最も重要なWiFi設定を理解する


多くの人から見て、WiFiネットワークは複雑に見えるでしょう。WiFiネットワークの記事などを読むさい、難解な頭文字が多くあり、それを理解することに苦労するため、一般的にWiFi設定を開いてからそれらの調整を行う人の数はごく少数に限られます。でも、難解な頭文字も理解することが可能になれば、WiFiネットワークの最も重要な要素を理解でき、正しくWiFiを設定することも可能になります。

最も重要なWiFi設定は何?



ワイヤレスルーターの製造元は多くのユーザーが家のWiFiの設定方法を理解していないことを知っています。それを補うために、便利な設定アプリや管理コンソールを作成して、技術的な複雑さを綺麗なユーザーインターフェースとわかりやすい言葉の後ろに隠しました。

しかし、複数のWiFi設定の中でも重要で簡単に理解できるものがあるため、それらの設定を理解する努力をすること自体に価値があります。

  • SSID: SSIDとはservice set identifierを示し、WiFiネットワークの主要な名前でもあります。SSIDは32の文字からなり、その文字も電子通信の文字暗号化基準であるASCIIであることが必要です。全てのルーターには特定的なデフォルトSSIDがあり、一般的に、これはそのルーターの製造元の名前に一致するものになっています。ルーターのユーザーとして、WiFiネットワークのSSIDを自由に変更することができ、されに他の人が簡単にネットワークに接続することを阻止するため、SSIDを見えなくすることも可能です。


  • セキュリティモード: 伝統的な有線ネットワークと同様にデータの秘密性を守るため、ワイヤレスネットワーク向け、複数の セキュリティ基準 が開発され、中でもWired Equivalent Privacy、有線同等機密 (WEP)が1997年にオリジナルの802.11基準として批准された最も古い基準です。基準には欠点があり、WEPはWi-Fi Protected Access (WPA)やその後にWi-Fi Protected Access (WPA2)に取り替えられました。一般的に、ルーターが対応している最も最近のセキュリティ基準を使用することが進められます。ルーターがWEPのみに対応している場合、新しいルーターの購入を強くオススメします。

  • パスワード: 最強のワイヤレスネットワーク基準があっても、割れ易いパスワードを使用している場合あまり意味がありません。簡単に割り出すことができるのであれば、あまり強いパスワードとは言えません。最も弱いパスワードの例として、名前、日付あるいは簡単なフレーズが含まれます。その次のレベルとしてはランダムでも短いパスワードが含まれます。理想的なパスワードとして、相当な時間内にその長い文字数を割り出すことが不可能なものになります。ランダムな文字や数字のストリングを記憶することに苦労する場合、全くランダムで文法的に間違っている長い文の使用を是非検討ください。時の試練とハッカーに耐えるパスワードを設定する方法に悩んでいる場合、ランダムなパスワードジェネレーターの使用を検討してください。

  • チャンネル: 2.4 GHzの周波数は複数のチャンネルに分かれていて、北米では11のチャンネルがあります。これらのチャンネルは、スイミングプールにあるレーン見たいなものです。水泳選手が一つのレーンで泳いでいても、その行為により作られて波は他のレーンに居る選手にも影響を及ぼします。WiFiネットワークにも同様な現象が起こります。同じチャンネルに二つのネットワークが通信されている場合、妨害が発生する恐れがあります。このため、WiFiルーターから通信する際、最も使用されていないチャンネルを選択するべきです。

  • NAT: ネットワークアドレス変換(NAT)は、一つのIPアドレススペースを他のスペースに変換する方法です。NATを使用して、公的なIPアドレス内に複数のプライベートIPアドレスを隠すことが可能です。多くのWiFiユーザーはオンラインゲームをする最中、NAT関連問題に遭遇し、問題を解決するには、ほとんどのWiFiルーターの管理コンソールにあるNATセクションからポート転送又はポートトリガーを行う必要性があります。

  • QoS: クオリティオブサービス(QoS)は最新のWiFiルーターに搭載されて居る便利な機能性です。基本的に、QoSにより、異なるアプリ、ユーザーやデータフローなどを優先させることで一定のパフォーマンスレベルを確保する性能です。一般的に、WiFiユーザーは音声コミュニケーションやオンラインゲーミングをファイルダウンロードや動画ストリーミングより優先します。

WiFiを正しく設定する方法とは?


WiFiを正しく設定する際、同じエリア内の他のWiFiネットワークを理解する必要があります。その情報を得るため、WiFI分析ツールを使用します。WiFiチャンネルに関する情報が最も重要であり、この情報を基に 干渉 が最も起こり難いチャンネルを選択することが可能になります。

オーバーラップが全くないチャンネルの数が3個だけの2.4 GHz周波数でチャンネル全てが使用されている場合、23個のオーバーラップ無しのチャンネルがある5 GHzの周波数に変更することを検討してください。 最新のWiFiルーターは2.4 GHzと5 GHzの両周波数に対応している可能性が高いため、新しいハードウェアの購入が不要になる可能性があります。

最後に、WiFiルーターの最適な配置場所を割り出すことも重要です。これはWiFi分析アプリがあれば、その配置場所を簡単に割り出すことができます。次のセクションでは、最もポピュラーな WiFiアナライザーアプリケーション とそのアプリのユクな性能についてご紹介します。

WiFiネットワークを設定する際に使用するベストなソフトウェアアプリ


1. NetSpot

NetSpotは、Mac OS Xやウィンドウズで簡単に使用可能なワイヤレスサイトサーベイ、Wi-Fi分析や トラブルシューティング アプリです。NetSpotは素早く 周りにあるワイヤレスネットワーク に関する情報を収集し、さらに詳細なワイヤレスサーベイを実施できます。

NetSpot

他の同様なアプリとは異なり、NetSpotは普通のホームユーザーが使用できるようにデザインされていますが、究極に精密な情報を必要とする専門家のニーズにも十分に応えることが可能です。


2. inSSIDer

inSSIDerはウィンドウズとMac OS X用WiFiスキャナーです。ポピュラーだったウィンドウズWiFiスキャナーNetStumblerの代替品であり、複数の新しい機能性や改善されたユーザーインタフェースが搭載されています。

inSSIDer

inSSIDerはワイヤレスデバイスからの情報収集、チャンネル選択が最適であることのスポットチェックやその他多くの便利な機能性があります。


3. WiFi Analyzer

WiFi Analyzerはウィンドウ用簡単なWiFiアナライザーです。このアプリの最大の利点は、直接ウィンドウズストアからダウンロードできることです。

WiFi Analyzer

他の二つアプリに比べ、WiFi Analyzerは大変シンプルなアプリであり、あまり特定的なタスクを行わない限り、良いアプリです。


さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください
nsWinImageWhite

ウィンドウズ版ができました!

NetSpotは、周りにあるWiFiネットワークを深くサーベイするため、簡単に使うことができるワイヤレスネットワーク検出器です
無料のWiFiスキャナーアプリをゲットしましょう

次のWi-Fiに関する

その他の記事

今すぐNetSpotでWiFi信号を強化しましょう
標準802.11a / b / g / n / acワイヤレスネットワークアダプタを搭載したMacBook(macOS 10.10以降)またはラップトップ(Windows 7/8/10)で動作します。
★★★★
969名のユーザーのレビューで、4.8のランクを獲得しました。
バージョン2.11 • レビューを書く