• #1 NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

あなたのWiFiをブーストするためのトップ15の方法

素早くWiFiネットワークのパフォーマンスや強度を大幅改善する15の方法を学ぶ。
トップチョイス
  • NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
この記事で は、WiFiネットワークのパフォーマンスを向上させるために、WiFi信号を 強化する方法を10つの方法で説明し ます。

お使いのWiFiの電波が悪いのはなぜでしょうか?WiFiのパフォーマンスを左右する7つの要素をご紹介します

WiFiは気まぐれなもので、強度のある完璧なWiFiを楽しめているかと思えば、数歩あるいただけで電波のバーが1つに落ちてしまうこともあります。

動画にて、ご自宅のWiFiを爆速にする方法をご紹介しています。テクニックや裏技、さらにNetSpotを使った近隣ネットワークの調査や情報収拾方法もご紹介します。
screenIndex

WiFiの信頼性が低いように感じられる原因は、外的な環境がパフォーマンスに悪影響をきたしている多くの要因のせいと言えます。

  1. 物理的な距離:技術的な理由や安全性の影響により、WiFiルーターの電波強度は電波塔のように強くはありません。低価格のルーターであれば狭い範囲のアパートでも1台だけではWiFi電波の不便が生じる場合もあります。NetSpotのようなWiFiアナライザーアプリを使用し、WiFiルーターの調査を行ないましょう。
  2. 障害物:WiFi電波は、障害物や遮断物によってその電波を完全に機能不全にさせてしまう場合があります。壁、ダクト、家具、家電、人も障害物になり得ます。特に、5GHzのWiFiネットワークのような周波数の高い電波は低周波のものより障害物に弱く、硬いものの通過が苦手です。
  3. インターフェース: WiFiの電波は、ラジオ、携帯、電子レンジ、トランシーバー、ベビーモニターなど、様々な電子機器とラジオ周波数と同じ電磁波の周波帯となります。それらの電波がWiFiの電波を妨害する可能性があります。もちろん、WiFiのネットワークが他のWiFiネットワーク電波を阻害することもあり、集合住宅など混み合った場所では顕著になります。
  4. WiFiルーターのキャパシティ:低スペックのパソコンが高度な3Dの処理ができないのと同様、ルーターも品質によって強度が違います。低価格のモデルのWiFiルーターでは、大人数のオフィスで、ファックスやWiFiを使用するプリンター、防犯カメラなどたくさんの端末に囲まれた状況で電波の強度を保つことはできません。
  5. 周波帯の混雑:WiFi電波強度の問題は、電波の強度だけではなく、周波帯の混雑の影響の場合があります。ビデオ通話や複数の端末を使ったストリーミングでは強いWiFi電波でも困難が生じることがあります。最高のパフォーマンスを発揮するためにも、周波帯の混雑を避けて空いているチャンネルの選択をおすすめします。
  6. お使いのインターネットサービスプロバイダ:実はインターネットサービスプロバイダが原因だったと気付かずに、WiFiのパフォーマンスがなぜ悪いのかわからないまま1日が丸ごと無駄になってしまうときもあります。確かめる方法としては、ケーブルにつないだ状態でスピードテストを行ないます。測定されたダウンロードスピードとアップロードスピードがプロバイダの宣伝するスピードが違う場合は、すぐに窓口に相談しましょう。
  7. パフォーマンスを改善させる機能:近年のルーターのサポートには、サービスの品質、複数のユーザーのMIMO(MU-MIMO)、ビーム形成など、非常に優れた機能が備わっています。ただし、それらの起動がされていなかったり、ルーターが古かったりすると、せっかくの機能が正常に使われていない場合があります。

WiFiのパフォーマンスに影響をきたす5つの要素がおわかりいただけたら、それらの改善方法についてご紹介します。

1。あなたのルータに適した場所を選択する

ルーターの設置場所はどこでもいいというわけではありません。ルーターを金属の近くに置いたり、電磁波を発する他の家電製品の近くに置くのは不適切と言えるでしょう。金属はWiFi電波の最大の障害でもあり、ルーターの近くに金属があるだけで、電波に大幅な死角ができてしまうことも稀ではありません。

ガラス、木材、プラスチック、発泡スチロールや段ボールもWiFiの電波の障害となりますが、これらはカバー範囲よりも電波の強度に影響を及ぼします。多くの建物は金属のスタッドを使用し建築材を止めているため、それらの近くにルーターを置くこともあまりお勧めはできません。最近ではスタッドが家のどこにあるかを検知するアプリなどもあるので、試してみることをお勧めします。

厳密に言えば、全ての家電製品から微弱な電磁波は必ず発されています。蛍光灯やブレーカー、電気シェーバーなども電磁波を発しています。中でも最も電磁波が高い家電製品は、電気コンロ、電子レンジ、オーブンや食器洗濯機など、キッチンにある家電製品に非常に多く見られます。

他にも、洗濯機、ドライヤー、テレビ、コードレスの電話、ハロゲンヒーターなどは非常に強い電磁波を発します。これらがご自宅にある場合、WiFiのルーターはなるべくそれらから離れた場所に設置することをお勧めします。

あなたのルータに適した場所を選択する

理想的には、電線から安全な距離を保つことも必要です。WiFi信号が 均一なエリアをカバーするに は、WiFi ルーターをほぼ中央に 配置する必要があります 。ルータを床面より上に持ち上げることで、無線信号を少し上げることができます。

