192.168.0.1.1 IPデフォルトアドレス


192.168.0.1.1 のようなルーターのIPアドレスは、非常に紛らわしく聞こえるかと思います。お使いのルーターを管理するために、当記事で192.168.0.1.1 などのIPアドレスやそれに類似したアドレスについてと、どのようにそれらを使用しルーターを管理するかをご紹介します。

192.168.0.1.1 IPアドレスとは?


192.168.0.1.1 IPアドレスはプライベートIPアドレスです。全てのIPアドレスは数字とドットで構成されています。145.23.2.5のUPアドレスや192.0.2.1, 255.255.255.0, 、 66.249.79.141.などもこれらにあたります。

お気づきかもしれませんが、 192.168.0.1.1 IIPアドレスは5つの数字で構成されています。192と、168、1、1の数字です。最後の1は無効の数字で、 192.168.0.1.1 Iの場合は有効な数字は192.168.0.1となります。

IPアドレスは、お使いのコンピューターネットワークを確認するために使用され、192.168.0.1も例外なくその数字となります。しかしながら、このIPアドレスはプライベートネットワークをコンピューターに接続するための特殊な数字となります。


プライベートネットワークには、プライベートIPアドレスの必要が不可欠となり、それらは3つのブロックで構成されます。16ビットのブロック、24ビットのブロックがそれらにあたります。192.168.0.1IPアドレスは 前者のブロックを使用します。他にもそれらを使用するIPアドレスは63,535に登り、その範囲は192.168.0.0.から192.168.255.255.になります。

192.168.0.1.1.IPアドレスの目的とは?

192.168.0.1または 192.168.0.1.1 のIPアドレスの目的は、デバイスとプライベートインターネットの個体を確認するために存在しまう。プライベートネットワークは一般邸にオフィスや企業、一般家庭にて使用されています。デバイスをネットワークに接続し、インターネット情報を混同させないために広く使われています。

小規模のビジネスで、社員全員が一つのプリンターにアクセスする場合は、プリンターのパブリックIPアドレスを入手しそれぞれのデバイスが共通してアクセスできるよういにする必要があります(その際にはパスワードがかかっている場合がほとんどです)ただし、パブリックアドレスには非常に多くのリスクがあります。

それらのリスクを解決するのが、プライベートIPアドレスです。同じネットワーク上のデバイスのみがお互いに接続することができます。しかしながら、192.168.0.1 IP アドレス はプリンターには使われず、ルーターのアドレスとなります。全てのルーターにはインターネットのインターフェースがあり、それらが設定の変更を可能または容易にしています。192.168.0.1, 192.168.1.1, または192.168.0.0などのIPアドレスでのアクセスが可能です。

プライベートIPアドレスに関しては、ルーターと同じインターフェース上でない限りルーターへのアクセスはできません。その他にもお使いのルーターのログインIDやパスワードを知っていて、ログイン可能な状態である必要があります。

192.168.0.1 IPアドレスを使い、ルーターにログイン するには

  1. デスクトップまたはノートパソコンを、イーサネットケーブルに接続します。ワイヤレスからの接続が可能なものもありますが非常に稀です。

  2. ウェブブラウザを起動し、 192.168.0.1 に移動します。

192.168.0.1
  1. ウェブブラウザにログイン画面が表示され、ログインIDとパスワードの入力を求められます。

192.168.0.1にログインする
  1. ログイン後は、ルーターのすべての情報にアクセスが可能となります。

もしもパスワードをお忘れの場合は?

もしもログインIDやパスワードをお忘れの場合、"admin"とどちらにも入力するとログインできる初期設定であることがよくあります。他にも初期設定でよくあるログインIDとパスワードの一覧が以下になります:

ユーザー名 パスワード
Comacastビジネスルーター cusadmin highspeed
Comacastルーター admin パスワード
Netgierルーター admin パスワード / 1234
Xfinityホームルーター admin パスワード

その他のルーターのパスワードに関しては ルーターのデフォルトパスワード一覧 をご参照ください。インターネットの初期ログインIDをパスワードを網羅している最大規模のウェブサイトです。

万が一それらをすべてお試しになった上でもログインができない場合は、 インターネット・サービスプロバイダ (ISP)へのおお問い合わせをお勧めします。また、ルーターを工場出荷の状態にリセットすることも有効です。これらのリセットはパスワードやIDもすべてリセットします。方法については以下になります:

  • ルーターの電源が入っていることを確認します。

  • リセットボタンが本体についています。多くの場合背面または側面についています。

  • ペンやクリップなどを使い、ボタンを押し込むのが一般的です。最低でも10秒以上押し続けます。ルーターのランプが消灯し、30秒後ほど電源が切れます。

  • 30秒ほど電源が切れたのを確認したら、リセットボタンから手またはペンなどを離し、すべての電源が戻るまでのあいだ放置します。ルーターのLEDランプがボタンを押す前の状態に点灯が完了したら、電源が戻っていると言えます。

工場出荷の状態に戻す際には、すべてのコンフィギュレーションやパスワード、WiFIネットワーク設定なども全てが初期化されますので、リセットを行う前に再度ご確認ください。

結論

192.168.0.1.1は有効なIPアドレスではなく、正しくは 192.168.0.1 となります。このIPアドレスは多くのルーターとコンピューターネットワークを使用する際に用いられます。IPアドレスとウェブインターフェースが同じでないとアクセスできないので再度ルーターと設定をご確認ください。192.168.0.1などのプライベートIPアドレスはウェブ上からはアクセスできないため、パブリックIPアドレスよりもより安全なセキュリティー環境でご利用いただけます。

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

ワイヤレスルーターのIP:



方法:

NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。