インターネットが遅い原因と、行うべき対策とは?

現在、インターネットは日常に不可欠なものとなりました。国連の基本的人権の中にもインターネットの言及があるほど普及しています。しかしながら、まだまだ世界中の至る所で”どうして私のインターネットは突然おそくなってしまったのでしょうか?”という疑問を耳にすることが多くあります。
トップチョイス
  • NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー


NetSpot WiFiスピードテストonline

インターネットスピードを測る

インターネットのスピードテストを行って、最高のWiFiスピードを手に入れましょう。
NetSpot

NetSpotで完璧なWiFiスピードを手に入れましょう。

まともなインターネットのコネクションで満足するより、NetSpotを使ってきちんと速いWiFiを手に入れましょう。

オンラインでゲームをしたり、Netflixを見たり、ウェブサイトを検索したり、家族や友人と会話をしたりするにも、インターネットは必要不可欠なもで、インターネットの速度低下は全く好ましくない事と言えるでしょう。

そこで、当記事では一般的に起こりうるインターネットの速度の低下の原因と、インターネットのパフォーマンスを回復させるための方法をご紹介します。

高速のインターネットを契約したのにダウンロード速度が遅い理由とは?

高速のインターネットを契約したのにも関わらず速度が期待通りでない時は非常にがっかりしますよね。インターネットの速度には、様々な要素が影響し、中には普段の利用では全く気づきもしないものもあります。設定の変更に取り掛かる前に、まずはご自身のインターネットスピードのテストを行い、現在の数値がどの程度なのかを把握しましょう。

インターネットスピードテストのやり方とは?

Ooklaのスピードテストはウェブブラウザから行える有名なインターネットスピードテストです。 世界中のどこからでも、様々な周波帯の接続をテストすることが可能です。

1. リンク: http://www.speedtest.net/.
2. 現在お使いのダウンロード画面やインターネットを使用するアプリをすべて終了します。
3. 画面中央に大きく表示されている”Go"ボタンをクリックします。

Ooklaのスピードテスト
4. テストが行われます。結果が出るまで少々お待ちください。

  • テスト中は、インターネットを必要とするすべてのアプリを閉じたままにしてください。

テストは複数回行うことをお勧めします。”インターネットの速度が落ちているのですが?”と連絡をインターネットサービスプロバイダに問い合わせた頃には速度が回復していたということも多くあるので、スピードの変動が短期的でないかを確認してください。

速度の遅いインターネットを回復させる5つの方法

プロが使うような検査が必要ないというわけではありませんが、インターネットスピードの改善策の中にはとてもシンプルなものもあります。

MacOSとWindowsに対応する NetSpotを使えば、ワイヤレス調査、, Wi-Fi分析やトラブルシューティングが行なえます。 お近くのワイヤレスネットワーク の情報蒐集や、ご自身のネットワークのカバー範囲や電波の弱い死角を探知することが可能です。

1. ルーターの位置を変更する

ルーターの設置場所は、インターネットスピードに大きな影響を与える重要な項目です。ルーターから離れれば離れるほどWiFiの電波は弱まってゆきます。ルーターが家全体に電波を供給できているか、または一部屋、ふた部屋しかカバーできていないのかなどを知る必要があります。NetSpotの調査モードを使用して、強力なWi-Fi電波のカバー範囲と電波の弱まっている箇所を探知しましょう。

あなたのルータに適した場所を選択する

また、電子レンジやBluetoothを使用するデバイスなど、電磁波を発する家電からルーターを遠ざけることも非常に重要です。オーブンレンンジは2.45GHzの周波帯を使用しているため、2.4GHzの周波帯のWiFiに非常に近く干渉を起こしかねません。また、ルーターは棚の上など、なるべく障害物のない高い位置に設置することをお勧めします。

2. 電波を占領しているものを取り除く

電波の占領とは、インターネットを使用する際に周波帯のアップロードデータ、ダウンロードデータを大幅に使用するアプリなどを指します。One DriveやGoogle Drive、Dropboxなどのシンクロ機能がついたアプリにはこの傾向が多く見られます。また、Bit Torrent clientsやStreamのようなクラウドを使用したマルウェア対策用のソリューションなどもこれらのアプリに当てはまってしまいます。

電波を占領しているものを取り除く

ほとんどの場合、それらのプリケーションの起動頻度を設定したり、OFFにすることが可能です。

3. ハードウェアのトラブルシューティングを行なう

ルーターをOFFにして、再起動させたことはありますか?やったことがないと言う方はまずおたましください。ルーターを再起動するだけで、インターネットの様々な問題が解決することがよくあります。もちろん様々な問題がある中で万能の解決策とは言えませんんが、まず最初に試してみる解決策と言えるでしょう。

ハードウェアのトラブルシューティングを行なう

4. 違うDSNサーバーを試してみる

DNSサーバーとは、パブリックIPアドレスをとホストネームを使用したデータベースを含んだサーバーのことです。一般的にはインターネットサービスプロバイダから供給され、特定のウェブサイトのアクセスを制限する機能を持っています。DNSサーバーに負荷がかかると、ウェブサイトの読み込みに長時間を要します。

違うDSNサーバーを試してみる

多くのルーターはDNSを切り替えることを可能としています。 GoogleパブリックDNSはGoogleが供給する無料のドメイン名システムサービスです。また、ドメイン名システムの拡張や、フィッシング対策、DNSルックアップに加えてフィルタリングを行なう機能などを追加することのできるオープンDNSもあります。

5. インターネットサービスプロバイダ(ISP)に連絡する

インターネットのスピードは、インターネットサービスプロバイダの供給に大きく依存します。契約通りのスピードがどうしても出ない場合は、ISPに連絡をし、ネットワークの使用状況が思わしくないことを相談しましょう。

インターネットサービスプロバイダ(ISP)に連絡する

上記のすべての手段を使用する前に、まずはお使いのインターネットスピードが本当に遅いのかをテストする必要があります。ISPに連絡をするとテストの詳細を電話やEメールでサポートしてくれる会社もあります。

結論

”インターネットが遅い原因はなんだろう?”その疑問に1つの答えを提供することは非常に難しく、様々な要素が影響しています。また、WiFiはローカルエリア接続に比べると、まだまだ電波の障害や問題が多い通信手段でもあります。

インターネットが遅いという問題の解決法は様々です。中にはたったの5秒で解決できるようなものもあります。当記事では、インターネットの速度を改善させる5つのテクニックと、 NetSpotの使用のメリットをご紹介します。

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

WiFiについての全てを次でお話しします。

WiFiについてもっと深くご存知になりたい場合、WiFiセキュリティーについて、ワイヤレスネットワークの最高のアプリについて、フライトでのWiFiについてなどをチェックしてみてください。
NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。