• #1 NetSpot
  • WiFi電波強度の測定に最も適したアプリとは
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

NetSpotでWi-Fi信号の強度を測定する方法

WiFi電波強度はワイヤレス接続のスピードにおいて非常に重要な要素です。WiFi電波の強度が十分でないと、遅く、不安定な接続となってしまいます。
トップチョイス
  • NetSpot
  • WiFi電波強度メーター
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
電波の強度は全体の接続状況の半分ほどを左右し明日。他にも、ノイズ率やLANの電波強度(電波ノイズ率)も大きな影響を及ぼす要素となります。プロ仕様のWiFiアプリNetSpotをお試しになり電波強度を測定してみましょう。無料でお試しいただけます。

にジャンプ...

お使いのWiFi電波強度をMac OSまたはWindowsから計測いただけます。

ワイヤレスネットワークの設定と維持において、お使いのエリア全て早く、強力な電波強度を持っていることは非常に重要となります。”デッドスポット”と呼ばれる電波の弱くなっている部分では、接続状況が非常に悪くなります。タブレットやスマートフォンを動きながら使用する場合、このデッドスポットは非常に厄介な問題となります。

WiFi電波強度の改善
WiFi電波強度の改善

ワイヤレスネットワーク電波の計測方法

WiFiの強度を測るために、コンピューターのマスターになる必要もネットワークアドミニストレーションの専門家になる必要もありません。WiFiの強度の測り方は、下記のステップに沿ってだけで誰でも簡単に行なうことができます。

方法1:
NetSpot
WiFiアナライザーアプリは、標準の802.11a/b/g/n/acワイヤレスネットワークアダプタ搭載のMacBook(macOS 10.10+)またはその他コンピューター(Windows7/8/10)対応。
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
  • 500K
  • ユーザー

NetSpotはWiFiの調査とワイヤレスの電波を調査するアプリです。Macにも対応しています。WLANの電波の強度を2つの方法で調査することができます。ディスカバーモードを使用すれば、素早く調査が可能となります。

  • ディスカバーモード

    ユーザーからインターネットの通信レートを反映します。
  • 調査モード

    いかなるmacOSを搭載したMacBookまたはWIndowsのPCからもご利用いただけます。
  1. NetSpotを開く。
  2. スライダーを調査する場所の左上に変更します。
NetSpot ディスカバーモード
  1. NetSpotが自動的にお使いのエリアのワイヤレスネットワークと、電波の強度を含む詳細を探知します。

ワイヤレスネットワークの一箇所のみの電波強度を測定したい場合は、ディスカバーモードのみで全てが完了します。お使いのエリアのすべての電波の情報をお探しの場合は、全域調査が必要となります。操作方法は以下となります。

  1. NetSpotを開く。
  2. スライダーを調査する場所の左上に変更します。

NetSpot調査モード
  1. 新しい調査を開始します。
  2. NetSpotのマップ作成ツールを使用し、調査したい場所の地図を書き出すか、以前に調査した場所を再アップロードするかを選択します。

NetSpotのマップ作成ツール
  1. 地図の設定が完了したら、調査したいエリアの全てをくまなく移動します。
  2. 調査が完了したら、画面左下にあるスキャンを停止ボタンをクリックします。

方法2:
WiFi電波強度ユーティリティを使用する

AppleのMacOS、Microsoft Windowsのどちらにも、備え付けのワイヤレスネットワーク接続の設定画面とWiFiに接続して強度を測定するユーティリティが付属しています。ユーティリティによる測定は素早く簡単に行えますが、ネットワーク強度の測定結果の信憑性に劣ります。NetSpotを推奨する理由はここにあります。

MacOSの付属のユーティリティを使用したWiFi電波強度の測定方法

  1. Command + Shift + Gを同時に押すとフォルダウィンドウが表示されます。

ステップ1
  1. /System/Library/CoreServices/Applicationsとウィンドウに入力します。

ステップ2
  1. パスワードの入力を求められた場合、パスワードを入力します。
  2. ワイヤレスの診断をダブルクリックします。

ステップ4
  1. 現在お使いのWiFiの現状のステータスをチェックするかの確認がウィンドウに表示されます。

ステップ5
  1. ワイヤレス診断のメニューバーより、ウィンドウ>モニタリングを選択します。

ステップ6

スキャンやパフォーマンスなどの、他のウィンドウオプションからも分析情報を観覧することが可能です。

Windowsの付属のユーティリティを使用したWiFi電波強度の測定方法

  1. コントロールパネルを開きます。

Windowsコントロールパネル
  1. インターネットとネットワークを開き、ネットワークコネクションを選択します。

Windowsネットワーク接続
  1. ワイヤレス接続を右クリックし、接続/切断の項目からWiFiの強度がご覧いただけます。

Windowsの場合、タスクバーにあるWiFiのアイコン。MacOSの場合は上のバーにあるWiFiのアイコンの電波の表示レベルも参考までにご利用いただけます。

方法3:
オンライン上のインターネットスピードテストを試す

オンライン上のインターネットスピードテストは、電波の強度の測定は可能となります。ダウンロードスピードやアップロードスピード、最大強度の測定なども可能となっています。インターネットプロバイダーの提供する強度の指数と実際の指数を比較し、現状の電波の強度がどのようになっているかを測定するのに最適です。

