• #1 NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

無線周波(RF)干渉:WiFiの天敵

WiFiの問題の中でも最も一般的かつ重要な点として、RFインターフェースとその対策を知っておくことが大切です。
トップチョイス
  • NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
深刻なRF干渉は、WiFiネットワークの機能を著しく低下させ、ユーザーの皆様の満足するパフォーマンスを全く出せなくなってしまいます。

RFインターフェース(無線周波干渉)とは?

無線周波干渉とは、WiFi電波周波(主に2.4GHzと5GHz)のスペクトラム内に余計な電波が入り込み電波を阻害してしまうことです。家電製品や、お使いのWiFiネットワーク以外のネットワークによる電波干渉が一般的です。

RFインターフェースのせいで、WiFiアクセスポイントからの電波の転送が不十分だったり、電波のパフォーマンスの低下を招いたりします。

WiFの設置を行なう上で、RFインターフェースを積極的に取り除いてゆくことは非常に重要です。代表的な種類は以下となります。

RFインターフェースの原因とは?

RFインターフェースの中で最も一般的な原因とは:

RFインターフェーススキャナーを利用すると、重複していないチャンネルの割り出しが可能となります
  • 他の強力なWiFi電波:WiFi電波の多くは2.4GHzの周波帯を使用しています。その中でもチャンネルが複数に分かれいますが、電波が重複していないチャンネルはたったの3つだけです。WiFiの電波が2つ以上同一のチャンネルに存在していると、同一チャンネル同士のインターフェースが発生してしまいます。WiFiネットワークの電波が2つ以上隣接したチャンネルに存在していると、隣接チャンネルのインターフェースが発生します。どちらもWiFi電波の干渉となります。RFインターフェーススキャナーを利用すると、重複していないチャンネルの割り出しが可能となります。
  • 電子レンジ:すべての電子レンジがWiFiの阻害をするわけではありませんが、種類によっては最大24フィートまでの2.4GHzの電波を全て飲み込んでしまう場合もあります。電子レンジの電波阻害は使用中に主に見られるため、性能の良いインターフェース検知器を使用してもうまく見つからない場合があります。また、WiFiルーターを電子レンジの近くに置かないことは、対策の基本となります。
  • 子機、コードレス電話:コードレスの電話のほとんどは900MHz、2.4GHz、5GHzのうちの周波数のどれかとなり、2.4GHzのコードレス電話は最も一般的な周波数となります。携帯電話やインターネット電話の普及とともにコードレスの電話そのものの数は非常に減少していますが、コードレス電話の電波に与える影響は大きいと言えるでしょう。
  • Bluetoothを使用するデバイス:コードレス電話とは対照的に、Bluetoothを使用するデバイスは非常に多く普及しています。スマートホームなどの構想でこれからもより増えてゆくこととなるでしょう。Bluetoothを使用して、ヘッドフォン、スピーカー、スマートフォンやタブレットと連携した健康器具なども登場しています。Bluetoothデバイスは2.4GHz周波数、802.11(特に2.4HJz、802.11b以降)が使用されています。

RFインターフェースには、ビデオカメラ、ベビーモニター、電力線、電車の線路、GPSなどのデバイスからの電波も含まれます。

RFインターフェースを減少&除外する方法とは?

RFインターフェースの削減は、原因を知るだけでなくRFインターフェースを検知するソフトウェアの使用も必要となります。

WiFiの設備の製造元はWiFiのチャンネルを切り替えるだけでRFインターフェースを防げると助言しています。周波数が干渉していないWiFiのチャンネルは2.4GHzの中ではたったの3つしかありません。

WiFiのチャンネルの変更は他のWiFiのネットワークからの干渉を防ぐだけにすぎません、完璧なパフォーマンスを発揮するためにも、他のRFインターフェースを対策する必要があります。電波ノイズ率(SNR)の改善は電波の背景にあるノイズを除去し改善を行ないます。

RFインターフェースの元となる物質を取り除く

SNRの改善方法は大きく2つあります:インターフェースの数値を減らすか、電波の強度をあげることです。上記のRFインターフェース要素をなるべく取り除くか、周波帯を5GHzに切り替えるのが効果的です。周波帯の切り替えは電波の強度と距離の利点を選択することとなります。

どの対策をとるにしても、RFインターフェーススキャナーを使って情報を集め、どの方法で問題を改善して行くかを調べることはとても重要となります。RFインターフェースを正しく計測できるツールを使用しましょう。

NetSpotでRFインターフェースを測定する方法

NetSpotは、MacOSとWindowsに対応したWiFiインターフェーススキャナーです。プロのWiFIエンジニアも使用する高度な品質と、ホームユーザーでも使える簡単さを兼ね備え、設定のマネジメント、視覚化、トラブルシューティングなどWiFiネットワークの展開に必要な計画のお手伝いをいたします。

15種類をも超えるヒートマップと、可視化された分析結果や、電波ノイズ率(MacOSのみ対応)、電波インターフェース率、電波レベル、アクセスポイントの強度、ノイズ率(MacOSのみ対応)、周波帯のカバー率、PHYモードのカバー率、ワイヤレス転送レートなど多数のレポートやWiFiのトラブルシューティングを行うことができます。

ヒートマップで可視化を行なう

NetSpotの可視化機能で、RFインターフェースの原因と電波の弱い場所の探知が非常に簡単になりました。また、死角の検知や、RFインターフェースの除去に必要な装置や方法に対して明確な解析も提供します。

だから、私たちのおすすめです。
NetSpot
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
  • #1
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング

  • 500K
  • ユーザー
  • 6
  • クロスプラットフォーム
  • Mac/Windows

ヒートマップの可視化機能の他にも、NetSpotはRFインターフェース検知のソフトウェアソリューションの中でも抜群の機能を兼ね備えています。企業向けに建物に合わせたカスタマイズ調査を行ったり、複数の調査エリアのデータを共有したり、複数階ある建物の装置の装着場所を計算などが可能です。調査エリアの地図も編集が可能。調査結果は自動で保存されます。



NetSpotはMacOS10.10+またはWindows7/8/10、802.11a/b/g/n/acのワイヤレススタンダードに対応した全てのコンピューターでご利用いただけます。NetSpotがあればRFインターフェースの問題が簡単に解決出来ます。全機能を兼ね備えたNetSpot PRO版のご購入前に、まずは無料でお試しすることも可能です。

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

WiFiについての全てを次でお話しします。

WiFiについてもっと深くご存知になりたい場合、WiFiセキュリティーについて、ワイヤレスネットワークの最高のアプリについて、フライトでのWiFiについてなどをチェックしてみてください。
NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。