WiFiの電波は四方八方どこにでも飛んでゆきます。水平に飛ぶだけではありません。ルーターを床に置くと、発信する電波の一部が万全に届いていない状況となります。また、複数階の建物で、1階の天井にルーターを設置すると2階お利用いただけるため、このような設置方法もよく見受けられます。

2。あなたのルーターを更新したままにする

あなたがこのニュースに従えば、企業や個人に毎年何十億ものコストがかかる大規模なマルウェア攻撃が増えていると聞きました。すべてのルータが更新されていれば、これらの攻撃の多くは可能ではありません。マルウェアがルータに感染すると、帯域幅を奪い、ネットワークを介して他のデバイスに広がります。

しかし、危険なマルウェアがなくても、古いファームウェアを搭載したルーターは、適切に更新されたルーターよりも悪くなります。

あなたのルーターを更新したままにする

ルーターが最新のファームウェアを使用しているかをチェックする方法

  1. 携帯端末またはコンピューターからウェブブラウザを開き、ルーターのネットワークに接続します。
  2. IPアドレスをウェブブラウザに入力します。
    • お使いのIPアドレスがわからない場合は、ルーターのステッカーに記載されているのでルーターをお手元にご用意ください。
  3. ユーザー名とパスワードを入力しログインします。
    • アドミンパスワードが不確かな場合は、デフォルトパスワードがルーターのステッカーに記載されているのでルーターをお手元にご用意ください。
  4. ファームウェアアップデートまたはルーターアップデートを選択します。
    • ルーターの種類により名称が異なるため、お使いのルーターがどの名称を使っているかをご確認ください。
  5. アップデートを実行したら、完了するまでの間しばらくお待ちください。
    • アップデートにはある程度の時間を要します。もしもルーターが固まったように見えても、数分間置いてから状況をご確認ください。アップデートは途中で中断しないでください。万が一接続やアップデートが中断された場合のみ、一度電源を切り再起動を行います。

3。より強いアンテナを入手する

ほとんどのWiFi ルーターには、小さくて弱いアンテナが付いています。メーカーが可能な限りすべての費用を節約したいというわけではありませんが、強力な WiFi アンテナは驚くほど大きくなる傾向があります。おそらく数インチの高さで約4dBの利得を持つルーターに付属のアンテナと比較すると、10dBのアンテナは10〜15インチのどこにでも設置できます。

しかし、サイズを気にしなければ、新しい強力な WiFiアンテナは 、新しいルーターを購入することなく自宅やオフィスで WiFi を どのように高めることができるかという素晴らしい方法です 。

WiFiのアンテナは数種類の異なるタイプがありますが、最も一般的なのが「Rubber duck」アンテナで、短くバネ状のらせん型が特徴です。アンテナの保護のため、ゴムやプラスチックでコーティングされている場合がい一般的です。

それらのアンテナは全てRP-SMAという同じコネクタを使用しています。Amazonやオンラインショップで多くのモデルがご購入いただけます。また、中にはアンテナに延長コードのようなものがついており、ルーターとアンテナの設置場所をそれぞれ適切な場所に設置できるような便利なモデルも販売されています。

より強いアンテナを入手する

WiFi電波の改善のためには、現在お使いのアンテナよりも高度な受信ができるアンテナを探す必要があります。アンテナシステムはdBiで表される電磁波の数値またはデシベルから判断が可能です。ホームルーターに付属されている小さなアンテナの平均受信地は4-5dBiなので、9dBi対応のアンテナを購入すれば大幅な電波の改善が期待されます。

4。WiFiリーチを カット

WiFiの電波がパスワードで保護されていること、エンクリプションが起動していることは現在ではWiFiの必須条件と言っても過言ではありません。WiFiにパスワードをかけなくても誰も使用しないと油断していると、電波の盗難や不正なアクセスなどが起こりうる可能性があります。

お使いのWiFiは必ずパスワードを設定し、エンクリプションをかけましょう。パスワードは以下の条件を満たし簡単に推測できないものを使用します。

  • 大文字、小文字、数字、記号がかけ合わさっていること。
  • 123456やqwertyなどの一般的に誰もが使用しがちなパスワードは避けること。一般的なパスワードの例として こちらのリンクをご参照ください。
  • パスワードは最低でも8文字以上で設定します。短いパスワードは憶測が容易となってしまいます。
  • 名前やペットの名前、電話番号などの個人情報を使用しないこと。
  • 独自のパスワードを使用し、設定したパスワードを紙に書いたり目につくところに置かないこと。パスワード管理のアプリも多くご利用いただけます。
WiFiリーチを カット

来客などが多い場合は、WiFiの設定にアクセス権を与えることなく電波を使用することのできるゲストネットワークを設定すること。ゲストネットワークのパスワードもなるべく頻繁に変更しましょう。

5。WiFiリピータ/ブースター/エクステンダーを 購入する

WiFiブースター、WiFiリピーター、WiFiエクステンダーなど様々な名称がありますが、これらは全て同じものを指します。

WiFiリピーターはWiFiルーターから発する電波を新しい電波として複製、再拡散します。この新しいネットワークはメインネットワークの複製なので、メインの電波の状況がすべて反映されます。

