iPhone向けの最高のWiFiアナライザーとは

iPhone用WiFiアナライザーで、ネットワークの強度とパフォーマンスについての洞察を得ましょう。

トップチョイス
  • iPhone用のNetSpot
  • #1 NetSpot For iPhone
  • 最高のWiFIアナライザーアプリ

  • 最高のWiFIアナライザーアプリ

WiFiアナライザーと聞くと、ハッカーがWiFiのネットワークを盗み取るような作業をこっそりと行なっているようなイメージをもたれがちですが、実際のところ、WiFiアナライザーはみんなの必須アイテムとも言えるほど便利なアプリなのです。

iPhone向けのWiFiアナライザーとは?

あまり知られていませんが、iPhoneに備え付けのWiFiアナライザーがあるのはご存知ですか。また、それは確実にみなさん一度は使ったことがあるのですが、何のことだかお気づきでしょうか?ホームスクリーンから設定を開き、WiFiオプションに移動した時に”ネットワークを選択する”という項目があります。

利用できるWiFiネットワークの名前、セキュリティ設定、電波強度などの基本情報が表示され、ネットワークの接続のための指標が表示されます。しかし、電波強度の漏洩や、ノイズの原因、カバーマップや効果的なアクセスポイントなどの情報は記載されていません。

iOS WiFiチャンネルアナライザーのような専用のアプリはこれらの状況で必要となります。世の中にはたくさんのWiFiアナライザーiOS アプリがあり、使いやすさや機能も多岐に渡りますが、全てのアナライザーはWiFiネットワークに必要な情報をユーザーに提供する役割を果たします。

WiFiアナライザーの使い方とは?

WiFiアナライザーのiOSアプリは、2つの異なるが補完的な目的で使用できます:ネットワークの速度を決定し、ネットワークのカバレッジを評価するためです。

iOS用の最高のWiFiアナライザーアプリでネットワークの速度をテストすることは、ボタンをタップするほど簡単です。アプリは、ダウンロードとアップロードの速度、およびレイテンシー(ピングとも呼ばれます)を測定し、すべてを理解しやすい方法で表示します。この情報を装備して、インターネットサービスプロバイダーとルーターから受け取るべき速度を得ているかどうかを判断できます。

主要なiPhone WiFiアナライザーは、ネットワークのカバレッジを測定することにより、信号の弱い領域、いわゆるデッドスポットもすべて明らかにすることができます。これは通常、スキャンしたいエリアの異なる部分で複数の測定を行い、次にWiFiアナライザーiOSアプリが収集したデータを詳細なヒートマップに変換させることによって行われます。

役立ちそうですか?この記事の次の章では、今すぐダウンロードできるiPhone用の最高の10のWiFiアナライザーアプリをリストアップしています。

ラップトップで使用する最高のアプリをお探しですか?Mac用の最高のWiFiアナライザーアプリWindows用の最高のWiFiアナライザーアプリのリストをまとめました。

iPhone向けのWiFiアナライザーアプリトップ10

App Storeでダウンロードが可能なiPhoneなWiFiアナライザーアプリには、様々な機能が利用できるものがあり、その中でもおすすめのものご紹介します。iOSで簡単に使用でき、正確な計測結果を表示しつつ、便利な機能を搭載しご自宅や企業でのWiFiのパフォーマンスを向上することのできるiOS対応WiFiアナライザーをご紹介します。

