ベストWiFiヒートマップツール

最高のWi-Fiヒートマップソフトウェア搭載、お使いのWi-Fiネットワークのパフォーマンスの改善や電波が弱くなるエリアの検知を簡単に行なえます。本記事では、ソフトウェアがどのように機能し、どのオプションがオススメかをご紹介します。

トップチョイス
  • NetSpot
  • #1 NetSpot
  • ベストWiFiヒートマップツール

  • ベストWiFiヒートマップツール

  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

「Wi-Fiヒートマップ」という単語を聞いたことがない方は、ぜひ本記事をご参照ください。Wi-Fiヒートマップについて、使用方法、そして、専門知識や特定の端末がなくてもご自身でヒートマップを作成する方法をご紹介します。

WiFiヒートマップとは何ですか?

WiFi ヒートマップは、ワイヤレス信号のカバレッジと強度のマップです。通常、 Wi-Fiヒートマップは、無線信号のグラフィック表現によってオーバーレイされた部屋、床、または都市の実際の地図を表示します。

WiFi ヒートマップは、ワイヤレス信号のカバレッジと強度のマップです

プロフェッショナルネットワーク管理者と一般家庭のユーザーは、WiFiヒートマップを使用して不感地帯を見つけ 、希望のカバレッジ を 達成する ための調整を 行います。ヒートマップがなければ、ワイヤレスネットワークの最適化には多くの推測が必要となるため、 WiFiヒートマップソフトウェアの 存在を認識していないほとんどの人が 、WiFiの範囲を達成することはできません。

Wi-Fiヒートマップソフトウェアは、マップ上のWiFiカバレッジのマッピングプロセスを完全に自動化し、エリア全体がマッピングされるまで誰かが1つの場所から次の場所に歩いていくだけで数分間でWiFiヒートマップを作成できます。

作成したヒートマップが表示できるのは以下です:

  • 電波強度: 電波の強いエリアと弱いエリアを特定し、電波を補強する必要がある場所や、端末との接続が不可能な場合がある場所を特定します。
  • 干渉: 隣接するネットワークや物理的な障害物が電波の干渉を引き起こし、電波の質に影響を与える可能性があります。
  • チャンネルの重複: 多くのWiFiネットワークが同じチャンネルで拡散することで、混雑やパフォーマンスの低下につながっている例を表示します。
  • …その他多数!

この情報は、包括的で効率的なカバー範囲を実現するための青図となり、ルーターの配置を改善したり、重要なWiFi設定を変更したり、綿密なネットワークのアップグレードを簡単に行うことができます。

WiFiヒートマップが作成されるまで

WiFiヒートマップが電波のカバー範囲のマップであることはご存知いただけたかと思いますが、次はその作成方法について説明します。WiFiヒートマップ作成ツールは様々な種類がありますが、そのプロセスは非常に似通っています。

WiFiヒートマップ作成ツールをインストールしたスマートフォンまたはパソコンを使用し、計測敷地内より既存の図面か新規作成した図面を使用し、端末を移動させながら計測を行います。WiFiの電波状況が良い場所と悪い場所をアプリが読み込み、ヒートマップ処理を開始します。

WiFiヒートマップのソフトウェアが収集したデータを分析し、電波が最も強いエリアと弱いエリアを表示します。信号機のように色別でマップを作成し、良好な電波の場所は緑、電波状況が好ましくない場所は赤で表示されます。

WiFi ヒートマップ

WiFi電波強度のヒートマップ以外にも、ほとんどのWiFiヒートマップ作成ツールは他の要素の可視化も作成できます。 信号対雑音比 からノイズレベル、周波数帯域幅に及ぶあらゆる情報を収集することができます。

WiFiヒートマップツールのプロセスは非常にシンプル

「WiFiヒートマップの作成なんて難しそうだし、本当にやる意味があるのか?」という声はよく聞こえてきます。実際のところ、WiFiヒートマップの作成は非常にシンプルで、WiFiヒートマップ作成ツールがあれば数クリックで完了します。サクサクで安定したWiFi電波を得るためにも、非常に大切なプロセスと言えます。

WiFiネットワークをご自宅やオフィスで使う際、その使用頻度はほぼ毎日となるはずです。その効果を最大限に発揮し電波の弱い場所を楽に改善するのをお助けするのがWiFiヒートマップの仕事です。

