• #1 NetSpot
  • WiFiスペクトラムアナライザー
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

WiFiスペクトラムアナライザーと、その使用目的とは?

WiFiネットワークは常に限られたスペースの中でシェアされており、それぞれの干渉がパフォーマンスの低下につながります。
トップチョイス
  • NetSpot
  • WiFiスペクトラムアナライザー
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
WiFiを最も効果的に使用したい場合は、NetSpotのようなWiFiスペクトラム分析のできるアプリを使用し、分析、改善を行ないましょう。

WiFiスペクトラム分析とは?

WiFiスペクトラム分析は特定の場所でのWiFi電波の強度を測定するプロセスです。WiFiスペクトラム分析は一般的に電波に悪影響を与える干渉物を見つけ出し取り除くために使用されます。

WiFiネットワークは2.4GHzまたは5GHzの周波帯で飛散されており、どちらの周波帯も複数のチャンネルに分けられ、電波の周波数の棲み分けが行なわれています。

理想としては1つのチャンネルに2つ以上のネットワークが存在していないことが最も効果的ですが、現在IoT(Internet of Things)の増量により、回線の混雑が頻繁に起こるため難しくなっています。

また、他のWiFiネットワークだけが電波を干渉し悪影響を与えているのではなく、電子レンジ、Bluetoothを発する家電、車のアラーム、ワイヤレスのCCTVカメラやコードレス電話といった家電製品の電磁波も干渉の原因となります。

WiFiスペクトラム分析なしには、どの電波がWiFiを妨害しているかの特定が困難となります。現在はNetSpotのような高性能なWiFiスペクトラムアナライザーが多数出回っており、ITに詳しくない方でも簡単に操作ができるためこれらの問題はご自身で簡単に改善することが可能となりました。

スペクトラム分析が必要な時とは?

WiFiスペクトラム分析はWiFiを使用する環境でしたらいつでも計測の価値があります。設置をする際にもその場所でどのような電波の妨害が予測されるかを検知できたり、使用中の電波の妨害が他のWiFiネットワークなのか、Bluetoothデバイスなのか、家電製品の電磁波なのかを特定することも可能です。

WiFi周波数バンドとチャンネルを設定し、再度WiFiスペクトラムを分析し、新しい接続環境における新しい干渉物は何かを再度分析することを推奨します。

分析のプロセスは一見複雑で時間のかかる作業のように見えますが、NetSpotのようなワイヤレススペクトラムアナライザーがあれば簡単に素早く分析を行なうことができます。次の章ではワイヤレススペクトラムアナライザーの選び方と、私たちのお勧めのNetSpotについて紹介します。MacOSとWindowsどちらにも対応しています。

どのWiFiスペクトラムアナライザーを使用するべきでしょうか?

良いWiFiスペクトラムアナライザーは、ある一定の条件を満たしています。まずは、2.4GHzと5GHzのどちらの全ての電波に対応していること、可能であればすべての802.11ネットワークに対応しているものがお勧めです。

802.11テクノロジーはMAC(Media Access Control)とPHY(Physical LaYer)をローカルエリアネットワークに使用しています。802.11にも複数の種類のプロトコルがありますが、現在では以下の3つか最も一般的です。

  • 802.11g: 2.4GHzを使用し、54Mbit/秒のスループットを持ちます。802.11gのハードウェアは過去の802.11である802.11bバージョンへの交代互換性を持ち合わせています。802.11gは2.4GHzの周波数を使用しており、802.11bで非常に混雑している状態のため苦戦がしいられています。

  • 802.11n:2.4GHzまたは5GHzを使用し、500Mbit/秒のスループットを持ちます。802.11nは複数のアンテナを使用(MIMO- Multiple Input and Multiple Output)しデータの転送量を増強しました。802.11nはチャンネルの範囲が20MHzから40MHzとなり、混雑した2.4GHzの周波帯で倍以上のデータ転送が可能となりました。

  • 802.11ac: 2008年から2013年までを開発に費やし、2013年の12月にIEEEスタンダード連盟により発表されました。802.11acはマルチステーションスルーアウトでは最低でも1Gbit/秒を実現し、シングルリンクスループットでは最低でも500Mbit/秒を実現しました。チャンネルも160MHzまで拡大され、より向上したMIMO(最大8アンテナまで)とダウンリンクマルチユーザーMIMO(最大4つまで)がご利用いただけます。

最新の802.11のプロトコルの他にも、良いRFスペクトラムアナライザーはセキュリティーの設定も確認できるはずです。セキュリティー設定で最も一般的なプロトコルはWEP、WPA、WPA2の3つです。

  • WEP: 1997年に発表されたWEP(Wired Equivalent Privacy)はIEEE 802.11ワイヤレスネットワークのセキュリティアルゴリズムです。まだまだ多くのネットワークがWEPを利用していますが、このプロトコルではすでにハッキング対策には効果がありません。

  • WEA: WiFi Protected Accessの略であるWPAはWiFiアライアンスがWEPに取って代わるセキュリティープロトコルとして開発し、2003年にリリースされました。WPAではWEPのCRC(Cyclic Redundancy Check)セキュティーに代わり、データパケットを転送して個人情報に攻撃するハッキングを防ぐメッセージインテグリティチェックが採用されています。

  • WPA2:まだ完全なセキュリティーとは言えませんが、WPA2が現在最も一般的かつ強力なWiFiセキュリティープロトコル、セキュリティーの承認プログラムです。AESベースのエンクリプションモードとCCPM(Counter mode Cipher block chaining Message aurthetification code Protocol)へのサポートに対応しています。2018年1月には、WiFiアライアンスがWPA2に変わってWPA3を発表しました。WPA3が対応するにはデバイスの普及も伴なるのでまだ先のことと言えるでしょう。


NetSpotは全ての802.11プロトコルとWiFiセキュリティー のすべてに対応しているだけでなく、電波の強度や場所による強弱などを視覚化した全体的なWiFiの調査がご利用いただけます。NetSpotではディスカバーモードという身の回りのWiFiネットワークの詳細を素早くリスト化するスキャンもご利用いただけます。

NetSpotディスカバーモード
NetSpotディスカバーモード

NetSpotはMacOSとWindowsどちらでもご利用いただけます。無料でご利用いただけ、この人気アプリを使えばどれだけ知られていない電波の妨害があるかを洗い出し、改善し、ワイヤレスネットワークを最大限に活用することが可能となります。

だから、私たちのおすすめです。
NetSpot
WiFiアナライザーアプリは、標準の802.11a/b/g/n/acワイヤレスネットワークアダプタ搭載のMacBook(macOS 10.10+)またはその他コンピューター(Windows7/8/10)対応。
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
  • #1
  • WiFiアナライザーアプリ

  • 500K
  • ユーザー
  • 6
  • クロスプラットフォーム
  • Mac/Windows

結論

正しいアプリケーションを使用すればWiFiネットワークの干渉や妨害がどのように行なわれ、改善することが可能かを知ることができます。近年のWiFiスペクトラムアナライザーは非常に優れているので、WindowsとMacのどちらでも、初心者でも簡単にご利用いただけます。

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

Wi-Fi分析に置ける次の段階

WiFiについてもっとご存知になりたい場合は、以下の記事をぜひお読みください。WiFiルーターについて、ワイヤレスネットワークに最高のアプリについて、WiFiの電波についてなどを揃えています。

その他の記事

NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。