• #1 NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

RSSIは何、とそのWi-Fiネットワークとの関連

RSSIとは、受信された信号強度のインジケーターであり、ワイヤレスネットワーク環境の信号強度の名前です。
トップチョイス
  • NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
受信デバイスのユーザーに気付かれることなく、IEEE 802.11デバイスはユーザーに信号測定データを提供し、実際、信号の強度はワイヤレスネットワーキングの機能性を大きく影響します。

にジャンプ...

RSSIレベルと信号強度


RSSI測定は、デバイスで受信される信号の相対的品質を表します。RSSIは、アンテナとケーブルレベルでのロスを考慮した後のパワーレベルを示します。RSSI数値が高ければ高いほど、信号は強いことを示します。負の数で測定される際、ゼロに近い数字がより良い信号を表します。例えば、-50とはかなり良い信号であり、 -75は普通であり、-100は信号がないことを表しています。

RSSIとdBmは測定の異なる単位ではありますが、両方とも信号の強度を示します。dBmはパワーの比率であり、測定されたパワー対一mW(ミリワット)を測定します。dBmは絶対的インデックスであるに対して、RSSIは相対的なインデックスです。

信号の良い品質の測定には、ラインのノイズを信号のパワーから引きます。信号対ノイズの差額が高いほど良い信号強度を示します。

RSSIはどのように信号品質に関連しますか

ユニバーサルなソリューションはありませんが、ここではRSSIと品質比率の大体の関連性を説明します。


信号品質は0%から100%の数値で表示します。数字が高ければ高いほど、リンク品質が良いことを示します。これらは、ローカルノイズに関する理想的な状況の理論的数字です。システムやデバイスにより、異なる方法で確定することができ、信号の強度とSNRマージンをベースにします。品質のレベルが25-30%以上であれば、信号は使えます。

信号品質
信号品質

SNRマージン = 信号(dBm) - ノイズ(dBm)
例えば、信号(RSSI) = -55dbであり、ノイズが = -85dbであれば、:
(-55db信号) - (-85dbノイズ) = 30 SNRマージン

高いSNRマージン数値は、よりクリアな信号を示します。例として、フル54 Mbpsデータレートを使用する場合、最低でも25 dBのSNRマージンが必要になります。

一般的に、
db >= -50 db = 100%品質
db <= -100 db = 0%品質

-50dbと-100dbの間のRSSI信号には、
品質 ~= 2 * (db + 100)
RSSI ~= (品質 / 2) - 100

例として:
高品質: 90% ~= -55db
中品質: 50% ~= -75db
低品質: 30% ~= -85db
使用不可能品質: 8% ~= -96db

802.11設置でのRSSI

RSSIは、チャンネルのラジオエネルギーレベルが一定のポイントより低い場合確定することができ、ネットワークカードが(CTS)を送信することができます。この時点では、データパケットを送ることができます。

NetSpotのようなネットワークモニタリングツールは、ユーザーがWiFiネットワークの信号の強度を測定する際に、RSSI数値を確認することを可能にします。参考までに、Cisco Systemsカードには、RSSI_Max数値が100であり、101のパワーレベルをレポートバックします。

802.11の標準は、RSSI数値とmWやdBmのパワーレベルの関連性の定義は提供しません。半導体メーカーやベンダーは独自の正確性、粒度、と実際のパワーレンジ(mW又はdBm)を提供します。さらに、RSSI数値は個々であり、0からRSSI_Maxまで幅広いです。RSSI数値は、802.11フレームのプレアンブルステージで得るため、フルフレームでは得られません。

信号強度測定を理解して、それらを使って最も効率的にチャンネルプラニングを行うため、NetSpotは信号の強度を二つの方法で表示します。

802.11設置でのRSSI
802.11設置でのRSSI

ネットワークチャートは、他のネットワークに対し、選択された2.4又は5 GHzの周波数ネットワークの位置を可視化して、各ネットワークの信号強度を表示します。

ワイヤレスネットワーク検知器
ワイヤレスネットワーク検知器

信号強度グラフは、そのスペースで移動する際、ネットワークの信号強度の変化を可視化します。

信号の強度が丈夫なレベルであっても、問題が発生していますか?

NetSpotのようなWiFiスキャンアプリで全ての測定やチャックが行われてから、信号の強度が大丈夫であり、接続がうまくいかない場合、問題は何かの妨害により発生している可能性があります。パソコンのWiFiアダプターとNetSpotアプリは、妨害の原因を確定させ、wifi信号の強度を上げるお手伝いができます。

だから、私たちのおすすめです。
NetSpot
WiFiアナライザーアプリは、標準の802.11a/b/g/n/acワイヤレスネットワークアダプタ搭載のMacBook(macOS 10.10+)またはその他コンピューター(Windows7/8/10)対応。
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
  • #1
  • WiFiアナライザーアプリ

  • 500K
  • ユーザー
  • 6
  • クロスプラットフォーム
  • Mac/Windows

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

WiFiについての全てを次でお話しします。

WiFiについてもっとご存知になりたい場合は、以下の記事をぜひお読みください。WiFiルーターについて、ワイヤレスネットワークに最高のアプリについて、WiFiの電波についてなどを揃えています。

その他の記事

NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。