2024年最新、Mac対応の最高のWiFiアナライザー

優れたWiFiアナライザーは、ワイヤレス接続の利用可能性を探知し、接続スピードを向上させます。

トップチョイス
  • NetSpot
  • #1 NetSpot
  • 最高のWiFIアナライザーアプリ

  • 最高のWiFIアナライザーアプリ
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

WiFiを使って、オンライン状態になる場合がほとんどの時代になりました。ワイヤレスがここまで普及したからこそ、WiFiアナライザーを使って最高のパフォーマンスを保ちましょう。

WiFiアナライザーとは何か、どのように使うのか?WiFIアナライザーアプリは、利用可能なすべてのWiFIネットワークを検知し、そのネットワークの詳細を提供します。ネットワークの使用チャンネルや、電波の強さ、WiFiの暗号化のメソッドなどが観覧できます。

どのチャンネルが使われているかという情報が役に立つのはなぜでうか?その理由は、WiFiが混み合っていて、なおかつ周りの多くのデバイスが自分のネットワークを持っている場合に起こるチャンネルの交錯が接続スピードを低下させます。どのチャンネルが空いているかなどを知ることによって、今すぐにWiFiのパフォーマンスの違いを実感できます。

WiFiアナライザーアプリが必要な理由とは?

ご自宅でも、オフィスでも、強力なWiFiアナライザーアプリはWiFiネットワークを最適化するための最強の助っ人です。WiFiアナライザーは、MacのWiFiスペクトラムを分析し、最適なWiFiネットワークの設定や最適なWiFiチャンネルを設定するのに効果的です。

高品質のMac WiFiアナライザーツールは、どこのエリアの電波が強く、どこがそうでないかをわかりやすく分析したWiFiの電波強度のヒートマップの作成機能を持っていることがあり、電波の弱い場所などの問題の解決に役立ちます。

Mac WiFiアナライザーがお役に立ちツールとなる状況は以下となります:

  • お使いのルーターの最適な置き場所をお探しの時:ルーターのパフォーマンスを発揮する最大の要素は、置き場所です。そうです、置き場所です!WiFiアナライザーは、ルーターを置くのに最適な場所を探し出してくれます。
  • パフォーマンスが悪い時:番組をストリーミングしている時や、ビデオ通話をしている時に遅いインターネットで大丈夫な方はあまりいないでしょう。ウェブサイトの読み込みが遅い原因は様々ですが、WiFiアナライザーを使うと、接続が遅い問題と改善策を特定することができます。
  • 接続が不安定な時:WiFiが多様に飛び交う場所では、複数のネットワークが衝突して干渉を起こしていることが原因の可能性があります。WiFiの安定性に問題がある場合、同じ空間の他のネットワークからの電波の干渉が原因なことも多く、高度な性能のWiFiアナライザーを使用することで混雑している周波帯のチャンネルを特定し、混雑の少ないスムーズな接続へのお手伝いをいたします。
  • 無料WiFiを探す:外出時に、安定したWiFiがあれば安心です。非公開のネットワークや、セキュリティ設定などを探せる、WiFiアナライザーアプリがあれば、セキュリティーを守りながら接続を保つことができます。

ユーザーの多様化するニーズに合わせた様々なWiFiアナライザーがあります。ベーシックな無料版から、NetSpot WiFiスペクトラムアナライザーのような高度な機能で詳細な分析をするものまで様々です。WiFi分析が何かを理解することで、お使いのネットワークを最大限活用するツールを使いこなせます。

Mac向け、最高のWiFiアナライザーアプリ

Mac向けのWiFiアナライザーを無料版も含めてご紹介します。それぞれの使い方、効果、独自の機能などを評価したうえで紹介しています。アプリの利点や欠点を踏まえた上で、お使いのWiFiをMacから改善できる最適なWiFiアナライザーを探しましょう。

Mac向けのおすすめWiFiアナライザー5選で、全体の概要、メリットとデメリットを確認しましょう:

  1. NetSpot — MacOS対応のWiFiアナライザーアプリは、非常に便利でわかりやすいヒートマップを始め、様々な機能を兼ね備えています。
  2. WiFiスキャナー — SSIDが表示されているアクセスポイントをユーザーの必要に応じて検知するMac用のWiFiアナライザーアプリです。
  3. WiFi Explorer — ネットワークに関わる様々な問題を検知します。チャンネルの重複や干渉、設定の問題など様々な要因を検知します。
  4. KisMAC — MacOS用のオープンソースWiFiアナライザーです。ワイヤレスネットワークのパフォーマンスをマップ化し、簡単にトラブルシューティングを行うことができます。
  5. Mac用iStumbler — ネットワークのディスプレイをBluetooth, Bonjou, AirPortなど種類別に表示するWiFiアナライザーアプリです。
チョイス #1

