• #1 NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

WiFiのハッキングの方法

予想よりもはるかに多くの人が法律で禁止されているにもかかわらず個人情報の売買を行っています。

トップチョイス
  • NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
ハッカーや、フィッシングをはじめとする様々なオンライン上の犯罪はWiFiネットワークの盗み取り以上の悪質犯罪ですが、一定数それらを試みる人もいます。

WiFiのハッキングを知っておくべき理由

より多くの人が利用すればするほど、オンラインのセキュリティーは重大な問題となります。ハッキングの基本的な構造を知っておくことで、ご自身のオンライン上のセキュリティーの対策に非常に役に立つ対策を試みることができます。


当記事では、どのようにWiFiのパスワードやネットワークそのものがハッキングされてしまうのかをご紹介します。WiFiパスワードのハッキングについて知っておくと、適切なセキュリティー設定の方法、安全なオンラインアクティビティについて学ぶことができます。

必要なツールは、Windows、Macどちらにも対応したプロ仕様のワイヤレス調査Wi-Fi分析トラブルシューティングでおなじみのWiFiアプリ、NetSpotのみです。NetSpotはMac OS X10.10+またはWindows 7/8/10に対応しているパソコンの全てにご利用いただける無料ダウンロードのアプリです。

WiFiパスワードのハッキング方法

WiFiネットワークが不正なアクセスを防ぐにあたり、共通した数種類のセキュリティースタンダードを使用しています。最も一般的なワイヤレスセキュリティースタンダード は以下になります。

  • WEP:1997年の初期802.11スタンダード発足と同時に導入されたセキュリティで、正式名称はWired Equivalent Privacyです。現在では非推奨のワイヤレスネットワークセキュリティーアルゴリズムとなっています。RC4の暗号を採用しており、CRC-32チェックサムで統率されています。2001年に、セキュリティーに関する調査によりRC4暗号の悪用の方法が発見されて以来、WEPのハッキングは専用のソフトウェアを使用すれば数分で完了してしまうことが指摘されました。WEPのセキュリティーは、方法さえ知ってしまえば知識のない子供でも数分でできてしまうほどの簡単さとなってしまいました。


  • WPA:WEPに代わり2003年に開発された、より安全なセキュリティースタンダードです。正式名称はWi-Fi Protected Accessとなります。WEPで守りきれなかった攻撃にも、WPAはTKPI(Temporal Key Integrity Protcol)というパケットごとのキーを使用し防ぐことができます。メッセージ・インテグリティー・チェックという機能が、データの流出を防ぎます。

  • WPA2:WPAはその後にWPA2に更新され、IEEE802.11i以降のバージョンでの搭載が必須となりました。CCMPとAESを元にした暗号が使用されています。WPA2を使用していたとしても、誰かのWiFiのハッキングは知識さえあれば非常に現実的となります。洗練された何層もの攻撃により突破が可能となってしまいます。

オンライン上の犯罪は、古く、突破が簡単なセキュリティーがまず初めに狙われてしまいます。

NetSpotを使用し、ハッキングが簡単なWiFiを発見する

NetSpotのようなWiFiアナライザーを使用し初めに確認することは、WEPのセキュリティーの使用のうむです。WPAやWPA2のセキュリティーよりも非常に簡単でソフトウェアひとつで突破できてしまうことが理由となります。

NetSpotにはディスカバーモードというWiFi分析のモードがあり、近隣のWiFiネットワークの情報収拾が可能となります。NetSpotは近隣ネットワークの名前と、電波レベル、使用しているチャンネルとセキュリティーを表示します。

ディスカバーモード
ディスカバーモード

WEPのセキュリティーを使用しているネットワークを発見した場合、誰でもそのWiFiのハッキング方法とパスワードの入手を簡単に習得することができてしまいます。WiFiネットワークがWEPを使用しているかは、NetSpotなどのアプリを使えば簡単に見つけることができてしまうのです。

WiFiネットワークをハッカーから守る方法

ハッカーの攻撃からWiFiネットワークを守るためにも、精度の高いワイヤレスセキュリティースタンダードと、安全性の高いパスワードを使用しましょう。

  1. NetSpotを起動する。
  2. ディスカバーモードに移る。
  3. WiFiネットワークを使用可能なWiFiネットワークのリストに移動する。
  4. セキュリティーの欄に、”WPA2”と表示されているかを確認する。
  5. もしWPA2が使用されている場合、最低限のセキュリティーが使用されている状態となります。

お使いのネットワークがWPA2を使用していない場合は、ルーターのセキュリティー設定より使用するセキュリティーをいち早く変更してください。ルーターの種類により設定の詳細は異なりますが一般的には以下となります。

  1. ルーターのIPアドレスを確認する。
  2. アドミンパネルの設定画面にログインする。
  3. WiFiセキュリティーの設定を選択する。
  4. WPA2に設定を変更する。
  5. 保存し、場合によっては再起動が必要となります。

ルーターのセキュリティー設定の変更を行なった際は、NetSpotのディスカバーモードを使用し、設定の変更が適切に行なわれているかを確認してください。WPA2がセキュリティー標準設定になっていることが確認できたら、WiFiパスワード がハッキングされない適切な安全性を持っているパスワードであることを確認してください。

  • パスワードは最低12文字以上が推奨されています。

  • ローマ字、数字、記号のすべてを使用してください。

  • 12345ASDFなど、誰でも推測できそうなパスワードは避けます。

  • パスワードは全く関連性のない文字の羅列が推奨されています。

  • 個人情報(誕生日、旧姓など)の推測できそうなパスワードは避けます。

  • 使い回しのない、独自のパスワードを使用してください。

  • パスワードを紙に書いて保管したり、ブラウザの自動保存に保管したりすることは推奨されていません。

  • パスワードを不用意にシェアすることは避けます。

結論

WiFiパスワードのハッキングの基礎を知っていることで、サイバーセキュリティの弱点の基礎を学ぶことができます。NetSpotのような無料で簡単なWiFiアナライザーを使用すれば、サイバーセキュリティの脅威となり得る弱点をすぐに検知することができます。

NetSpotはそのほかにもワイヤレスネットワークのカバー範囲や、ご家庭におけるWiFi電波の強度などはもちろん、家の外へ電波を流出させないための情報などもご利用いただけます。

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

WiFiについての全てを次でお話しします。

WiFiについてもっと深くご存知になりたい場合、WiFiセキュリティーについて、ワイヤレスネットワークの最高のアプリについて、フライトでのWiFiについてなどをチェックしてみてください。

その他の記事

NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。