ネットワーク向上には、WiFiヒートマップを使いましょう

ビジュアル分析は物事を簡単にします!WiFiカバレッジがヒートウェーブで表示されるため、集中している場所とそうでない場所、「まぁ良い」である位置を見ることができます。NetSpot WiFiヒートマッパーツールを使って、カバレッジ状況が可視化されるため、どこの場所のWiFiカバレッジを向上するかが一目でわかります。

WiFiカバレッジをマップ化する


家あるいはオフィスで小さなワイヤレスネットワークをインストールしたが、アクセスポイントが最高のパフォーマンスをしているかが不安な場合など。WiFi強度メーターなどを使って数知れぬ測定を行っても、データを簡単にアクセスして分析ができない場合、そのネットワークのカバレッジを向上することはできません。

その反面、WiFiヒートマップがあれば、信号強度の表示だけでなく、様々な色を使って詳細のあるマップであり、強いWiFi信号強度エリアと弱いエリアを一目でわかるようにします。

NetSpotは包括的なヒートマッパーツールであり、完全に明白的なWiFiヒートマップを表示させます。

NetSpotを使って、あなたのWiFiヒートマップを作りましょう

WiFiヒートマップ作成を始めるには、下記が必要になります:

  • どのMacBook;
  • NetSpot Home、PRO又はEnterprise版;
  • 家/オフィスの図面(任意)

NetSpotを開き、サーベーモードへ切り替え、「新しいサーベーを始める」をクリックします。サーベープロジェクト、ゾーンに名前をつけ、エリアタイプを選択します。この設定で、各測定の精密半径を調整することができます。エリアを正しく設定することで、サンプルの数を限定し、結果の正確性をあげます。

スペースの図面がある場合(必要ではありませんが、推奨されます)、「ファイルからロード」ボタンをクリックしてください。図面がない場合、NetSpotを使って、描くことができます - 「描く」ボタンを使うか又は「サンプルマップ」を使用してください。

Start with WiFi heatmap creation

ヒートマップ過程の準備が整えば、ラップトップを空のマップにあるいかなる位置まで持っていき、自分の位置情報をマークします(小さな丸が表示されます)。角から始まり、測定されたスペースないをジグザグな方向で移動します。多少移動してから、あなたの新しい位置がマップに現れます。スベース全体をカーバーするように移動を繰り返します。外側には、緑の縁が多少オーバーラップします。オーバーラップが大きい場合や縁が全くオーバーラップしない場合、やり直しをクリックして、測定をより良い位置から繰り返します。

NetSpotヒートマッパーは、このようなトレールを表示します:

NetSpot heatmapper show a trail

マッピング過程を止めたい場合、「スキャンを止める」ボタンをクリックします。後ほど、この位置から再び始めることができます。準備が整えば、ヒートマップはこのように表示されます:

Heatmap of your home/office

最も正確な結果を得るために、便利なヒントとアイデアをご参照ください。

マッピングが完了したら、どのアクセスポイントをクリックして、そのアクセスポイントの信号のヒートマップを表示させることができます。最も強い信号は赤であり、弱い信号は青で表示されます。

ラップトップが検出できた全てのアクセスポイントは左側のパネルに表示されます。隣接するネットワークからアクセスポイントがあっても、不要な際に無効できるため、問題ありません。

WiFiヒートマップを保存する前に、WiFiネットワークの全ての可視化方法をご覧になり、分析を行ってください。NetSpot Homeは三つの可視化、WiFiネットワークの知識が優れているユーザー向けにNetSpot PROとEnterpriseには16の可視化があります。

WiFiヒートマップ知識を実施する


これで家あるいはオフィスのWiFiヒートマップがあるため、様々な利点を得ることができます。ヒートマップを徹底的に分析することで、WiFiカバレッジの脆弱な部分がわかるため、問題解決のスタート地点がわかります。ここでできる行動とは

アクセスポイントの移動:まず最初で最も簡単なことは、アクセスポイントの移動になります。例えばアクセスポイントと特定な側、信号が弱い場合、その方向のビルの構成を分析してください。そのにはコンクリート壁や大きな金属キャビネット又は冷蔵庫などがあり、アクセスポイントからの信号を妨害していますか?このような場合、アクセスポイントを他の角に移すことで解決できます。さらに、アクセスポイントを床から移動させて、アンテナを垂直(アンテナが移動できる場合)にすることで、状況を向上することができます。

チャンネルを切り替える:WiFiヒートマップでみるカバレッジが十分であるにも関わらず、送信スピードと接続性があまり良くない場合、NetSpotにアクセスポイントの統計を調べさせ、また、測定されたエリアにリークしているアクセスポイントを調べましょう。そこで、アクセスポイントが他のスペースにリークしているアクセスポイント同様チャンネル6を使用しいる場合、混雑していなチャンネル12に変更してください。WiFiチャンネル選択に関するさらなる詳しい情報はここにあります。

アクセスポイントを加える:スペースにイーサネット有線がある場合、ケーブル終了地点にアクセスポイントを加えて信号を強化させることができます。

リピーターを加える:ほとんどの場合、WiFiルータとアクセスポイントは、WiFiリピーターとして設定できます。Wi-Fi信号をリピーティングすることで、存在するワイヤレスネットワークのレンジを効率的に強化することができます。


さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください
Windows上のWiFiヒートマップ

ウィンドウズ版ができました!

NetSpotは詳細なネットワーク分析とより良いカバレッジのため、クリアなWiFiヒートマップの作成をお手伝いします。
無料のWiFiカバレッジマッピングソフトウェアをゲットしましょう>

WiFiの可視化を次の段階に


その他の記事

今すぐNetSpotでWiFi信号を強化しましょう
標準802.11a/b/g/n/ac
ワイヤレスネットワークアダプター(AirPortに対応)のMacBookで作動します。