NetSpot

WiFiアナライザーアプリは、標準の802.11a/b/g/n/ac/axワイヤレスネットワークアダプタ搭載のMacBook(macOS 10.12+)またはその他コンピューター(Windows7/8/10/11)対応。
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
  • 500K
  • ユーザー

Mac OS対応のNetSpot WiFiアナライザーアプリは視覚化と利便性に優れたヒートマップで、どこのアクセスポイントの電波が止まっているかを簡単に見ることができます。NetSpotはあなたに必要なすべてのWiFiのデータを集めてくれます:チャンネル、チャンネル幅、電波レベル(RSSI)、ノイズ、Mac アドレス、電波のクオリティ、最高データレート、WiFiの暗号化など。

  • インスペクターモード

    近隣のWiFiネットワークのスナップショットを手軽に作成できます。

  • 調査モード

    WiFi強度のヒートマップを簡単に作成できます。

  • Planning mode icon

    計画モード

    お使いのWiFiネットワークのレイアウト、カバー範囲のシミュレーションを行ないます。

nsOverviewScreen

NetSpotを使って、ネットワークカバレッジ、パフォーマンス、信号レベル、妨害、アクセスポイント、設定などの問題を見つけ出し、これらを向上することができます。

さらに、NetSpot WiFiアナライザーツールは、WLAN妨害を数値化することで、アクセスポイントがより効率的に使用できるワイヤレスチャンネルを確定することができます。プロフェッショナルで完全なレポートは、ネットワークの全ての情報を提供します。

初心者でも、プロでも、NetSpotの使いやすさで、WiFi分析を簡単にします:

インスペクターモード

  • NetSpotを起動すると、インスペクターモード(旧探知モード)が起動します。近隣のWiFiのスナップショットに最適です。調査モードに切り替えた場合は、ツールバーから簡単に戻すことができます。
  • 近隣のWiFiの詳細を集め、データ化しています。お待ちください。
  • ネットワークのリストを閲覧できます。「最終確認日」では該当のネットワークが最後に確認された時期を表示します。
NetSpot (ディスカバーモード)

調査モード

  • NetSpotを開き、ツールバーを開き調査モードをクリックします。
  • 新規作成をクリックします…調査ボタンをクリックし、分析を行ないたい場所の図面をアップロードします。
  • NetSpotの説明に従ってサイト調査を完了させると、結果をヒートマップで出力し分析ます。
NetSpot (	 調査モード)
優れた点と欠点
  • ユーザーフレンドリーな設定
  • ふたつの操作モード
  • 複数のヒートマップ
  • 無料版あり
  • 有料版も安価
  • 目立った欠点は全く見つかりません!
チョイス #2

WiFiスキャナー

Mac OS 10.7またはそれ以降でご利用いただけます。
  • 4.7
  • 4.7 / 5

AccessAgility LLC社のWifi Scannerは、リストの次のMac用WiFiアナライザーアプリであり、このアプリもSSIDが放送されれば、アクセスポイントやクライアントをアッドホックなモードで検出します。WiFi Scanner Mac WiFiアナライザーツールは、WiFiダウンロードやアップロードスピードの検査を提供することで、問題の発見を可能にします。IPスキャナーを使って、あなたのワイヤレスネットワークを不正にアクセスしているデバイスの検出を可能にします。

WiFiスキャナー
WiFiスキャナー

WiFiスキャナーは ワイヤレスサイトの調査、WiFIの分析、WiFIの探知、WiFiネットワークコネクションに最適です。アクセスポイントのBSSID/Macアドレスを表示して、dBmの電波強度を探知します。

優れた点と欠点

  • Wireshark / PCAPファイルの統合
  • ローカル、リモートWiFiスキャンニングどちらも対応
  • 使い方も簡単
  • WiFiヒートマップが作成できない
チョイス #3

WiFi Explorer

Mac OS 10.10またはそれ以降でご利用いただけます。
  • 4.4
  • 4.4 / 5

WiFi Explorer をwifi分析にお使いください。ネットワークの接続やパフォーマンス、チャンネル問題、オーバーラップや設定問題など、影響を与えている問題を検出します。このアプリはまた、オープン、アッドホックや不正のアクセスポイントの検出も可能にします。

WiFi Explorer
WiFi Explorer

WiFiエクプローラは802.11a/b/g/n/ac/ax、2.4と5GHzチャンネル帯、または20、40、60,160MHzのチャンネルのワイヤレスネットワークを検知します。このWiFiアナライザーツールはネット枠の電波の強さとマトリックス、ネットワークの詳細を常に検知しています。CSVファイルへのエクスポートも可能です。

優れた点と欠点

  • 簡単で使いやすいユーザー設定
  • Setappの購読サービス付き
  • PRO版でより高度な機能が利用可能
  • ヒートマップの作成には対応していません
チョイス #4