WiFiブースターとエクステンダーは非常に近い機能を持った装置です。新しいネットワークとして再拡散するのではなく、既存の電波を増強させる役割があります。WiFiブースターは一般的にWiFiリピーターよりもカバー範囲が広く、元の電波の強度が不十分な時の使用が推奨されます。

WiFiリピータ/ブースター/エクステンダーを 購入する

高性能のリピーターやブースターでも、基本的には100ドル以下でご購入いただけ、WPSボタンを押すだけと誰でも数分で設置ができる簡単な装置となります。

WiFiリピーターやブースターの効果を最大限に発揮するためにも、WiFiブースターアプリでWiFiのカバー範囲を分析し、どのように電波を拡張するかを調べることもまた非常に重要となります。

6。別の WiFiチャンネルに 切り替える

ハイウェイのラインと同様に、WiFi ルーターがブロードキャストできる 複数のWiFiチャンネルがあり ます。ほとんどの国で6つの重複しないチャネル(1,6,11,14)が使用されていますが、多くのユーザーはデフォルトのチャネル(通常はチャネル1またはチャネル6)にルータを設定しています。

これ は、同じ回線上でドライブしようとするパケットの数が多すぎるため 、 WiFi 渋滞に つながり ます。解決策は簡単です:どのチャネルが最も占有されているのかを調べ、それに切り替えます。これは、 NetSpot(プロフェッショナルで使いやすいWiFi分析と監視ツール) の助けを借りて行うことができ ます。

別の WiFiチャンネルに 切り替える

新しいチャンネルを選んだら、WiFiルーターにそのチャンネルを使用するよう設定をします:

  1. ルーターのアドミンパネルにログインします。
  2. 設定より、ワイヤレス設定に移動します。
  3. チャンネルの設定項目がワイヤレス設定の中にあるはずです。初期設定ではチャンネルは自動設定になっていることも多くあります。
  4. お好みのチャンネルに変更します。
  5. 新しい設定を保存し、ルーターを再起動します。

NetSpotのようなWiFiアナライザーアプリを使用すれば、お使いのルーターがどのチャンネルを使用していて、どれに変更するべきかが簡単に調べることが可能です。

NetSpotで最適なWiFiチャンネルを探す

NetSpotを使って、もっとも混雑の少ないWiFiチャンネルを見つけましょう。

7。帯域幅不足のアプリケーションとクライアントを制御する

ダウンロードとアップロードの速度を同じWi-Fi ネットワーク 上の他のすべての人にとってもらうためには、帯域幅を必要とするアプリケーションやクライアントが1つだけ必要 です。幸運なことに、現代のルータは、 QoS (サービス品質)の ようなサービスをサポートしています 。

これにより、ユーザーは特定のアプリケーションに優先順位を付けることができます。QoS が 、オンラインゲームセッションは、これまで人YouTubeで1440Pのビデオを見たり、インターネットから巨大なLinuxディストリビューションをダウンロードすることにより、再び中断されることはありません。

ルーターのQoS設定を変更する:

  1. ルーターのアドミンパネルにログインします。
  2. 設定に移動し、ワイヤレス設定のタブに移動します。
  3. QoSを設定します。
  4. QoSルールを設定します。
  5. 新しい設定を保存し、ルーターを再起動します。
帯域幅不足のアプリケーションとクライアントを制御する

ルーターの中にはQoSの設定が非常に簡単なものもありますが、中には非常に難しいこともあるので、設定方法に自身のない場合はメーカーのお客様相談口に質問するのが最も的確と言えます。

8。最新の WiFiテクノロジを 使用する

最新のワイヤレステクノロジであるIEEE 802.11acは、 IEEE 802.11b、gなどの 古いWiFi テクノロジ と比較して、優れたダウンロード速度とアップロード速度、および改善された範囲を提供します 。最新の WiFi技術を 利用して 自宅のWiFiを強化するには、ご自宅のルータ とスマートフォンやラップトップなどのWi-Fi対応デバイスがサポートしています。

最新の WiFiテクノロジを 使用する

IEEE802.11acに対応した新しいWiFiルーターをお選びになる場合、一番安いモデルを選ぶのはあまりお勧めしません。予算のご都合に合わせた購入が適切ですが、それでもやはりカバー範囲の広いものや、MU-MIMO、手厚いサービスサポート、ゲストネットワーク対応、ギガビットイーサネットポート、アンテナの交換が可能などの最新の機能に対応しているルーターを選ぶと使用の快適さが大幅に違います。

いいルーターは、一般的にはWiFiのテクノロジーに大きな変遷が起こる約5年間スパンでは良好な状態で使用できます。記事の最後の方に大手メーカーのおすすめWiFiルーターを予算別で5つ紹介します。

9。5 GHzに切り替える

5GHz無線周波数は、より短い距離でより速いデータレートを提供し、通常、2.4GHz無線周波数よりもはるかにビジーではありません。あなたのルータがそれをサポートしている場合、即座に短距離のスピード ブーストの ためにそれを切り替えることを検討してください 。

5 GHzに切り替える

ルーターを5GHzに変更しWiFiの機能を向上させる方法:

  1. ルーターのアドミンパネルにログインします。
  2. 設定に移動し、ワイヤレス設定のタブに移動します。
  3. 802.11バンドを2.4GHzから5GHzに変更する方法。
  4. クリックして実行。
  5. ルーターを再起動させて新しい設定を適応させる。

