NetSpotでWi-Fi信号の強度を測定する方法

ワイヤレス接続に置いて、Wi-Fi信号の強度は信頼性と速度を数値化させる重要な要因になります。ワイヤレスネットワークの信号が弱い場合、遅く、信頼性のないインターネット接続になる可能性があります。信号の強度は一つの要因にしか過ぎません。WLAN信号強度(信号対雑音比)に置ける雑音のレベルも大変重要になります。是非無料でプロレベルのWiFi信号強度のメーター、NetSpotをお試しください。

NetSpotでWi-Fi信号の強度を測定する方法


ワイヤレスネットワークの設定と管理に置いて、ネットワーク周囲内全体で良い信号の強度を維持することが重要になります。信号の強度が弱い「デッド」スポットでは、接続が落ちてしまう原因になります。スマートフォンやタブレットがインターネットに接続したまま人々の移動が増えるにつれ、これらのデッドスポットは問題になります。

Increase WiFi Signal Strength

ワイヤレスネットワーク信号を測定する方法

NetSpotはワイヤレス信号を評価しサイトサーベイをMacで実施するアプリです。WLAN信号強度の測定を二つの方法で実施できる機能性を提供します。最初で – 最も早い – 方法はディスカバーモードを使う方法です。NetSpotを開き、左上にあるスライダーをクリックして、「サーベイ」から「ディスカバー」に切り替えます。これにより、瞬時に周囲のスナップショットが実施され、レンジ内にある全てのワイヤレスネットワークの信号の強度のレポートが上がります。一つの位置に置いてワイヤレスネットワーク強度を測定する場合、ディスカバーモードで十分です。

しかし、ネットワークエリア全体の信号強度を測定する場合、全体のサイトサーベイを実施することが必要になります。スイッチを「サーベイ」に切り替え、新しいサーベイを開始してください。正寸されたマップをアップロード又はNetSpotのマップ描きツールを使用してマップを描きます。前にNetSpotを使用していない場合、"サーベイはどのようにして始めるの?"をお読みください。

NetSpot — Wireless Network Booster

WLAN信号の強度のトラブルシューティング

サーベイが完了したら、三つのヒートマップ可視化を確認してください。最初は信号レベルを確認します。これはサーベイされたエリア全体に置いてWLAN信号レベルを表示します。信号が最も弱い場所は青や紫色で表示されます。それから、信号対雑音比ヒートマップを参照ください。環境雑音(電子レンジ、コードレス電話機、蛍光灯などから発生するもの)の多くは、比較的強い信号でも事実上使用不可能にさせることもあります。三番目に、信号対妨害比を参照ください – これは他のワイヤレスネットワークから発生してるチャンネル妨害を測定します。ここでもまた、青や紫色のエリアが問題となります。

弱いWi-Fi信号強度のエリアを確認できれば、それを正す手順を踏まえることができます。アクセスポイント/ルーターの移動、新しいアクセスポイントの追加、又はWi-Fi信号のリピーターあるいは拡張器のインストールが選択肢になります。高い雑音が問題である場合、アクセスポイントの移動、妨害を発生するデバイスの移動あるいはそれを覆うこと、又は周波数を2.4 GHzから5 GHzに切り替えることができます。もし、妨害が高い問題である場合、妨害の低いチャンネルに変更することができます。これらのトラブルシューティングガイドを参照してください信号レベル雑音レベルチャンネル妨害


さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください

ウィンドウズ版ができました!

NetSpotはWiFi信号の強度やワイヤレスネットワークのパラメーターを測定して、それを強化できる優れたツールです。
無料のWiFiブースターアプリをゲットしましょう

WiFiの可視化を次の段階に


その他の記事

今すぐNetSpotでWiFi信号を強化しましょう
標準802.11a/b/g/n/ac
ワイヤレスネットワークアダプター(AirPortに対応)のMacBookで作動します。