Wi-Fiヒートマップと可視化

Wi-Fiヒートマップは、指定された空間でのシグナルのカバー範囲、シグナルが届かない場所、改善できる点を理解するのに役立つ、無線信号の可視化ツールです。NetSpotの予測調査で利用可能なヒートマップには**を付けてタグ付けしました。

受動的スキャン
電波ノイズ率
Wi-Fi信号強度と背景ノイズの相関の可視化で、ノイズとは各サンプリングポイントで測定された干渉のことです。
電波レベル **
空間全体での無線信号強度の可視化。他の要因との信号強度の相関を分析する際の参考として使用されます。
電波インターフェース率 **
様々なデバイス、他のネットワーク、物理的障害物などによるWi-Fi信号の妨害または中断の可視化。
アクセスポイントの数 **
調査/計画されたWi-Fiネットワークを形成する全ての検出可能なアクセスポイントを示します。
ノイズレベル
各測定ポイントで検出された空間に影響を与える外部ノイズのレベルの可視化。
周波帯バンドの範囲 **
異なる測定ポイントで利用可能な異なる周波数の視覚的分析を可能にします。
PHYモードカバー範囲 **
調査されたネットワークで使用されるPHYモードタイプ(802.11a/b/g/n/ac/ax)の可視化。
アクティブスキャンニング
アップロードスピード
アップロード速度ヒートマップは、各測定ポイントでのコンピュータからインターネットへのデータ転送率を可視化します。
ダウンロードスピード
ダウンロード速度ヒートマップは、各測定ポイントでのインターネットからコンピュータへのデータ転送率を可視化します。
ワイヤレス転送レート
TxRateとしても知られているこの可視化は、APから無線デバイスへのデータ転送速度を示します。
Iperf3、アップロード、ダウンロード、ジッターの可視化を行ないます
帯域幅パフォーマンステストのためにIperf3ツールを使用する場合、macOSのNetSpotでアップロード、ダウンロード、ジッタを可視化できます。
トラブルシューティング
SNRに対する問題
このタイプのヒートマップでは、ネットワーク接続性に影響を与える可能性のある低SNRレベルのエリアを簡単に特定できます。
高ノイズ
高いノイズレベルは、それを低下させることから、実質的に存在しないカバレッジの「デッドゾーン」を引き起こすことまで、無線信号の強度に否定的な影響を与えることがあります。
低シグナルレベル **
信号がほとんど存在しないほど低いエリアを特定します。低い信号の問題に対処することで、カバレッジを均等にすることができます。
チャンネルの重複(SIR) **
重なり合うチャネルで送信される異なるネットワークを可視化し、ネットワークのカバレッジ性能の損失を引き起こす可能性があります。
nsOverviewScreen

トップ5のベストWiFiヒートマップソフトウェアツール

偉大なWiFiのヒートマップソフトウェアツールは実際には 簡単に見つけることができ ませ ん。お手伝いするため、現在入手可能な5つのヒートマップツールを選択しましたので 、できるだけ早く あなたの WiFiネットワークを 最大限に活用することができます 。

  1. NetSpot — は、専門家や家庭のユーザーのニーズを満たすように設計された唯一のWiFiヒートマップソフトウェアツールです。
  2. Ekahau Product Suite — 包括的で、最も要求の高いユーザーのニーズを満たすことができるWiFi解析およびヒートマッピングソリューション。
  3. Acrylic Wi-Fi Heatmaps — を使用すると、パーソナルコンピュータやラップトップを高度なワイヤレスネットワーク解析ツールに変えることができ、周囲のワイヤレス環境を詳細に把握できます。
  4. VisiWave Site Survey — は 、大規模なローカルWi-Fiサーベイを対象としており、 データをキャプチャする3つの効果的な方法を提供します。
  5. AirMagnet Survey PRO — この ヒートマッパーは 、サポートされている多数の機能を備えた すべてのWiFi ネットワーク規格と驚きをサポートします。

Best WiFi Heatmap Software Tools

チョイス #1

NetSpot

標準の802.11a/b/g/n/ac/axワイヤレスネットワークアダプターを搭載したMacBook(macOS 10.12+)またはラップトップ(Windows 7/8/10/11)で使用できます。

  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
  • 500K
  • ユーザー

macOSとWindowsで利用可能なNetSpotは、専門家や家庭のユーザーのニーズを満たすように設計された唯一のヒートマップソフトウェアツールです。NetSpotは、macOS 10.12+またはWindows 7/8/10/11のいずれかのラップトップまたはコンピュータで動作します。