5GHzのワイヤレス周波帯の唯一の欠点は、2.4GHzに比べて硬いものを貫通しづらい点です。オフィスやご自宅で不便をきたす場合があります。そのため、どちらのメリットも利用できるよう、5GHzと2.4GHzを常に併用して使用することをおすすめします。

10。 再起動を忘れないでください

時代を超越したITのアドバイスは、「動作しない場合はオン/オフを切り替えてみてください」は、WiFi ルーターに も当てはまり ます。シンプルな再起動は、 WiFiの 速度 を大幅に改善するのに十分 です。再起動すると、ルータのメモリが消去され、アップデートが インストールされます。

再起動を忘れないでください

ルーターの再起動を行うには、ルーター底面の再起動ボタン(通常ペンなどを使って押す埋め込み式となっています)を押すか、電源を抜いて再び差し込み再起動を行なってください。

もしルーターが再起動中にインストールやアップデートを行なっている場合は、スイッチを切るなどの中断や妨害することなくそれらが終わるまで待ちます。アップデートによりばらつきがありますが、通常は10分以内に完了します。

11。有線のインターネットパフォーマンスの測定

上記の10項目を試した上でもまだワイヤレスの改善が見込めない場合、WiFiのパフォーマンスではなく有線での環境に目を向けてみましょう。LANケーブルと、有線ポートがあるパソコンをご用意ください。

  1. モデムとLANケーブルを接続します。
  2. ケーブルをパソコンに接続します。
  3. Webブラウザで次のアドレスを開きます: https://www.speedtest.net/.
  4. Goボタンを押して、有線インターネットパフォーマンスを測定します。
  5. インターネットサービスプロバイダが提供するスピードと比較します。
有線のインターネットパフォーマンスの測定

有線のインターネットパフォーマンステストは、可能であれば日をまたいで複数回行なうことをおすすめします。インターネットサービスプロバイダが契約の数値を提供していない場合、測定結果を送付したうえで改善を要求しましょう。万が一改善が見込めない場合、プロバイダの変更をおすすめします。プロバイダの問題は、 WiFi電波の強化方法を最大限に使用しても改善することは難しいでしょう。

12。メッシュWiFiシステムの設置

ルーターの性能がどれだけ良くても、物理的な距離の理由でご自宅の隅々まで強力な電波が届かない場合があります。そんな時は、メッシュWiFiシステムを設置し、メインルーターと電波の転送を行なう端末で、ご自宅の隅々まで電波をカバーしましょう。

メッシュWiFiシステムの設置

現在、メッシュWiFiシステムのメーカーは、Asus、Eero、Orbi、Googleが主力です。おすすめの端末も後ほど紹介いたします。メッシュWiFiの最大のメリットは、お好きな範囲で拡張が可能なところです。お望みの範囲内での十分にパフォーマンスが発揮できていない場合、1つの端末の追加から徐々に試してゆくことが可能です。

13。DNSアドレスの変更

ドメイン名システム(DNS)は、(例www.google.comのような)ドメインの名前をIPアドレス (64.233.160.0)に変換する役割を果たし、一般的にはモデムがインターネットサービスプロバイダのDNSサーバーが設定しています。これらの最適がでパフォーマンスが変わることがあります。

ほとんどのモデムが、初期設定のDNSからの変更に対応しており、WiFiの速度の改善に役に立つことが期待されます。Google’s DNS サーバー(8.8.8.8) や Cloudflare’s DNSサーバー(1.1.1.1)など、様々なパブリックDNSサーバーからお好きなものを選ぶことができます。

DNSアドレスの変更

どのDNSサーバーがおすすめかは、ドメイン名スピード計測で調べることができます。Windowsの無料アプリで、本格的なDSNパフォーマンスの調査を行なうことができます。お使いの環境にあった最速のDNSサーバーをクリック数回で調べることができます。

  1. ドメイン名スピード計測アプリをダウンロードします。
  2. 「Nameservers」のタブへ切り替えます。
  3. 「Run Benchmark」ボタンをクリックします。
  4. 計測が完了したら、「Conslusions」のタブへ移行します。

最適なDNSサーバーを選んだら、モデム設定へ移り、選んだ新しいDNSアドレスに更新します。

14。インターネットのプランをアップグレードする

WiFiを使っている端末やその使用量の多さは、低く見積もられがちですが、パソコン、スマートフォン、スマートホーム家電など様々な端末がWiFiのひとつの周波帯に密集して接続される状況に対応できていないプランも多くあります。

インターネットのプランをアップグレードする

万が一インターネットのプランを10年間変えていないなど、長く既存のプランを使っている場合、見直しが必要かもしれません。アップグレードをしても近年の価格競争や技術で価格が抑えられる可能性もあります。プランが古い場合、再検討をおすすめします。

15。インターネットサービスプロバイダに問い合わせる

忘れてはいけないのが、お使いのインターネットサービスプロバイダに相談してみるという手段です。お使いの会社が協力的な場合は、WiFiの使用状況を調べてくれたり、電波の強度やお使いの状況での改善案などを行なってくれる場合もあります。

インターネットサービスプロバイダに問い合わせる

NetSpotを使ってWiFiを爆速化させる

WiFiのネットワーク調査、分析を多角的におこないトラブルシューティングを行なってくれる、便利で高度なアプリ、NetSpotのご紹介です。

最高のWiFiブースター

WiFiブースターは、既存のWiFi電波が届かないとこに電波を拡張するために使用されませう。ほとんどのWiFiブースターは電源プラグに差し込んでつか用に設計されており、それだけでWiFi範囲が拡張されインターネットをお楽しみいただける便利ツールとなっています。

