• #1 NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

最も効果的なWiFiカバー範囲を手に入れるには?

WiFiの強力な電波をどのデバイスでもお楽しみいただくことは非常に重要です。会議室でお客さんがネットワークにアクセスする、お子様がリビングやお部屋でオンラインを使用した宿題を行うなど、さまざまな状況で強力なWiFiの電波は非常に重要となります。
トップチョイス
  • NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

最も効率よくWiFiのカバー範囲を手に入れるためにも、NetSpotのようなアプリを使用しどのように電波を拡張、強化するかを分析することは非常に役に立つと言えるでしょう。

にジャンプ...


WiFiカバー範囲の分析

情報を収集することは最も大切なことです。物事を開始する前に計画を立てるのと同じく、どのような方法や道具を使いどのように進めていくかを考慮しましょう。

最高のWiFiカバー範囲を実現させるには、現在のWiFiカバー範囲がどのようになっているのか、どこの電波が良好か、そしてどこまで電波が届いているかを知ることが重要です。それらの調査にはWIFiアナライザーが必要となります。WiFiアナライザーは全てのWiFiネットワークのカバー範囲の分析が可能です。

データをネットワークに転送する際のスピードや、WiFiの電波の強度などの計測が可能です。高度なWiFiアナライザーはスピードだけではなく、電波の周波数や強弱、ノイズ率、他の電波との比較などのデータが利用できます。

データの”統計”結果からの分析というと難しく聞こえますが、高度なWiFiアナライザーはそれらを図に表示し非常にわかりやすく解析します。マップ上に情報が統括され、理解も簡単です。

NetSpotが非常に役立つ理由がこちらです。MacOS XとWindows、Androidデバイスに対応したWiFiアナライザーです。NetSpotは簡単な設定なのに誰でも簡単に理解ができる非常に役立つ情報を集め、提供してくれます。NetSpotに登録しているユーザーは、その情報を元にヒートマップを作成することも可能です。

NetSpotにてWiFiの位置別強度を計測するため同じ写真を違う場所からアップロードすると、NetSpotが全ての位置からの電波の強度を解析します。この解析により、電波の強い場所と電波強度の改善が必要な場所が一目でわかります。

スマートフォンまたはタブレットを使用し、WiFiネットワークの調査を行いたい場所をくまなく移動します。これにより特定の位置と時間を分析した電波強度の計測データがスキャンされ、ネットワークのそれぞれの場所別の強度を比較することができます。

NetSpotはWiFiアナライザーです
NetSpotはWiFiアナライザーです

WiFiアナライザーアプリの詳細はこちら:

WiFiに起こりがちな問題、トラブルとその解決方法について

WiFiネットワークが思うように動いてくれないことはよくあります。デバイスに接続ができない、他のデバイスに比べパソコンの接続が遅いなどといった問題が発生することもあるでしょう。WiFiアナライザーを使用して、それらの問題の洗い出しと改善を行うことが可能です。

WiFiの問題に対するトラブルシューティングとは:

  • デバイスドライバーが最新のものであるかを確認またはアップデートし、お使いのパソコンがWiFIにきちんと対応できているかを確認します。修正などが入るためソフトウェアのアップデートを行うに越したことはありません。新しいデバイスドライバーはWiFiのネットワークとデバイスの接続をより効果的にさせる役割も果たします。

  • WiFiのハードウェアを交換します。USB WiFiアダプターを使用すると、接続の調子がよくない状況が発生する、またはUSBポートそのもに問題がある可能性があります。また、USBの別の差し込み口を使うなどといった行為でも改善することが期待されています。問題が生じている可能性のあるデバイスを変えることでWiFiの電波状況が大幅に改善することがあります。

  • 電波ノイズ比率:同じ場所に多くのWiFiが入り乱れているほど、電波とデバイスをつなぐ際のノイズが大きくなり接続に悪影響を及ぼします。WiFiの電波はチャンネルごとに分かれており、複数の電波が同じチャンネルに存在している状況は、人ごみの中で会話をするような状態と同じような状況なのです。WiFiネットワークの設定を変更しチャンネルを変更することでノイズを減らし電波の状況を改善させます。

  • デバイスの重複:Bluehtoothを発するデバイスからも電波の周波数に影響が及ぶ場合があります。Playstation 4のBluetoothコントローラーを接続している時に2.4GHzでコンピューターを操作していると、WiFiネットワークの接続状況が悪くなることがあります。

WiFiの問題のトラブルシューティング
WiFiの問題のトラブルシューティング

電波とノイズの関連性を調べたり、チャンネルを変更したり、その他お役立ち情報をご覧になりたい場合は、NetSpotを利用してWiFiがどのような状況にあるのかを調べ、WiFiの問題をトラブルシューティングしましょう。問題の特定から、解決までをワンストップで行うことが可能です。


WiFiブースター/エクステンダー

WiFiの電波を強化として、WiFiブースターやWiFiエクステンダーを使用してネットワークの範囲を拡大することが可能です。

WiFiブースターは主に2つの種類に分かれています:

  • リピーター。リピーターはWiFiのネットワークの元の電波をルーターから拾い、さらに遠くの範囲まで転送する役割を持っています。手紙を郵便局に持ってゆき、同じ手紙が受取人に届くような仕組みが電波の上で行われています。

  • メッシュ。メッシュネットワークは複数のデバイスが同じ電波情報を互いに通信し合っている状態です。1つの電波を渡し合っているのではなく、全てのデバイスがそれぞれ電波を持っておりお互いに好感を行っているような状態です。メッシュネットワークはそれぞれのデバイスが電波を所有しているため、メインルーターとそれぞれのデバイスでの電波の強度が一定に保たれており、WiFiのネットワークが強化されます。GoogleもこのWiFiシステムを採用しています。

WiFiブースターをどこに置けば効率よくネットワークが拡散されるかは大きな疑問かと思います。直感に頼るのもありですが、NetSpotの電波の強弱マップを使えば、ご利用のエリアのWiFi電波の場所別の強度が一目でわかります。NetSpotは電波の弱い部分やノイズの多い部分を探し出すこともでき、どこにブースターをおけばWiFiが広範囲で利用できるかが簡単に調査可能です

WiFiのブースト方法

電波の弱いところを確認したら、その場所に電波が届くようにWiFiをブーストさせましょう。下記のリンクに重要な項目がまとめてあります。また、NetSpotは電波を拡大するべき場所を探知するのに欠かせないツールです。WiFiメッシュや拡張装置を直感で置いて機能するかを確認するよりも、分析を見た上で適切な場所を選ぶ方がより効果的と言えるでしょう。

NetSpotを使用すると、メッシュネットワークデバイスやその他拡張装置を設置した前後の違いを分析することができます。ルーターと異なる場所に、ルーターのようなWiFiネットワーク設定を置くことができます。

新しい拡張装置を置く前は、必ずデバイスドライバーのアップデートを行いましょう。ルーターの場所を変えた際には、NetSpotでどのような変化が前後で起きたかを確認しましょう。WiFiネットワークのカバー範囲を最大限にいかすには、NetSpotのような専用アプリを使い、WiFiの効果を最大限に発揮できるための必要な情報を収集した上で行うと違いを実感できます。

だから、私たちのおすすめです。
NetSpot
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
  • #1
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング

  • 500K
  • ユーザー
  • 6
  • クロスプラットフォーム
  • Mac/Windows
質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

WiFiについての全てを次でお話しします。

WiFiについてもっと深くご存知になりたい場合、WiFiセキュリティーについて、ワイヤレスネットワークの最高のアプリについて、フライトでのWiFiについてなどをチェックしてみてください。

その他の記事

NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。