  1. iPhone用のNetSpot — は、Apple App Store内で入手できる最もお勧めのアプリです。
  2. Ubiquiti WiFiMan — は使いやすく、ネットワークをスムーズに動かすための便利な機能がたくさんあるアプリです。
  3. iNetTools Pro — は、上級ユーザー向けの必須ネットワーク診断ツールの包括的なコレクションです。
  4. TechnetのNetwork Analyzer — はWiFiに関する全体的な詳細情報の収集や、問題の分析にお役立ちなアプリです。
  5. Fing — は、プラグアンドプレイのネットワークセキュリティおよび親子コントロールデバイスであるFingboxと一緒に使用するために設計されています。
  6. Opensignalインターネットスピードテスト — iPhoneおよびiPod touchのWiFiアナライザーで、WiFiおよびモバイル接続の速度をテストできます。
  7. Scany — はスイスナイフのようなネットワークスキャナーと言われるように。
  8. Speedtest by Ookla — 実際の条件下でインターネット接続がどれほど速いかを教えてくれる、能力のあるインターネット速度テストアプリです。
  9. Wi-Fi SweetSpots — の魅力はインターネットスピードテストだけではありません。
  10. マスターアップソリューションのWiFiアナライザー — ご自宅のネットワークのパフォーマンスから設定の詳細までを詳細に分析してくれる高性能なスキャナーです。
チョイス #1

iPhone用のNetSpot

iPhone および iPad で利用可能です。iOS 15.0 以降が必要です。

  • 4.8
  • 145 ユーザーレビュー

iPhone用NetSpotは、WiFiヒートマッパーとスピードテストツールを一つに統合した、WiFi分析と最適化のための包括的なツールセットを提供するため、iPhone用の最高のWiFi分析アプリです。

iOSOverviewImage

独特のヒートマップビジュアライゼーションは、強いまたは弱いWiFi信号のエリアを直感的かつ視覚的に特定する手段を提供します。この機能は、小さなアパートから大きなオフィススペースまで、さまざまな環境でのネットワークカバレッジとパフォーマンスを最適化するのに特に有益です。

一方、アプリのWiFiスピードテスト機能は、無線ネットワークのパフォーマンスを定期的に監視し追跡するための貴重なツールです。最寄りのサーバーに自動的に接続し、ダウンロード速度を継続的にテストするので、位置を変更してWiFiパフォーマンスへの変更がどのように影響するかを確認できます。

NetSpot

以前は、NetSpotを使用するには追加のハードウェアデバイス、WiPry 2500xが必要でしたが、それはもはや必要ありません。最新バージョンはそれなしで動作し、これまで以上にアクセスしやすくユーザーフレンドリーになりました。

優れた点と欠点
  • WiFiヒートマッパーとスピードテスト機能を統合
  • 詳細な色分けされたヒートマップ
  • 柔軟な調査管理
  • 追加のハードウェアは必要ありません
  • iOSの制限のため、現在のWiFiのみを分析可能
チョイス #2

Ubiquiti WiFiman

iOS 15.0 以降が必要です。

  • 4.7
  • 4.7/5

Ubiquitiによって開発されたWiFiManは、iPad、iPhone、iPod touch、およびApple Siliconを搭載したMacs用のWiFi分析ツールです。アプリはUbiquitiによって開発されましたが、企業および住宅用の無線データ通信および有線製品の製造業者ですが、使用するためにUbiquitiルーターを持っている必要はありません。

iOS用WiFiMan WiFi分析ツールは、3つの主要なタブに分かれています。最初のタブはインターネット速度をテストするために、2番目のタブではWiFiネットワークに関する詳細情報を見つけることができ、3番目のタブではネットワークに接続されたデバイスを発見し、それらについての有用な情報を学ぶことができます。

Ubiquiti WiFiman

残念ながら、このアプリの信号強度分析部分はUbiquiti UniFi製品のユーザーのみが利用可能です。それに該当しない場合は、iOS用の最高のブランドに依存しないWiFi分析アプリであるNetSpotを選ぶべきです。

