• #1 NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 957 ユーザーレビュー

WiFi電波強度と、その重要性とは?

WiFi電波について、そしてどれがどのような影響を与えるかを詳細にご紹介します。
トップチョイス
  • NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 957 ユーザーレビュー

現在ご家庭でもビジネスでも、WiFi電波を積極的に採用するケースは非常に増えてきました。ワイヤレスネットワークはすべてのユーザー、デバイスに均等に電波を供給することができます。また、ケーブルも必要ないので、場所を選場ないことも好まれている理由です。

WiFiネットワークの利点もさながら、そこには数個の弱点もあります。全てのユーザーに十分な電波を供給できない時などは、チャンネルが重複して電波が妨害されているなどの問題をはらんでいる時があります。

ご自宅用のWiFiネットワークをご利用の際、そのネットワークのアドミニストレーターはご自身になります。ご自分の電波を所有している場合は WiFi電波強度について理解しておく必要があります。使用されているネットワークを把握することは重要です。WiFiの電波についてと、それがどのようにワイヤレスに影響するかの詳細に移ります。

WiFi電波とは?

A ラジオ周波を使ったWiFiネットワーク がデバイス間で使えるようになりました。コンピューター、スマートフォン、タブレットやルーターがこれにあたります。ワイヤレスネットワークルーターはイーサネットケーブルを使ったインターネットをワイヤレスのデバイスに届ける役割を果たします。

ルーターが電波をラジオ周波に変換し、WiFiネットワークとしてインターネットに拡散します。データがラジオ周波とデバイスへのネットワーク供給に変換、分割されてインターネットを届けます。

ラジオ周波はWiFi電波の2.4GHzと5GHzの周波数などが含まれます。高周波であればあるほど、より多くの量のデータを一度に運ぶことができます。

データの変換の際にWiFIは802.11ネットワーク水準を使います。異なったプロトコルからなる数字で、WiFiネットワーキングに使用されます。802.11nは2.4GHzに多く使われ、802.11acは主に5GHzの変換に使われます。また、802.11gや速度の遅い802.11bなどもイラrます。

良いWiFi電波強度とは?

WiFiの電波の強度はネットワークのカバー範囲や、ネットワークを使用した際のプロセスのスピードなどに直接影響します。WiFiを設定する前にどの電波強度がどのユーザーの使用するWiFiに適切かを WiFi電波強度を測ることを行い調査しましょう。

dBmは電波強度を測るもっとも一般的な数値メソッドです。この数値はミリワットで、0から-100で表示されます。そのため、-40は-80や-100よりも強く、0に近い方が強度が強いと定義されます。

dBmの数値は数形ではなく対数となり、すなわちそれは段階的な形式や流動性などを測る数値ではありません。3dBmの違いで、電波の強度は倍にも半数にも変動します。

バックグラウンドノイズのレベルもWiFiのパフォーマンスに影響し、それもdBmで測定されます。ノイズレベルの場合、0に近いほどそれが高いとされます。-10のノイズは、-40のノイズよりも高いということになります。

下記の一覧は、WiFiネットワークの様々な目的で必要な最低電波強度を表します。

電波強度 限定子 適切なユーザー
-30 dBm 優良 この数値は達成可能な電波数値の最高で、どのユーザーにも適切にご利用いただけます。
-50 dBm 優良 すべてのネットワーク使用において優良な電波です。
-65 dBm 非常に良好 スマートフォン、タブレットの使用に適切です。
-67 dBm 非常に良好 IPストリーミングビデオの音声利用に十分な電波強度です。
-70 dBm 使用上問題ありません この電波強度がデータ使用にあたっての最低限の数値です。ネットサーフィンやEメールの使用が問題なく可能です。
-80 dBm 不良 最低限の操作はできますが、適切な動作が行えず安定さに欠けます。
-90 dBm 非常に不良 ノイズがすべての機能を妨害しています。
-100 dBm 最低 ノイズのみの状態です。

WiFi電波強度に影響を与えるものとは?

いくつかの要素がお使いのWiFi電波のネットワークに影響を与えます。以下の要素が主要となります:

ルーターの置き場所

ルーターの置き場所はすべての電波を届ける際に影響を及ぼします。以下の事項も影響を与えます:

  • ルーターの置き場所の高さールーターはなるべく高い場所に設置します。床に直接置いたり、低い位置に置いたりすると電波の強度に悪影響を及ぼします。

  • 置き場所が中心であることー 最高のWiFiカバー範囲を発揮できる場所を把握し、ご自宅やオフィスで電波を届けたい範囲の中心部にルーターを設置します。家の隅などにルーターを設置すると、不要な外部に電波がもれ、必要な範囲への電波の供給に影響を及ぼしm酢。

  • 他のデバイスの電波妨害ーコードレスフォンや電子レンジなども、WiFiルーターの周波帯に影響を及ぼします。バックグラウンドノイズは電波強度に悪影響を与える要素です。

  • 壁や床の妨害ー最高のWiFi電波は障害物のない場所で発揮できます。壁や床を通り抜けないと届かない電波は、そのパフォーマンスに悪影響を及ぼします。

ルーターを最新の状態にする

ルーターのファームウェアアップデートを常に最新にし、最大限に稼働できるようにしましょう。定期的にルーターを再起動させるのも効果的です。

ルーターからの距離

ゲームやストリーミングなどに使うデバイスは、ルーターの近くで使用すると効果がより良く発揮されいます。遠くでのご使用が必要な場合は、 WiFiカバー範囲の拡大を適切な装置をご用意した上で行うことも効果的です。

WiFi電波強度のテスト方法

WiFi電波の強度を測るには、WiFI電波強度を測る NetSpot のようなアプリを使い測定します。高品質の WiFiアナライザーをインストールすることで、お使いの携帯やパソコンからすべての範囲で WiFi電波の強度のテストが可能です。ご利用方法は以下となります。

  1. NetSpotのアプリをWindowsまたはMacBookのコンピューターからインストールします。WiFi電波強度を測るだけでしたら、無料版で十分に行えます。

  2. アプリを起動し、アプリのメインウィンドウの上にある調査モードを選択します。

NetSpotの調査モード
  1. お使いのWiFiネットワークとその周囲のネットワークを探知します。

  2. 電波強度を含む、ネットワーク分析の数値がご覧いただけます。

  3. 測定場所の電波強度をチェックし、電波をカバーさせたい他の範囲までNetSpotを起動させたまま移動します。

  4. WiFI電波強度を範囲別で数値化させ、どこでどの程度電波が効果的に作動しているかを調査します。お使いの範囲の中でも電波に問題があるエリアも特定することが可能です。

だから、私たちのおすすめです。
NetSpot
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。
  • 4.8
  • 957 ユーザーレビュー
  • #1
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング

  • 500K
  • ユーザー
  • 6
  • クロスプラットフォーム
  • Mac/Windows

WiFiの強度は、使用目的にもよりますが大きな影響を与えます。電波の強度を把握して、デバイスの種類や目的に応じてWiFiネットワークのパフォーマンスを調整できるようにしておくことが非常に重要です。

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

WiFiについての全てを次でお話しします。

WiFiについてもっと深くご存知になりたい場合、WiFiセキュリティーについて、ワイヤレスネットワークの最高のアプリについて、フライトでのWiFiについてなどをチェックしてみてください。

その他の記事

NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。