WiFiが遅い:その理由と解決方法



インターネットは、素晴らしい富、感覚と魅力がいっぱいの神秘的な場所です。しかし、WiFi接続が遅い場合、その神秘的な場所の検索が苦痛になります。幸運に、遅いWiFiを直す方法があり、この記事ではそれらの方法を検証していきます。



NetSpot WiFiスピードテストonline

インターネットスピードを測る

インターネットのスピードテストを行って、最高のWiFiスピードを手に入れましょう。
NetSpot

NetSpotで完璧なWiFiスピードを手に入れましょう。

まともなインターネットのコネクションで満足するより、NetSpotを使ってきちんと速いWiFiを手に入れましょう。

なぜWiFiが遅いのか?



WiFiを遅くする理由を理解するには、WiFiが実際何であるかを理解する必要があります。基本的に、WiFiは、インターネット対応デバイスが空気を通してインターネットに接続を可能にする技術です。WiFiネットワークは、ワイヤレスルーター. を使って設置されます。しかし、全てのワイヤレスルーターが同じWiFiネットワークを作り出すとは限りません。


WiFi基準

古いワイヤレスルーターはワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)、で2003年1月から市場基準として毎秒54ビットの通信速度で使用されてきた802.11gなどのパソコン通信だけに対応できる仕様になっているものがあります。

最新のワイヤレスルーターは802.11n(2.4GHzと5GHzの両周波数で最大毎秒600Mbitの通信速度を可能)や802.11ac(最大毎秒1Gbitの通信速度)の基準に対応しています。


ご覧の様に、古いワイヤレスルーターから大変速いWiFiスピードを期待することは理性的ではありません。同様に、最新のワイヤレスルーターがあっても、パソコン通信用の近代のWLAN基準に対応していない古い電子機器を使用している場合、速いWiFi速度を求めることも理性的ではありません。

ワイヤレスルーターが古い場合、新しいモデルに買い替えることを検討する必要があります。ここにご紹介する遅いWiFiを直す方法は、古いルーターでも試すことは出来ますが、ルーター自体が遅い場合、目立った違いを得る可能性は低いです。

現在お使いのワイヤレスルーターを買い替えるべきであるかを判定するため、Macとウィンドウズようワイヤレスネットワーク サイトサーベイ アプリのNetSpotをダウンロードして使用することをオススメします。

  1. NetSpotを開く
  2. 新しいサイトサーベイを開始する。
  3. ワイヤレスルーターが送信しているWiFiネットワークを選択する。

NetSpotは ワイヤレスネットワーク速度, を正確に測定します。その方法はランダムなサーバーに依頼を送信して、その送受信にかかる時間を測定します。その結果、アップロードレート、ダウンロードレートとワイヤレス送受信レートなどの得られた情報を基に、ワイヤレスルーターの買い替え時期などの判定を下すことができます。


使用方法

全てのWiFiネットワークはまるで隠されたパーティ会場のようなものです。一人でWiFiネットワークを使っている場合、あらゆる作業を行い、ネットワークをフルに活用できます。適切な人数の数であれば、みんなが他の人の妨げになることなく、十分楽しむことができるでしょう。しかし、大人数になった場合、ネットワークが混雑し、楽しめるオプションも大幅に制限されます。

隠されたパーティ会場の総容量は主にインターネット接続と使用しているWLANパソコン通信の仕様の種類によります。光ファイバーインターネットを使用するため料金をお支払いしている場合、ブロードバンドインターネットサービスより速い速度を期待できます。

多くのWiFiネットワークに見られる問題点は、他のネットワークと同じパーティ会場に設置されている点です。WiFi信号は、2.4 GHz、3.6 GHz、4.9 GHz、5 GHzと5.9 GHzの五つの異なった周波数レンジで送信されています。この五つの各レンジは複数のチャンネルに分散されていますが、チャンネルが重なることもあります。

実際、自分とお隣さんのワイヤレスルーターがそれぞれ2.4GHzの周波数で最初のWiFiチャンネルからWiFi信号を通信している場合、同じパーティ会場に二つの異なるパーティが同時に開催されていることになります。

NetSpot Discover Mode

プロフェッショナルワイヤレス分析アプリであるNetSpotは、近隣の全てのWiFiネットワークを検索して、あなたのWiFiネットワークの妨げになっているネットワークを割り出すことのお手伝いができます。ディスカバーモードでは、NetSpotは周りのWiFiネットワークの情報を接続して、そのワイヤレスデータをインタラクティブな表で提示します。

NetSpotは2.4と5GHz周波数両方に対応しているため、最も混雑しているチャンネルや最も空いてるチャンネルの割り出しを簡単に行います。


範囲

全ての信号同様、WiFi信号のレンジは限られています。デバイスは、ワイヤレスルーターから距離があっても良い 信号の強度, を受信することは可能であるが、それには複数の要因があり、ルーター自体もその一つの要因です。

低価格のルーターのアンテナは弱く、内蔵されていることは多いですが、高価格のルーターの場合、アンテナはかなりパワフルな物が付いていることが多いです。さらに、高価格のルーターは、マルチパス伝搬を活用し同じ周波数チャンネルで一つ以上のデータ信号の送受信が可能なMIMO(multiple-input and multiple-output)技術に対応しています。

MIMOは方向性のある信号の送受信を可能にする信号処理技術のビームフォオーミイングと一緒に使われることがよくあります。言い換えると、ビームフォーミングに対応しているワイヤレスルーターの場合、ルーターは信号を最も必要にしているデバイスに集中することができ、結果として長い送受信レンジと最大送受信速度が速くなります。

しかし、最先端のルーターでさえ送受信できるレンジにある程度の制限があります。さらに、レンジ内に固定物や大きな金属機器がある場合、その制限がさらに拡大する恐れがあります。

このため、歩きながらマップで自分の位置のマーキングしNetSpotに数秒間を与えデータサンプルの収集から WiFi信号強度 を可視化するNetSpotのサーベイモードを使用することをお勧めします。使用するに当たり、NetSpotを開いて、サーベイボタンをクリックします。

NetSpot Survey Mode

それからサーベイを行いたいエリアのマップを作成又はアップロードして、NetSpotの指示に従っていきます。サーベイが完了したら、ワイヤレスルーターのレンジを確実に把握でき、遅いWiFiを直す方法が明確にわかります。


さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください
nsWinImageWhite

ウィンドウズ版ができました!

NetSpotは、周りにあるWiFiネットワークを深くサーベイするため、簡単に使うことができるワイヤレスネットワーク検出器です
無料のWiFiスキャナーアプリをゲットしましょう

次のWi-Fiに関する

今すぐNetSpotでWiFi信号を強化しましょう
標準802.11a / b / g / n / acワイヤレスネットワークアダプタを搭載したMacBook(macOS 10.10以降)またはラップトップ(Windows 7/8/10)で動作します。
★★★★
957名のユーザーのレビューで、4.8のランクを獲得しました。
バージョン2.10 • レビューを書く