他に起動しているソフトウェアがある、複数人が同じネットワークを使用している、ISPネットワークのボトルネックの状態などを含め、電波の強度には様々な外的要素も影響していることをご留意ください。

オンライン上のスピードテストを使用した、ダウンロードスピードとアップロードスピードの測定方法

  1. https://www.speedtest.net/に接続します。
  2. Goボタンをクリックし、テストの終了を待ちます。

Ooklaによるスピードテスト
  1. 実際のダウンロード、アップロードのスピードと、インターネットサービスプロバイダの提供する数値を比較します。

OokiaのスSpeedtestもまたオンライン上て試すことのできるインターネットスピードアプリです。OokiaのSpeedtestやFast、SpeedOf.Me、TestMy.Net、Internet Health Test、SpeedSmartなどは有名なツールと言えます。その中でもOokiaのSpeedtestは世界中のユーザーから利用されており、そのテストの正確性からもおすすめのツールです。

WiFi電波強度について知る

ワイヤレスネットワークの受信電波の強度レベルの測定の一般的な名称として、RSSI (Received Signal Strenght Indicator)が挙げられます。WiFi電波の測定値は一般的にはデシベル・ミリワット(dBm)で、強度のレベルを表すデシベル(dB)と1ミリワットの参照値(mW)から構成されています。

この数値を参照にする際に、この数値は対数であり線数ではないことをご留意ください。3dBの上昇は電波の強度が2倍に上昇したことになり、10dBは強度が10倍に上昇した意味になります。それらがどのような意味であるかは、下記の図をご利用ください。電波強度の増減とそれによる影響をまとめました。

強度 -30 dBm
サマリー 素晴らしい
予測される品質 アプリケーションを安定して使用、またはデータを転送する十分なスピードを確保するための最小電波強度
必要な数値 該当なし
強度 -67 dBm
サマリー 良好
予測される品質 制限のある環境における最大電波強度
必要な数値 IPを使用した通話やビデオ中継の観覧
強度 -70 dBm
サマリー 平均
予測される品質 Eメールなどをご利用するにあたり必要な最小電波強度
必要な数値 Eメールや、軽度のネットサーフィン
強度 -80 dBm
サマリー 不良
予測される品質 ネットワークに接続するなどの基本的なオンライン行動に必要な最小電波強度
必要な数値 ネットワークへの接続
強度 -90 dBm
サマリー 使用不可能
予測される品質 ネットワークに接続するなどのオンライン行動に支障が出るほどの不良な電波強度
必要な数値 該当なし

一般的に-55dBm、-75dBmは使用可能と見なされています。ワイヤレスルーターからの距離も大きく関連する数値です。ルーターのある部屋と同じ部屋から測定しても良好なネットワークパフォーマンスの数値が確保されない場合、他のワイヤレスネットワークや家電製品の電波の干渉などといった外的要因の問題がある可能性があります。

電波ノイズ率(SNR)を計測して、電波を妨害するノイズがどれほどあるかを確認することもできます。1デシベルあたりのバックグラウンドノイズのレベルと、受信電波の差分を計測します。-70dBmの電波を受信している際に、ノイズの数値が-80dBmの場合は、SNRは10dBとなります。電波ノイズ率が高くなれば高くなるほど、電波はノイズに阻害され消えてしまいます。

WLAN電波強度のトラブルシューティング

調査を終えたらアプリが現状を知るために必要な3つのWiFiヒートマップ を作成します。

  1. まず最初は、電波のレベルです。マップがWLANの電波レベルの診断結果を表示します。青と紫の部分は、ネットワークの電波の弱い部分になります。

信号レベル
  1. 次に、電波ノイズ率のヒートマップを見ると、様々な外的要因のノイズ(電子レンジ、コードレス電話機、蛍光灯など)が電波を阻害していることがわかります。

NetSpot S / N比ヒートマップ
  1. 3つ目は電波の干渉率です。ワイヤレスネットワークのチャンネル同士の干渉などを見ることができます。青と紫のエリアが電波の弱く対策が必要なエリアです。

NetSpotの信号対干渉比

WiFi電波の弱い場所が見つかったら、改善を行いましょう。ルーターのアクセスポイントの変更や、追加、WiFi電波複製機 WiFiエクステンダーを使用するのもまた方法です。

ノイズ率が高いことが問題の場合、アクセスポイントをノイズの少ない場所に移動させたり、電磁波を発生させるデバイスを遠ざけたり、2.4GHzを5GHzに変更するなどが挙げられます。干渉率が高い場合は、チャンネルを変更し混雑を避けるなどといった対策が効果的です。以下のトラブルシューティングガイドを見て、電波レベルノイズレベルチャンネル干渉率についての詳細を学びましょう。

だから、私たちのおすすめです。
NetSpot
WiFiアナライザーアプリは、標準の802.11a/b/g/n/acワイヤレスネットワークアダプタ搭載のMacBook(macOS 10.10+)またはその他コンピューター(Windows7/8/10)対応。
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
  • #1
  • WiFiアナライザーアプリ

  • 500K
  • ユーザー
  • 6
  • クロスプラットフォーム
  • Mac/Windows

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

WiFiについての全てを次でお話しします。

WiFiについてもっとご存知になりたい場合は、以下の記事をぜひお読みください。WiFiルーターについて、ワイヤレスネットワークに最高のアプリについて、WiFiの電波についてなどを揃えています。

その他の記事

NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。