優れた点と欠点
  • ネットワークのパフォーマンスの徹底的な概観
  • Ubiquiti製品とシームレスに統合
  • モダンでクリーンなユーザーインターフェース
  • 完全に無料
  • 信号強度マッピングはUbiquitiユーザーのみ利用可能
チョイス #3

iNetTools Pro

iOS 15.0 以降が必要です。

  • 4.7
  • 4.7/5

iNetTools Proは、ピング、トレースルート、DNSルックアップ、ポートスキャン、whoisなどを含むネットワーク診断ツールでいっぱいの便利なツールボックスです。含まれるツールの性質から、iNetTools Proはより経験豊富なユーザーや専門家向けであり、その価格$5.99にも反映されています。

iNetTools Pro

iPhone用のWiFi分析ツールとして使用する場合、iNetTools Proは、どのポートがオープンでオンラインの脅威にさらされている可能性があるか、データパケットがルーターからリモートサーバーへの旅を完了するのにどれくらい時間がかかるかなどを教えてくれます。

優れた点と欠点
  • 多くのネットワーク診断ツールを含む
  • IPv4およびIPv6サポート
  • 頻繁に使用されるサーバーへのクイックアクセス
  • 無制限の技術サポートをメール経由で提供
  • 上級ユーザー向け
チョイス #4

TechnetのNetwork Analyzer

iOS 16.0 以降が必要です。

  • 4.6
  • 4.6/5

TechnetのNetwork AnalyzerはWiFiに関する全体的な詳細情報の収集や、問題の分析にお役立ちなアプリです。IPv4とIPv6にどちらにも対応しており、WiFi/LANケーブル/ポートスキャナー、ピン、トレースルート、whois、DNSなど様々な便利な機能がご利用いただけます。

TechnetのNetwork Analyzer

このアプリケーションはNetSpotやUbiquiti WiFiManとは少し異なる目的で、主にリモートサーバー上の問題を検出し、すべてのLANデバイスのアドレスと名前を明らかにし、DNSルックアップを実行することに焦点を当てています。このようなことから、これらの他のツールを補完し、ネットワークのインフラストラクチャにより深く目を向けることができます。

優れた点と欠点
  • 幅広いネットワーク診断ツール
  • リモートサーバー上の問題を検出可能
  • 定期的に更新
  • IPv6の完全サポート
  • より高度なネットワークトラブルシューティングを意図
チョイス #5

Fing

iOS 12.1 以降が必要です。

  • 4.6
  • 4.6/5

FingはApp Storeで最も人気のあるWiFiアナライザーの一つです。Fingboxと一緒に使用すると最も輝きます。Fingboxは、自宅のネットワークをよりコントロール下に置くために設計されたプラグアンドプレイデバイスです。これを使って、Fingは侵入者や未知のデバイスをブロックし、親のコントロール機能を設定し、帯域幅の使用状況を分析し、家族が帰宅したときにアラートを受け取ることができます。

Fing

Fingboxがなくても、このiOS WiFiアナライザーはまだ十分に有能で、あなたの地域の無線活動を理解するのに役立つ多くの有用な情報を提供することができます。例えば、近くのネットワークに接続されているデバイスを発見したり、インターネット速度テストを実行したり、ネットワークセキュリティとデバイスのアラートを受け取ったりすることができます。Fingはアプリ内購入がありますが無料なので、試してみることに何の障害もありません。

優れた点と欠点
  • 接続されたすべてのデバイスを発見
  • ネットワークセキュリティの問題に対するアラートを提供
  • WiFiおよびセルラーインターネット速度テスト
  • Fingboxで機能が強化
  • Fingboxに完全な機能性を依存
チョイス #6

Opensignalインターネットスピードテスト

iOS 13.0 以降が必要です。

  • 4.5
  • 4.5/5

Opensignalインターネットスピードテストは、iPhoneおよびiPod touch用の完全無料のWiFiアナライザーアプリで、3G、4G/LTE、または5G接続の速度をテストすることもできます。このアナライザーアプリでのテストはわずか20秒(ダウンロードテストに10秒、アップロードテストに10秒)かかり、テスト結果は自動的に保存されるので、ダウンロード、アップロード、および遅延の平均速度を含む有用なネットワーク統計に変換することができます。

