NetSpotによるWiFiスピードテスト

高速ワイヤレスインターネットアクセスの料金を払っているにも関わらず、その速度を使えなければ、イライラすることがあります。ほとんどの場合、このよくある問題は、素早くかつ簡単に解決できますが — 正しいツールが必要になります。NetSpotは業界が誇るワイヤレスサイトサーベイ、WiFiネットワーク分析、やトラブルシューティング可能なMac OS Xとウィンドウズ対応のアプリです。NetSpotを使って、WiFiスピードチェックを行い、弱い信号のエリアや強い妨害物などを発見できます。

WiFiスピードテストの仕組みとは


オンラインWiFiスピードテストは一般的に、レイテンシー、ダウンロードスピードとアップロードスピードを測定します。これらの全ての項目は、インターネット接続のパフォーマンスに影響を与えます。

レイテンシー、又はピンは、ウェブブラウザー、音楽ストリーミングアプリやオペレーティングシステムから送ったリクエストにサーバーが返答する時間のことです。レイテンシーはミリ秒単位で測定し、40-70ms以上であれば、時間がかかり過ぎていると思われます。YouTubeのオンライン動画を見ている場合、ブラウザーが滑らかな市長ができるよう、動画の一部をプレロードするため、レイテンシーが高くても、あまり気付くことはありません。しかし、オンラインゲームをしている際、数ミリ秒の遅延で勝負が決まることもあるため、重要になってきます。

ダウンロードとアップロードスピードはその名の通りであり、完全に分かることは滅多にないです。WiFiスピードテストを使って、WiFiスピードを調べる際、クライアント(普通はウェブブラウザー)は複数の接続接点を確立して、データの送受信を行います。リアルタイム転送スピードを使用することで実際のダウンロードやアップロードスピードを計算することができます。

問題は、これらのテストの正確性は様々な要因により左右されます:

  • ネットワークアクティビティー – ご存知のように、2160pの動画をYouTubeでストリーミングしている最中に大きなLinuxディストリビューションはあまり楽しくありません。このような極端な状況にしないでも、オンラインWiFiスピードテストの正確性に影響を与えることができます。バックグラウンドのシステムプロセスが使用状況レポートをインタネットで送信され、友達がSkype又はTelegramであなたに連絡したら、自動的にアップデートなどが始まることもあり得ます。

  • 信号の強度 – ルーターの場所に近ければ近いほど、WiFiスピードが上がるでしょう。しかし、一定の場所にいても、WiFi信号の強度が変動することを体験するでしょう。これは、天候の変更、ドアや窓の開け閉め、周辺にある他のWiFiネットワークやその他のことにより影響されていることを意味します。

  • 使用状況の頂点 – 同じ場所でWiFiスピードテストサービスを活用する場合、午前3時と午後2時の結果が変動することの心構えが必要になります。これらのテストなどを使用している人数は少なくなく、テストなどをホストしているサーバーの容量に限度があるからです。

NetSpotでWiFiスピードをテストする方法


NetSpotのアクティブスキャニング機能性は、即時にWiFiスピードの測定を可能にします。アクティブスキャニングはアップロードレート、ダウンロードレートとワイヤレス送信レートをHTTP、TCP又はUDP経由で測定します。これらは設定メニューから定めることができます。オンラインWiFiスピードテストとは異なり、NetSpotはアップロードやダウンロードするデータのKB数を定めることを可能にします。これにより、早いスピードテストや詳細なワイヤレススピート測定を行うことができます。接続をテストするボタンを押して設定を確認し、新しいWiFiエリアサーペイプロジェクトを始めることができます。マップをロードし、「接続されたネットワークのアクティブスキャニングを有効にする」を選択し、スキャンを行います。アクティブスキャンインジケーターが表示され、スキャンが進行中であることを示します。スキャンが終了したら、数多くの便利な可視化で結果を分析することが可能になります。詳しくは、このガイドをごらんください

WiFiスピードを上げる方法


WiFi速度を知ることはまだ道半分です。WiFiスピードを上げる方法を知ることも重要になってきます。ルーターを異なる部屋にランダムで配置することやアンテナーの角度を調整することで驚きの結果を得ることができますが、行動を有効にする実際のデータが必要になります。

NetSpotはネットワークのヒートマップ作成を手伝い、弱い信号や多くの妨害があるエリアの発見を可能にします。スライダーをサーベイモードにスイッチして、周辺マップをロード又は作成し、あとはNetSpotに任せます。

周辺エリアのマッピングが終了してから、最も弱い信号のエリアは青や紫で表示され、最も強い信号のエリアは緑で表示されます。信号対ノイズ比ヒートマップなどは信号ノイズのソースを確定することに手伝います。ノイズの原因は家電製品、電気ケーブル、蛍光灯やスマートフォンであることはよくあります。

ノイズが原因でないことがわかれば、より良いレンジのルーターやワイヤレスリピーターが必要になる可能性があります。WiFiルーターにより、後からアンテナーの装備が可能になるものもあります。その反面、ある一定の場所のみ、信号が弱い場合、そこには強い妨害があることを発見できたでしょう。NetSpotのヒートマップを使って確認し、それに合わせて行動してください。

詳細なエリアマッピング以外、NetSpotはワイヤレスネットワーク信号の査定も行うことができます。ディスカバーモードは周辺エリアの全てのワイヤレスネットワークのスナップショットをとり、同じチャンネルを使用しているネットワークの数、それらのセキュリティ状況やその他多くの便利な情報を可視化します。個別ネットワークを拡張してさらなる詳細を表示するかデータをスプレットシートにエクスポートすることができます。

NetSpotは多目的でプロフェショナルなWiFi分析とトラブルーシュティンぐツールであり、経験あるユーザーやビギナー両方が使用できます。モダンなユーザーインタフェースは自明であり、簡単かつフルにソフトウェアを活用することが可能です。


さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください

ウィンドウズ版ができました!

NetSpotはWiFiネットワークの分析、最適化と問題いのトラブルシュートの手助けを行います。
無料のWiFiアナライザーアプリをゲットしましょう

NetSpotをワイヤレスアナライザーとして


その他の記事

今すぐNetSpotでWiFi信号を強化しましょう
標準802.11a/b/g/n/ac
ワイヤレスネットワークアダプター(AirPortに対応)のMacBookで作動します。