NetSpotのようなネットワークアナライザーを使用すれば、電波のヒートマップを作成が可能です

WiFiブースターを購入する際は、使用する場所がどれくらい広く、どこまでカバーしたいかをきちんと確認することをおすすめします。NetSpotのようなネットワークアナライザーを使用すれば、お使いの範囲の電波のヒートマップの作成が可能です。必要な機能に応じて、予算も変わってきます。

最高のWiFiブースター5選の記事では、プロが実際に使用したレビューを搭載し皆様に最適な端末選びのお役に立てるはずです。


チョイス #1

Netgear Nighthawk X6S EX8000は、最大3Gbpsのスピードに対応したハイエンドのWiFiブースターです。Netgearの特許であるFastLane3技術を搭載し、3つの異なる周波帯(同時接続、専属の5GHz帯で最大1.7Gbpsまで)を使用し、常に最速のパフォーマンスを発揮できる接続を維持してくれます。

802.11k標準サポートのおかげで、現在ではビデオチャットやオンラインでのビデオや映画鑑賞をしながら家の中を歩き回ってもスムーズにコンテンツが楽しめるようになりましたが、そんな中でもNetgearのNighthaws X6S EX8000の端末では4ギガビットのLANポートがSmart TVやゲーム機、自宅のセキュリティシステムなど有線接続が必要なデバイスをしっかりとサポートします。

Netgear Nighthawk X6S EX8000 トライバンドWiFiエクステンダー

ハイエンドのWiFiブースターは一般的なものよりもサイズが大きい傾向があり、WiFiルーターと同じくらいのサイズになることも多くあります。機能が強化されてるがゆえのサイズアップと言えるでしょう。


チョイス #2
  • レートが足りていません

NetgearのOrbi RBK50 WiFiシステムは、WiFiブースターほどシンプルではないものの、WiFiブースターとWiFiルーターのハイブリットのような存在です。2つの端末が梱包されており、ひとつの端末がWiFiに接続し、ふたつめの端末がWiFiを拡散することで、拡張された範囲の隅々まで電波を届けることを可能としています。

2つの端末は、高速のWiFiを最大3Gbpsの組み合わせで使用でき、その範囲は最大5,000平方メートルまでカバーすることが可能です。ふたつの端末がおなじWiFiを拡散しているため、端末にかかわらず同じネットワークがお使いいただけます。

NetgearのOrbi RBK50

Netgear Orbi RBK50 WiFiシステムはAmazonのアレクサやGoogleアシスタントにも対応しており、音声でのWIFi操作も可能です。


チョイス #3
  • レートが足りていません

TP-Link RE350 AC1200はコンパクトで、コンセントに差し込むだけで簡単にWiFiを拡張できるWiFiブースターです。 2.4 GHz周波帯 (300 Mbps) と5 GHz周波帯(867 Mbps)どちらにも対応しています。2本の高機能アンテナのおかげで、スタイリッシュな見た目と広範囲のカバー力を同時に実現しました。

TP-Link RE350 AC1200の本体には、電波の強さを表す信号がついているので、現在地の電波強度を簡単にみることができ、どこに端末を設置すればいいかがぐっと楽になります。赤のライトが付いている場合は、ルーターに近いところでの設置が推奨されます。良好な場合、ランプは青く点灯します。

TP-Link RE350 AC1200 WiFiエクステンダー

TP-Link RE350 AC1200WiFiブースターは、LANケーブルのポートとしてもお使いいただけます。アクセスポイントモードに切り替えは、TP-Link RE350 AC1200のアプリから行なうことができます。


チョイス #4

WiFiブースターはお部屋のWiFiのカバー範囲の拡張の役に立ちますが、あまりにも距離がある場合はその効果を発揮しません。ルーターが1階にあるのに、ブースターが屋根裏部屋にあってもその効果はうまく発揮されないでしょう。そんな時こそ、D-Link PowerLine AV1000 WiFi ACの出番です。

このWiFiブースターはご家庭の電気の導線を使用しWiFiを拡張させるユニークな端末です。ルーターの近くのコンセントに接続し、有線接続をします。同じ電線を使用している限り、トランスミッターを動かせばWiFi電波の拡張が可能となります。

D-Link PowerLine AV1000 WiFi AC スターターキット

D-Link PowerLine AV1000 WiFi ACは4Kビデオストリーミングやオンラインゲームを含む、現状すべてのWiFiスタンダードに対応しています。


チョイス #5

その控えめなデザインにかかわらず、 Linksys RE7000 Max-Stream AC1900+ は複数の端末でのデータストリーミングを継続的に行なうマルチユーザーMIMOなど、最新のテクノロジーにも対応しています。このWiFiブースターは、異なる周波帯の併用にも対応しており、2.4GHzと5GHzのワイヤレス周波帯に、合計最大1.9Gbpsまで対応しています。

Linksys RE7000 Max-Stream AC1900+ Wi-Fi エクステンダー

Linksys RE7000 Max-Stream AC1900+は最大10,000平方メートルまで対応できるように設計されています。設定は非常に簡単で、Spot Finderのアプリ内ですべて行なうことが可能です。WiFiブースターとルーターを接続し、WPSボタンを押し、あとはアプリの説明に従ってください。