OpenSignal Internet Speed test

Opensignalインターネットスピードテストは、ユーザーからのデータを集約し、信号強度を通りのレベルまで示すカバレッジマップに変換します。これらのカバレッジマップを使用して、国を横断する旅行中にモバイルインターネットがどれだけ速くなるかを事前に判断し、事前にデバイスにいくつかの映画をダウンロードする必要があるかどうかを知ることができます。

優れた点と欠点
  • 3G、4G/LTE、5G、およびWiFi接続の詳細な速度テスト
  • テスト結果を自動的に保存
  • 通りレベルのカバレッジマップ
  • 完全に無料で使用でき、広告はありません
  • 速度テストに集中
チョイス #7

Scany

iOS 13.4 以降が必要です。

  • 4.4
  • 4.4/5

Scanyはスイスナイフのようなネットワークスキャナーと言われるように、黒と緑の色使いがまるで映画のマトリックスのような雰囲気を醸し出しています。初心者からビジネス向けまで幅広く使用できるデザインとなっており、ピン、トレース、WHOIS、DNSのような幅広い機能がご利用いただけます。デスクトップのコンピューターから操作するのと変わらないほどの質の高い機能性となっています。

Scany

Scanyには高度な機能が満載ですが、より専門的な聴衆を対象としていることに注意することが重要です。その広範なツールセットは、ITプロフェッショナル、ネットワーク管理者、または技術愛好家など、特定のネットワーク分析ニーズを持つ人々に特に有益です。しかし、WiFiパフォーマンスを単に向上させたいと考えている家庭ユーザーにとっては、Scanyは必要以上の機能を提供するかもしれません。

優れた点と欠点
  • 多機能なネットワーク分析ツールセット
  • リアルタイムのネットワークパストレースルート監視
  • 高速ポートスキャナーを含む
  • データのエクスポートおよびインポートのオプション
  • ハッカーのようなインターフェイスが一部のユーザーには不快かもしれない
  • 一般の家庭ユーザーには適していない
チョイス #8

Speedtest by Ookla

iOS 13.0 以降が必要です。

  • 4.3
  • 4.3/5

Speedtest by Ooklaは、インターネット速度テストに関しては、iPhone用の最高のWiFiアナライザーアプリとして広く認識されています。12,000以上のテストサーバーのグローバルネットワークのおかげで、このアプリはあなたのインターネット接続の真のパフォーマンスを反映する、非常に正確で位置に関連する結果を提供します。

Speedtest by Ookla

iPhone用の他の多くの類似のWiFiアナライザーとは異なり、Speedtest by Ooklaには、あなたのネットワークの現在のストリーミング品質のリアルタイム評価を実行できる専用のビデオテスト機能が含まれています。アプリは広告によってサポートされていますが、わずか$0.99の一回払いでそれらを削除することができます。OoklaのVPNサービスに$4.99でサブスクライブするオプションもありますが、私たちはそれをテストしていません。

優れた点と欠点
  • 12,000を超えるサーバーネットワーク
  • シンプルなワンタッププロセス
  • 統合VPNサービス付き
  • 広告によってサポートされる
  • インターネット速度テストに焦点を当てる
チョイス #9

Wi-Fi SweetSpots

iOS 9.0 以降が必要です。

  • 4.1
  • 4.1/5

Wi-Fi SweetSpotsの魅力はインターネットスピードテストだけではありません。WiFiの接続スピードが時間によってどのように変動するのかや、どこにルーターを置くのが最適かなどの調査を行うことが可能です。また、インターネットサービスプロバイダの契約に見合ったスピードがきちんと発揮されているかなどを調べることが出来ます。

Wi-Fi SweetSpots

Wi-Fi SweetSpotをでのWiFiスピードの計測方法はタップするだけと非常にシンプルです。アプリが自動で WiFi電波の速いところや遅い場所やデータベースを検知してくれます。 残念ながら、このWiFi分析アプリは無線ネットワークのカバレッジ情報を収集することができないため、WiFiの問題の真の原因を特定するのが難しいかもしれません。