KisMAC

Mac OS X 10.7またはそれ以降 。
  • 4
  • 4.0 / 5

WiFiアナライザーツールのリストの次には、 KisMAC があります - これはオープンソースのMac用wifiアナライザーアプリであり、ワイヤレスネットワークをマッピングして、情報を表示することで、問題を簡単にトラブルシュートできるようにします。KisMACを使用することで、クライアントやSSIDが見ることができます(クロークされた、隠された、あるいは閉鎖された)。

KisMAC
KisMAC

KisMacはApple AirPortといくつかのUSBデバイスに対応しているのが最大の魅力です。Kis Macはプロ向きのため、初心者むけのツールではありません。

優れた点と欠点

  • 無料のオープンソース
  • ネットワークのカバー範囲をマップ化
  • GPSマッピング対応
  • アップデートやメンテナンスがされていない
チョイス #5

Mac用iStumbler

Mac OS 10.10またはそれ以降でご利用いただけます。
  • 3.2
  • 3.2 / 5

Mac用iStumbler WiFiアナライザーアプリは、タイプ別でネットワークを表示します、例えば、Bluetooth、BonjourやAirPortなど。インターフェースもフレンドリーであり、オープンネットワークやセキュアなネットワーク、各ネットワークの信号の強度や選択されたネットワークの安定性を見ることが簡単できます。

Mac用iStumbler
Mac用iStumbler

アプリには、AirPortプラグインがあり、dBm数字など、正確な情報を表示させます。

優れた点と欠点

  • Wi-FiとBluetooth端末の検知が可能
  • WiPryアナライザーに対応
  • リーズナブルな価格
  • 最新のMacOSに非対応
  • 機能の充実度の低さ

アプリを選ぶ上で、それぞれの詳細情報を確認しましょう。

すべてのレベルに対応したWiFIアナライザーアプリ

ワイヤレスの電波の話は、どれもあまり簡単には聞こえないですよね。実際に、その通りなのです。多くの複雑な条件や、専門用語もあります。これらの問題を全部プロにお任せできたらいいな。なんて思ったことはありませんか?実際に、プロでしか対応できないものから自宅のネットワーク用に初心者でも十分対応できるものまで、幅は広いです。

NetSpotは、どんなプラットフォームにも、そしてどのレベルのユーザーにも使いやすいソリューションです。まずはお気軽に無料版からお試しができるのも魅力ですね。NetSpot PROやNetSpot エンタープライズは、WiFiの専門家からも高く評価されています。初心者からプロまでの多彩な機能のついたアプリです。ぜひお試しください!

だから、私たちのおすすめです
NetSpot
WiFiアナライザーアプリは、標準の802.11a/b/g/n/ac/axワイヤレスネットワークアダプタ搭載のMacBook(macOS 10.12+)またはその他コンピューター(Windows7/8/10/11)対応。
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
  • #1
  • WiFiアナライザーアプリ

  • 500K
  • ユーザー
  • 10
  • クロスプラットフォーム
  • Mac/Windows

Mac対応の最高のWiFiアナライザー FAQs

WiFiアナライザーとは?

WiFiアナライザーは、近隣のワイヤレスネットワークを検知して、詳細情報を収集します。検知したネットワークの電波強度、使用しているチャンネル、暗号化メソッドなどが調べられます。

最高のWiFiアナライザーアプリはどれ?

WiFiアナライザーアプリおすすめ5選の簡潔な紹介は以下となります:

  • NetSpot — MacOSで使え、見やすく包括的なヒートマップを提供するWiFiアナライザーアプリ。無料版と、リーズナブルな有料版がご利用いただけます。
  • WiFiスキャナー — このMacOSWiFiアナライザーはSSIDが拡散されている時のアドホックモードでアクセスポイントを検知します。詳細なネットワーク分析のためのWiresharkが内蔵されています。
  • WiFi Explorer — お使いのネットワークはチャンネルの重複や混雑、設定の問題など接続、パフォーマンスの問題を探知します。Setapp購読サービスも付帯しています。
  • KisMAC — MacOS用のオープンソースWiFiアナライザー。ワイヤレスネットワークをマッピングし、詳細情報やトラブルシューティングの方法などを紹介します。残念ながらアップデートやメンテナンスはされていません。
  • Mac用iStumbler — AirPortネットワーク、Bluetooth端末、Bonjourサービスも探知できるWiFiアナライザーアプリです。最新版のMac OSには対応していません。

スマホで使える最高のアプリをお探しですか?Android向けおすすめWiFiアナライザーアプリiOS向けおすすめWiFiアナライザーアプリの記事にオススメをリストアップいたしました。

Macの、どのチャンネルが最適かを調べるには?

お使いのMacにとって最適なWiFiチャンネルを探すには、WiFiアナライザーツールを使用して近隣のネットワーク情報を収集し、どのチャンネルが一番混雑が少ないかを特定します。最適なパフォーマンスを発揮するには、一般的には重複していないチャンネル(1、6、11)を使用します。

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.12+)または全ての標準802.11a/b/g/n/ac/axワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10/11)でご利用いただけます。