最高のWiFiエクステンダー

WiFiエクステンダーはWiFiの範囲の拡張の役割を果たし、既存のWiFi電波を転送するために使用されます。WiFiエクステンダーはルーターの買い替えなしで範囲の拡張を行ないたい時に使用されます。

WiFiエクステンダーとWiFiブースター自体にあまり大きな違いはなく、呼び方が違うという理解のみで問題はありません。


チョイス #1

Netgear WiFiエクステンダーは、同じネットワーク名(SSID)がトライバンドWiFiを最大2.2Gbpsまで使用できるFastLane3技術を搭載し、ネットワークの変更を行なわなくても隅々まで電波が届くように設計されており、範囲の拡張を最大限行ないたいユーザーにぴったりの製品です。

Netgear Nighthawk X6 EX7700メッシュエクステンダー

Nighthawk X6には、LAN有線ポートが背面に2つ備え付けられていて安定した有線ネットワークをTVや安定したネットワークが必要な固定端末におすすめです。


チョイス #2
  • レートが足りていません

設置が簡単なWiFiエクステンダーをお探しの場合、TP-Link RE650 AC2600がおすすめです。コンセントに差し込んで、TP-LinkのAndroidまたはiOSのアプリから設定を行なうだけです。その簡単さとシンプルなデザインにも関わらず、2.4GHzと5GHzのどちらの周波帯にも継続的に対応しており、安定したインターネットをお楽しみいただけます。

TP-Link RE650 AC2600 Wi-Fiエクステンダー

電波の強度をお知らせしてくれる信号が搭載されているので、WiFiの強度調査なども必要ありません。端末そのものがどこに設置すればいいかを信号で教えてくれるので、使用したい範囲に合わせて端末を動かして差し込みます。


チョイス #3
  • レートが足りていません

NetgearのWiFiエクステンダーは、その簡単な使い心地とパフォーマンスに驚きです。2.4GHzと5GHzのどちらのWiFi電波にも対応しており、MU-MIMOテクノロジーにも対応しています。スマートローミングが、ルーターのカバー範囲を超えたら自動的に拡張した電波に接続してくれます。

Netgear Nighthawk X4 AC2200 WiFi Range Extender

Netgear Nighthawk X4 AC2200 WiFiエクステンダーを使用するなら、TVやデスクトップの近くに設置して、ギガビットポートから強力で安定した有線インターネットが楽しめるはずです。


チョイス #4
  • レートが足りていません

Linksys Velop Wi-Fiエクステンダーは、コンパクトな端末ながらも、強力なワイヤレス電波を広範囲にお届けします。エクステンダーがVelopの既存システムに接続してWiFiの電波強度を強めるよう設計されており、広範囲で満遍なく電波を使用できます。

Linksys Velop Wi-Fiエクステンダー

Linksysアプリがあれば、Linksys Velop Wi-Fiエクステンダーの操作は非常に簡単です。WiFiネットワーク別にパスワードを作成するなどの設定はクリック数回で完了します。


チョイス #5
  • レートが足りていません

D-LinkのWiFiエクステンダーは、2.4GHzと5GHzあわせて最大1750Mbpsのスピードまで対応しており、死角のない拡張を行なってくれます。ルーターに不具合が起きた場合にはアクセスポイントとして機能できる点もありがたいですね。

D-Link DAP-1720 Wi-Fi AC1750 エクステンダー

D-Link DAP-1720は、外部アンテナが3つ備わっていることで電波のカバー範囲が大幅に改善されました。WiFiエクステンダーの設置に必要なのは、端末をコンセントに差し込んで、ルーターのWPSボタンを推し、DAP-1720のWPSボタンを押すだけと非常に簡単です。

最高のWiFiルーター

現在お使いのルーターのパフォーマンスはお望み通りですか?そうでない場合やわからない場合は、新しく買い換えるチャンスです。近年のルーターは異なる周波帯に同時にアクセスしたり、マルチユーザーMIMOのような異なる端末に継続的に接続できる機能が搭載されています。


チョイス #1
  • レートが足りていません

Asus ROG Rapture GT-AC5300は、まるで宇宙人の通信機のようないかつい技術満載な見た目をしています。8本のアンテナが、3つのことなる周波帯(5GHzふたつと2.4GHzひとつ)にアクセスを可能にします。また、8ギガビットの有線ポートとふたつのUSB3.0ポートが搭載されており、非常に強力な電波がお楽しみいただけます。

Asus ROG Rapture GT-AC5300

Asusのルーターはゲーム好きには定評があります。WiFi電波の爆速ブーストが行なえるゲームブーストテクノロジー搭載で、ゲームに最適なネットワークを分析し接続してくれます。


チョイス #2

D-Link発、受賞歴もあるこのWiFiルーターは複数の端末を同時にサポートできる最大3000Mbpsのスピードに対応しています。また、洗練されたチャイルドコントロール機能が不適切なコンテンツを遮断し、家族に快適なインターネットをもたらします。

D-Link EXO AC3000スマートメッシュWiFiルーター

McAfeeのHome PlatformとLivesafeのセキュリティーソフトがルーターに搭載されており、オンライン上のウィルス、マルウェア、ランサムウェア、スパイウェア、迷惑プログラムなどからインターネットを守ります。

WiFiの問題でお困りですか?