優れた点と欠点
  • 直感的な速度監視ツール
  • シンプルで使いやすいデザイン
  • App Storeで高評価
  • 速度監視のみ
  • しばらく更新されていない
チョイス #10

もしも誰かがご自身のネットワークを勝手に使っているかもしれないと言う時、マスターアップソリューションのWiFiアナライザーがその疑問にバッチリ答えてくれます。ご自宅のネットワークのパフォーマンスから設定の詳細までを詳細に分析してくれる高性能なスキャナーです。

マスターアップソリューションのWiFiアナライザー

お近くのWiFiネットワークについての情報が必要な場合は、ピンやWhoisのようなツールを使用すると入手が可能です。アプリに含まれるすべてのツールは、一回の支払いで利用可能です。しかし、購入ボタンを押す前に、WiFi Analyzerが2018年以来更新されていないことを考慮すべきです。それは非常に長い時間ですので、次のiOSアップデートでアプリが動作しなくなる可能性があります。

優れた点と欠点
  • WiFi分析機能の堅牢なセット
  • たった一回のタップでインターネット速度を測定
  • 非常に長い間、更新されていない
  • 古いユーザーインターフェイス

NetSpotを使ってWiFiのカバー率を分析する方法

NetSpotをiOS用の最高のWiFiアナライザアプリとして選んだ理由の一つは、その卓越した使いやすさでした。NetSpotでWiFiカバレッジを分析するために特別なスキルや知識は必要ありません — 必要なのはiPhoneだけです。

ステップ1

iOSでNetSpotをダウンロードして起動する

iPhone 用 WiFi アプリ NetSpot の使用を開始するには、App Store からアプリをダウンロードしてインストールします。無料で利用でき、複数の言語をサポートしています。アプリがインストールされたら、起動して最初の WiFi 分析を開始します。

launch NetSpot for iOS
ステップ2

新しいプロジェクトを作成する


新しいプロジェクトを作成する NetSpotを開いて新しいプロジェクトを開始します。iPhone用WiFiアプリは、写真ライブラリから既存の地図を使用するか、物理的な地図の写真を撮る柔軟性を提供します。この地図はWiFi分析の基盤として機能します。

Createa New Project (iOS)
ステップ3

地図を校正する


地図を校正する 正確な地図校正は、正確な測定に不可欠です。2つの既知の点間の距離をマークすることで地図を校正します。距離がより正確であればあるほど、WiFiカバレッジの分析がより信頼できるものになります。

Map calibration ios
ステップ4

WiFiデータを収集する


WiFiデータを収集する 地図上の様々な点にiPhoneを置いてWiFiデータを収集し始めます。理想的には、角から始めて領域を均等に移動し、調査された領域の包括的なカバレッジを達成するまで続けます。アプリによってデータポイントがキャプチャされると、青い円が表示され、音が聞こえます。

Collect WiFi Data
ステップ5

結果を分析する


結果を分析する 十分な数のデータポイントを収集した後、結果を分析する時が来ます。結果は、簡単に理解できるWiFiヒートマップの形で提示されます。信号が弱い領域や顕著なチャネルの重複を示す領域を探します。これらの発見に基づいて、WiFiカバレッジを改善するためにルーターの設定や配置を調整することを検討するかもしれません。

WiFi heatmap iOS

デスクトップ上のNetSpot:WiFiネットワークの詳細な分析を実行する

NetSpot for iOSおよび他の最高のiOS用WiFiアナライザアプリは便利で役立ちますが、デスクトップ版ほど包括的ではありません。WindowsおよびmacOS用に利用可能なNetSpotのデスクトップ版では、自身のWiFiネットワークおよび周辺の他のネットワークについて非常に有用な情報を学ぶことができます。

デスクトップ上のNetSpot

特に、収集した情報を直感的かつ色分けされた方法で地図にオーバーレイする詳細なヒートマップを作成できます。これにより、信号の弱い領域、信号干渉の源、およびその他の問題を簡単に特定できます。