NetSpotを使用してWiFiヒートマップを作成するには、調査モードに入り、簡単な指示に従うだけです。NetSpot は、調査したい地域の地図をアップロードするよう依頼しますが、組み込みの地図作成ツールを使用して地図を作成することもできます。

  • インスペクターモード

    近隣のWiFiネットワークのリアルタイム情報を提供します。

  • 調査モード

    お使いのWiFiネットワークのパフォーマンスを地図上で分析した包括的なマップを提供します。

  • Planning mode icon

    計画モード

    お使いのWiFiネットワークのレイアウト、カバー範囲のシミュレーションを行ないます。

nsOverviewScreen

次に、ある場所から次の場所まで歩いて無線サイト調査データを収集し、 NetSpotがWiFi ヒートマップ を自動的に作成するのを 待ち ます。ヒートマップは、ワイヤレス信号が最も強い場所と改善できる場所を正確に示します。

NetSpot — WiFiヒートマップ

ワイヤレスヒートマップ機能に加えて、NetSpotは素晴らしいWiFi アナライザです。インスペクターモードに切り替えて、 NetSpotがSSIDをブロードキャストしないものも含め、近くの無線ネットワークに関する詳細な情報を収集し、ネットワークが使用するセキュリティ設定の種類、ブロードキャストするチャネル、およびその信号の強さを表示します他のもの。

NetSpotのインスペクターモード

新しいWiFiネットワークの導入を検討していますか?NetSpotの計画モードを使って、設置を行なう前にアクセスポイントの正しい数と配置を見積もることで、多くの時間と潜在的なコストを節約することができます。この便利な機能は、調査モードと同じく分かりやすいヒートマップで可視化を行ない、画像またはPDFにエクスポートできます。

ヒートマップの視覚化

非常に多くの便利な機能があるにもかかわらず、NetSpot は、ユーザーが何をしたいのかを達成するためにどのボタンをクリックすべきか不思議に思うことはありません。その使い易さ、プロフェッショナルな機能、魅力的な価格、そして卓越したカスタマーサポートの おかげで 、 NetSpotはヒートマッパーとWiFiアナライザーとしての地位を確立しています。

携帯電話で使うアプリを探していますか? NetSpotを使用したAndroid WiFiヒートマップiOS WiFiヒートマップの作成方法を学びましょう。

携 帯 端 末 で Wi-Fi 調 査 & 分 析

お使いのアンドロイド端末と数クリックだけで、簡単にあらゆるサイズの調査範囲を満遍なく調査できます。

携 帯 端 末 で Wi-Fi 調 査 & 分 析

お使いのアンドロイド端末と数クリックだけで、簡単にあらゆるサイズの調査範囲を満遍なく調査できます。

NetSpot for Android (survey banner)NetSpot for Android (survey banner)
携 帯 端 末 で Wi-Fi 調 査 & 分 析

お使いのアンドロイド端末と数クリックだけで、簡単にあらゆるサイズの調査範囲を満遍なく調査できます。

NetSpot for Android (survey banner)NetSpot for Android (survey banner)
携 帯 端 末 で Wi-Fi 調 査 & 分 析

お使いのアンドロイド端末と数クリックだけで、簡単にあらゆるサイズの調査範囲を満遍なく調査できます。

優れた点と欠点
  • 3つの操作モード(検知、調査、計画)
  • 20種類を超えるWiFiヒートマップ
  • macOSまたはWindowsでご利用いただけます
  • 802.11a/b/g/n/ac/axWiFiネットワークアダプタの全てに対応しています
  • 見やすいユーザー設定
  • 無料でお試し、さまざまな種類の有料版をお選びいただけます
  • なし
チョイス #2

Ekahau Product Suite

Windows7以降、またはmacOS10.11以降のバージョンでご利用いただけます。Wi-Fi 6 (802.11ax)、 Wi-Fi 6E (802.11ax in 6GHz)、802.11a/b/g/n/acを含むすべてのWiFi規格に対応しています。