NetSpotはワイヤレスネットワークの最適化や拡張を効果的に行なうお手伝いをしてくれます。

チョイス #3

4Kストリーミングや、オンラインゲーム、大きなダウンロードファイルなどのヘビーユーザー向けに作られたのがNetgear Nighthawk X10です。世界最速のルーターの一つで、1.7Ghzのクアッドコアプロセッサーとクアッドストリームアーキテクチャーを搭載し、802.11acと、802.11adのWiFiテクノロジーに対応しています。

Netgear Nighhawk X10 AD7200 スマートWiFiルーター(R9000)

Nighthawkのアプリがあれば、Netgear Nighthawk X10の設定には何の心配もいりません。たったの数クリックで、ルーターの設定がAndroidまたはiOSから簡単に行なえます。


チョイス #4
  • レートが足りていません

WiFiの爆速化がリーズナブルに行なえることをお望みでしたら、TP-Link AC2300 がおすすめです。(デュアルバンドに対応した強力な)ルーターの中では比較的リーズナブルで、1.8Ghzのデュアルコア64ビットCPU搭載、二つのコプロセッサーでオンラインゲーム、4K動画、膨大なファイルのシェアもスムーズです。

TP-Link AC2300

TP-Linkのスマートフォンアプリ、TP-Link Teherを使用すれば、ルーターの管理がAndroidまたはiOSから簡単に行なえます。見やすく簡単な設定画面で、ファームウェアのインストールや一般的なルーターの設定が全て行なえます。


チョイス #5
  • レートが足りていません

通常のNetgearのルーターとは少し違う、最新鋭のメッシュWiFiシステムで、ご自宅やオフィスに満遍なく強力な電波をお届けします。Netgear Orbi WiFi 6システム は2つ入りと3つ入りがあり、それ以上の買い足しでさらなる範囲の拡張も可能です。

Netgear Orbi WiFi 6システム

設定は非常に標準的ながらも、Netgear Orbi WiFi 6 SystemはNetgearの特許記述トライメッシュテクノロジーと専用のバックホール搭載で端末へ効果的に電波をお届けします。唯一の欠点はその価格の高さと言えるでしょう。

最高のWiFiメッシュシステム

WiFiメッシュシステムはWiFiの電波強度を大きな建物などでも改善することができるもっともおすすめの方法のひとつです。本記事では、今すぐ使える最高のWiFiメッシュシステムを5つご紹介します。


チョイス #1
  • レートが足りていません

GoogleのWiFiメッシュシステムはWiFiルーターの本体と、複数のWiFiポイントが付随しています。Google Nest Wifi では、基本的な設定でも最大200端末まで接続でき、4Kの動画の複数ストリームも可能としています。

Google Nest Wifi

それぞれのWiFiポイントに、Googleアシスタントのスマートスピーカーが搭載されているので、音声で検索したりお気に入りの音楽を流すよう操作することも可能です。Google発のシステムとだけあって、非常に最先端なアップデートとサポートがいつでもお楽しみいただけます。


チョイス #2
  • レートが足りていません

Netgear Orbi6は高品質で高性能なメッシュWiFiシステムです。WiFi6の最新技術に対応しており、以前のWiFi5の4倍のキャパシティである100端末同時接続を可能としています。

Netgear Orbi 6

Netgear Orbi 6はオンラインを脅威から守るNETGEAR Armorが搭載されており、最新のマルウェアもブロックし、パソコンやスマートフォンに簡易アラートを送り常に安全性を保ちます。AndroidまたはiOSのOrbiのアプリからセキュリティの管理も簡単に行なえます。


チョイス #3
  • レートが足りていません

eeroは、もっともリーズナブルなWiFiメッシュシステムの一つです。ひとつで1,500平方フィートまでカバー範囲を拡張できる端末が、たったの$99でお求めいただけます。eeroのシンプルなデザインのアプリのおかげで、設定も10分で完了と簡単です。

eeroメッシュWiFiルーター

eeroは使いやすさが特徴で、面倒なインストールや高度な設定は必要ありません。ただし、お使いのネットワークで何が起きているのかの詳細を知りたい場合は、eeroのアプリから詳細で高度なご利用情報が入手可能です。


チョイス #4
  • レートが足りていません

Asus ZenWiFi AXはその美しい見た目が特徴で、端末を見えないところに設置する必要はもうありません。ASUS AX6000 WiFi 6ルーターが2つ搭載されており、5500平方フィートの範囲で超高速なWiFiがお楽しみいただけます。追加のASUS AX6000WiFi 6 routerはひとつにつき2750平方フィートのカバー範囲を追加します。つまり、10部屋ある空間でも必要なルーターはたったの3つだけです。

Asus ZenWiFi AX

Asus ZenWiFi AXはWiFi6に対応しているので、8Kのビデオストリーミング、オンラインゲーム、その他インターネット上のどんな重たいファイルにも対応しています。そんな最先端な機能をもちつつも、その設定はASUSルーターのアプリから簡単に行なえます。


チョイス #5
  • レートが足りていません

Linksys Velopは、どんな広さや形の家でも、隅々までWiFiをはりめぐらせるのに最適なWiFiメッシュシスsテムです。最強の電波強度をお求めの場合は、最新のWiFi6技術に対応したVelop AXをお勧めします。