NetSpot — WiFi ヒートマップ

結論

WiFi分析をためらう必要はもうありません。適切なWiFiアナライザーを使用すれば、iPhoneから誰でもWiFiネットワークについての情報を得て、パフォーマンスを改善を行うことができます。NetSpot は、使いやすさと有能な機能を兼ね備えており、専門家と家庭ユーザーの両方の要件を満たしているため、iOS 用のお気に入りの WiFi アナライザーです。

iPhoneで最高のWiFiアナライザー — FAQ

iPhoneで最高のWiFiアナライザーは何ですか?

iPhoneで最高のWiFiアナライザーはNetSpotです。Apple App Storeで高く評価されており、強い信号と弱い信号のエリアを識別する直感的なヒートマップのビジュアライゼーションを提供します。さらに、NetSpotにはWiFi速度テスト機能が含まれており、ユーザーが無線ネットワークのパフォーマンスを監視し、追跡することを可能にします。このアプリには追加のハードウェアは必要ありません。

iPhone で Wi-Fi の信号強度を確認するにはどうすればいいですか?

iPhone の WiFi 信号強度を確認するには、画面上部のステータス バーにある WiFi インジケーター アイコンを確認するだけです。バーが多いほど信号が強いことを示します。また、より詳細な分析を行うには、App Store から NetSpot などのサードパーティ アプリをダウンロードすることもできます。

iPhoneをWiFiスキャナーとしてどのように使用しますか?

iPhoneをNetSpotを使ってWiFiスキャナーとして使用するには:

  1. App StoreからiPhone用のNetSpot wifiアプリをインストールします。
  2. NetSpotを起動し、写真ライブラリーからの地図または物理的な地図の写真を使用して新しいプロジェクトを開始します。
  3. 正確な測定のために地図を校正します。
  4. 地図上の様々な点でiPhoneを配置してWiFiデータを収集します。
  5. アプリのヒートマップビジュアライゼーションを通じて結果を分析し、強いまたは弱いWiFi信号のエリアを特定します。

NetSpotをWiFiスキャナーとして使用することは簡単であり、得られた結果の精度はプロフェッショナルにも十分なものであるため、iOS用の最高のWiFiアナライザーアプリと言えます。

iPhoneでWiFi診断を実行するにはどうすればいいですか?

iPhoneでWiFi診断を実行するには、次の手順を実行します:

  1. 設定アプリを起動します。
  2. WiFiセクションに移動します。
  3. 診断したい無線ネットワークの隣にある小さな「i」ボタンをタップします。

iPhoneでは、ネットワークのBSSID、チャネル、信号強度、セキュリティ設定などを教えてくれます。利用可能なWiFiネットワークについてさらに詳しい情報が必要な場合は、この記事で説明されているようなサードパーティのiPhone用WiFiアナライザーをダウンロードすることができます。

iPhoneをWiFiリピーターとして使用することはできますか?

はい、PDAnetというテザリングソフトウェアを使用してデバイスがジェイルブレイクされている場合に限り、iPhoneをWiFiリピーターとして使用することができます。この便利なアプリを使えば、iPhoneを真のWiFiホットスポットに変えて、コンピューターやiPadとモバイルインターネットアクセスを共有することができます。

iPhoneでWiFiチャンネルをスキャンするにはどうすればいいですか?

iPhoneでWiFiチャンネルをスキャンするには、AppleのAirPortユーティリティを使用します:

  1. App StoreからAirPortユーティリティをダウンロードします。
  2. 設定アプリを開き、AirPortユーティリティまでスクロールして、WiFiスキャナーを有効にします。
  3. AirPortユーティリティアプリを開き、WiFiスキャンをタップしてから、スキャンをタップします。
  4. アプリが近くのネットワークに関する情報を収集するのを待ちます。
  5. スキャンを終了して結果を分析するために、停止をタップします。
質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く


iOS版NetSpot

WiFiネットワークを調査し、リアルタイムデータを取得してその場で分析します。
iOS 15.0以上が必要です