自宅のWiFi愛好家のニーズに応え、ワイヤレスネットワーク評価、スキャニングとサーベイ、Wi-Fiカバレッジとパフォーマンスの分析用、最もポピュラーで高く評価され的あツールです。

機内Wi-Fiの平均的コストはいくら?


一般的に、コストは航空会社により、場合には、そのコストは電話、タブレット、ノートパソコンなどのデバイスのサイズによっても変わ理ます。小さなデバイスが使用するデータの量が少ないため、それらのデバイス用のワイヤレスインターネットのコストも少額になります。

しかし、これは単なるマーケティング戦略である可能性もあり、ノートパソコンで作業を続ける必要がある出張中のビジネスマンはより高額な金額を払ってもWiFiを使うでしょう。また、その金額を減らすため、ノートパソコンをモバイルデバイスに見立てるトリックなどもあると噂されています。

このようなオプションがある場合、前以て少額で機内WiFiの予約を取る価値もあります。

例として、Gogoサービスプロバイダーは移動が多い方向けに月額定額パッケージを提供しています。このパッケージは特定の航空会社だけでなく、その他に関連している航空会社の機内でも利用が可能です。

マイルが余っていて、機内でインターネットを利用する予定がある場合、前以て利用料金をマイルで賄えるかを調べる価値もあります。

多くのお金を支払っても最も早い接続は保証されませんが、技術は常に前進しているため、多くのことを期待できるようになっています。航空会社が機体をアップグレードするに連れ、機内Wi-Fiの速度や安定性が増し、国内線や国際線など、様々な方向などに普及が進んでいます。

機内インターネットの普及が拡大するに伴い、サービス競争や価格競争なども予想されます。しかし現時点では、その真逆です: Gogo社の機内WiFiはほとんど独占的であり、価格帯も下がらず徐々に上がっていっています。

機内Wi-Fiの将来


乗客の機内経験をより快適にするため、もちろん機内WiFiの提供が論理的に次のステップでもあります。機内にワイヤレス接続自体は最初の段階にしかすぎません。機内WiFiを既に提供している航空会社はより良く、速く、より経済的な接続の提供に向け努力していることを期待しています。

ロンドン・スクール・オフ・エコノミクスと英国の衛星通信会社Inmarsatが数年前に共同で発表したレポートによると、2035年までには、高品質な機内WiFiが偏在する可能性が高く、その世界的な市場規模が1300億ドルに膨らみ、世界中の航空会社にも300億ドルの圃場収益をもたらすことになると予想しています。

航空会社と機内インターネット接続分野においては、多くの事態が進捗しています。現在、82の航空会社は何らかの方法で機内インターネットを提供しているて、これは2016年に提供していた70社に比べ17%増えています。2018年度のブロードバンド関連収益は10億ドルと予想されていて、座席アップグレードや手荷物費用の「一般的な」収益は600億ドルと予想されています。

新しい衛星が加わることで、この全ては瞬間的に変更され、ブロードバンドの品質が高くなるに連れ、機内のインターネット接続が途切れるゾーンが減ることになるでしょう。

あなたは機内WiFiをどのように活用していますか?お友達や家族と連絡取り合ったり、インターネットショッピングなどに使用していますか?それとも大事な会議に備え、準備作業などに使用していますか?または、接続を遮断してフライト時間を利用して睡眠を取って居ますか?何れにせよ、フライト時間を十分にお楽しみください!

WiFiネットワークさーペイツールのMac用NetSpotアプリをチェックしてください。サイズに関わらず、ご自宅又はオフィススペースのスキャンを行い、WiFiアクセスポイントの最良の位置付けを評価し、最適なカバレッジを構築できます。


さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください
nsWinImageWhite

ウィンドウズ版ができました!

NetSpotは、周りにあるWiFiネットワークを深くサーベイするため、簡単に使うことができるワイヤレスネットワーク検出器です
無料のWiFiスキャナーアプリをゲットしましょう

次のWi-Fiに関する

その他の記事

今すぐNetSpotでWiFi信号を強化しましょう
標準802.11a / b / g / n / acワイヤレスネットワークアダプタを搭載したMacBook(macOS 10.10以降)またはラップトップ(Windows 7/8/10)で動作します。
★★★★
969名のユーザーのレビューで、4.8のランクを獲得しました。
バージョン2.11 • レビューを書く