LinkSys Velop

LinksysのVelopメッシュWiFiシステムは、端末の種類に関わらずLinksysのスマートフォンアプリから、チャイルドコントロール、ゲストWiFiネットワーク、パスワードの変更などの設定が簡単に行なえます。

だから、私たちのおすすめです。
NetSpot
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/ac/axワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
  • #1
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング

  • 500K
  • ユーザー
  • 8
  • クロスプラットフォーム
  • Mac/Windows

結論

これらの10のヒントでは 、新しいルータを購入することなく WiFi ネットワークを 強化する上で問題はありません 。試してみるたびにヒントが役立つかどうか を確認するには、 NetSpot を手元に 用意 して ください。私たちは、あなたが10番になる頃には、あなたの WiFiはかつてないほど速く感じる ことを保証します。

WiFiを爆速にするには:よくあるご質問

WiFi電波強度を強くするにはどうすればいいですか?

WiFiの電波の強度改善をお考えの皆様に朗報です:無料でWiFiを強化する方法はたくさんあります。WiFiアナライザーを使用してルーターの位置をより適切な場所に変えて見たり、5Ghzバンドに切り替えたりすると特に都会の混雑した場所ではすぐに改善が見込めます。

WiFiの電波を無料で爆速化できますか?

新しいルーターを購入しないでも、今まで設定を変更したことがない場合は変更だけで爆速化ができる可能性があります。5GHzの周波帯の使用するよう電波の設定を調節したり、特に2.4GHzをご使用の場合混雑していない回線の使用はおすすめです。WiFiアナライザーアプリを使用して、最適な設定を探してみてください。

WiFiエクステンダーは効果がありますか?

もちろん、WiFiエクステンダーは効果抜群です。ただし、置き場所によってその効果は非常に大きく左右されます。適切でない場所にエクステンダーを置いてもあまり改善は見込めないどころか、元々ある電波の妨害にもなりかねません。そのため、NetSpotのようなWiFiアナライザーを使用して適切な設置箇所を確認する必要があります。

無料でできるWiFiの爆速化の方法はありますか?

WiFiの爆速化が無料かつ簡単にできる方法として、まずはWiFIを使用している必要のない端末を切断しましょう。許可、認識していない端末が接続されている可能性があります。WiFiパスワードを変更し、保護方法を最低でもWPA2(可能ならWPA3が望ましい)に設定しましょう。

WiFiブースターは効果がありますか?

はい、WiFiブースターは既存のWiFiを複製して新しい電波として拡散することで電波の届く範囲を大幅に改善します。WiFiの電波強度を新しいルーターの購入なしでも改善できる手段として皆様におすすめしてるとても効果的な方法です。

自宅のWiFiはどうすれば爆速化できますか?

費用を度外視すれば、もっとも効果的な方法は新しいルーターの購入です。とはいえ、購入前にできる経済的な対策をまずはぜひ試してみましょう。(外付けが可能な場合)精度の高いアンテナを購入し既存のルーターに取り付けたり、WiFi複製機を購入したり、ルーターをより効果的な場所に移動するなどが挙げられます。

ルーターを適切な位置に置くことはどうして重要なのですか?

一言で言えば、WiFiのカバー範囲が大幅に改善するからです。詳しく説明すると、WiFiルーターには適切な置き場所と不適切な置き場所があります。ルーターが金属の近くに置いてあると、電磁波が吸収されてしまい(電気コンロ、電子レンジ、食器洗濯機などがもっとも悪影響とされています)パフォーマンスが低下します。また、金属製でなくとも、障害物があるとWiFiの強度に影響が及びます。高い位置に置く方が電波の届きがよくなります。

WiFiの爆速化とルーターの更新には関連がありますか?

WiFiルーターのソフトウェアを最新版にアップデートし続けることでマルウェアやウィルスなど電波をを奪ったりネットワークを経由して電波や他の端末に影響をおよぼすリスクを軽減します。ルーターのセキュリティ保護のバージョンアップは、インターネットを安全に大きく貢献します。

WiFi複製機、ブースター、エクステンダーがなぜ必要なのですか?

WiFi複製機、ブースター、エクステンダーはご自宅やオフィスのWiFiをさらに遠くの部屋や上下の階に拡散します。空間の広さや、対応するルーター、予算によって必要な端末は異なりますが、優良な複製機またはブースターは大体$100以下で購入でき、複数個同時のインストールも可能です。

WiFiチャンネルの変更がなぜ爆速化に役立つのですか?

WiFiルーターが電波を発進する際に、複数のワイヤレスチャンネルが使用できますが、2.4GHz周波帯しか使っていないチャンネル(3個)や、5GHzしか使っていないチャンネル(24個)などその中でも他の電波が使っていないチャンネルが複数存在します。通常ルーターがデフォルトで使うチャンネルは1か6となっています。

多くのユーザーが購入時のままルーターの設定を変更していないので、特定のチャンネルに過剰な負荷がかかっていることがあります。NetSpotのようなアプリを使用し、使用回線数の少ないチャンネルを探し使用することが電波速度の改善に大いに役に立ちます。

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

WiFiについての全てを次でお話しします。

WiFiについてもっと深くご存知になりたい場合、WiFiセキュリティーについて、ワイヤレスネットワークの最高のアプリについて、フライトでのWiFiについてなどをチェックしてみてください。
NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/ac/axワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。