NetSpotをワイヤレスネットワークアナライザーとして使う

NetSpotワイヤレスネットワークを分析するため、最適なツールです。ヒートマップを発生できるため、デッドスポットを簡単に識別して、アクセスポイントの位置付けの最適化を行うことができます。さらに、NetSpotはWLANの妨害を分析することで、アクセスポイントとしてベストなWiFiチャンネルを確定することができます。ワイヤレスネットワークの徹底した分析を提供するプロレベルのレポートを発生させることが可能です。

Wi-FiアナライザーとしてNetSpotを使用する方法


手順1

フロアプランをアップロードする

NetSpotを開き、分析を希望するエリアのフロアプランをアップロードします。

ワイヤレスネットワークアナライザー

手順2

ワイヤレスサイトサーベイを完了させる

サイトサーベイをNetSpotナレッジベースを元に完了させる。Wi-Fiサイトサーベイをどのようにして始める?

WLAN完全アナライザー

手順3

ヒートマップを分析する

結果として表示される信号対雑音比のヒートマップを分析する。特に青や紫のエリアに注意してください。これらのエリアのカバレッジが不十分である可能性があります。

WiFi信号強度を分析する

手順4

ヒートマップを調整する

可視化設定ポップアップとAP検知近接の最低と最高の信号変動を変更して、必要であれば、信号対雑音ヒートマップを調整します。

信号対雑音比WiFi分析

手順5

ヒートマップを見る

必要に応じて、特定なネットワークの信号対雑音比を確認してください。ヒートマップの左側にあるコントロールパネルから必要ないネットワークの名前の横にあるボックスからチェックを外してください。


手順6

Wi-Fiネットワークを分析する

必要に応じて、特定なチャンネルのWi-Fiネットワークを確認してください。設定をクリックして > コントロールパネルの下にあるチャンネル毎でネットワークを選択するから確認したいチャンネルを選択してください。

NetSpotでWLAN妨害を分析してベストなチャンネルを確定する

手順7

ヒートマップをエキスポートする

NetSpotウィンドウの上にあるエキスポートボタンをクリックして、信号対雑音比のヒートマップをPDFにエキスポートしてください。


手順8

分析を続ける

NetSpotウィンドウの下のツールバーのドロップダウンメニューから他のレポートを選択して、ワイヤレスネットワークの分析を続けてください。他のWi-Fiアナライザーレポートには、信号レベル、信号対妨害比、雑音レベルとアクセスポイントの数、ダウンロードとアップロードレート(PRO)、ワイヤレス転送レート(PRO)とトラブルシューティング(PRO)があります。必要に応じてさらなるヒートマップをエキスポートしてください。

Wi-Fiアナライザーレポート

ワイヤレスサーベイを行い、全てのヒートマップをエキスポートしたら、簡単にWLANの分析を行うことができ、Wi-Fiアクセスポイントの最適な設定を識別することができます。他のワイヤレスアナライザーはこれだか早く、簡単にネットワークのマップ化を行うことはできません。

NetSpotのWi-Fiスキャナーは

  • ワイヤレスネットワークをスキャンして
  • 任意のサイズのワイヤレスネットワークをスキャンして
  • WLANネットワークをスキャンして
  • WLANサイトを可視化してスキャンして
  • Wi-Fiをスキャンし、カバレッジを可視化して
  • シンプルかつパワフルWiFiスキャナーとして作動します

さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください

そうです、ウィンドウズ版ができました!

NetSpotはWiFiネットワークの分析、最適化と問題いのトラブルシュートの手助けを行います。
無料のWiFiアナライザーアプリをゲットしましょう

Wi-Fi分析に置ける次の段階


その他の記事

今すぐNetSpotでWiFi信号を強化しましょう
標準802.11a/b/g/n/ac
ワイヤレスネットワークアダプター(AirPortに対応)のMacBookで作動します。