  • 4.7
  • 4.7/5

Ekahau Product Suiteは、大規模な企業ネットワークの展開、設定、管理をも行なうプロのニーズを満たすことができるWiFi分析端末およびソフトウェアの包括的な製品を展開しており、Suiteは主に、2.4/5/6 GHz無線ネットワークを分析し、詳細なヒートマップを作成できるEkahau AI Proソフトウェアアプリケーションです。このソフトウェアは、AIのサポートによる無線ネットワークの予測設計機能を備えており、新しいネットワークの設置計画も今までにないほど簡単になりました。

Ekahau Product Suite

Ekahau AI Proソフトウェアは、2.4、5、6GHzワイヤレスデータを正確に収集することを目的としたハードウェア端末のEkahau Sidekick 2での使用を目的としています。標準的なノートパソコンとは異なり、Sidekick 2は4つのトライバンド無線と50スイープ/秒でスキャンするスペクトラムアナライザーを装備しています。Ekahau Product Suiteを使用するには、Ekahau製品の展開全体をまとめるクラウドのプラットフォーム、Ekahau Connectに加入する必要があります。

優れた点と欠点
  • 業務レベルのWiFiヒートマップ作成キャパシティー
  • 抜群の正確さ
  • 最新のWiFi技術に対応
  • 一般家庭向けの仕様ではない
  • 非常に高額
チョイス #3

Acrylic Wi-Fi Heatmaps

Microsoft.Net 4.5がインストールされたWindows Vista、Windows 7、Windows 8、8.1、または10で使用可能。

  • 4.3
  • 4.3/5

Acrylic Wi-Fi Heatmapsを使用すると、パーソナルコンピュータやラップトップを高度なワイヤレスネットワーク解析ツールに変えることができ、周囲のワイヤレス環境を詳細に把握できます。Acrylic Wi-Fi Heatmapsは、2.4 GHzと5 GHzの両方のRFスペクトラムを分析し、さまざまな一般的なファイル形式で詳細なヒートマップとレポートを生成します。

この WiFi ヒートマップソフトウェアツール によって生成された ヒートマップは、オンラインマップとユーザーがインポートしたマップの両方に基づいています。

Acrylic Wi-Fi Heatmaps

Acrylic Wi-Fi Heatmapsを使用すると、生成されたマップを編集することができます。これは、さまざまな業界のプロフェッショナルが鑑賞できるものです。あなたは、ソフトウェアの公式ウェブサイトの試用版をダウンロードすることで、無料でAcrylic Wi-Fi Heatmapsを試すことができます。

優れた点と欠点
  • 包括的な調査レポートが作成可能
  • Acrylic WiFiは使いやすさが特徴
  • 14種類の異なるタイプのヒートマップ
  • WiFiネットワーク計画機能つき
  • 6 GHzネットワークに非対応
  • Windowsでのみ利用可能
チョイス #4

VisiWave Site Survey

Windowsで利用可能。

  • 4
  • 4.0/5

VisiWave Site Surveyは 、大規模なローカルWi-Fiサーベイを対象としており、 データをキャプチャする3つの効果的な方法を提供します。一度にデータのオープンポイントをキャプチャしたり、測量エリアを連続して歩いたり、屋外測量にGPS測位を使用することができます。いくつかのカスタマイズ可能なテンプレートを使用して、カスタム WiFi信号強度とカバレッジレポート を簡単に作成できます。

VisiWave Site Survey

収集したデータは、Google Earthでも表示できます。VisiWave Site Surveyは、ほとんどのワイヤレスアダプタをサポートしており、特別なハードウェアコンポーネントを機能させる必要はありません。VisiWaveは、この包括的なソフトウェア製品を13年間にわたって維持管理し、アップグレードしているため、今後もサポートを受けることができます。

優れた点と欠点
  • パワフルなレポート作成機能
  • 屋外調査もできる、GPSポジショニング機能
  • WiFi予測調査に対応
  • アップデートも頻繁に行われる、完成された製品
  • ユーザー設定は古め
  • 6 GHzネットワークに非対応
  • Windowsでのみ利用可能
チョイス #5

AirMagnet Survey PRO

Windows 10、8.1、8、7、およびMAC OS X v10.5以降で利用可能です。

  • 3.8
  • 3.8/5

AirMagnet Survey PROは、信号/ノイズ、WLANスループット、PHYデータレート、再試行レート、およびパケット損失に対する読みやすいヒートマップを自動的に作成できます。この ヒートマッパーは 、サポートされている多数の機能を備えた すべてのWiFi ネットワーク規格と驚きをサポートします。残念なことに、 AirMagnet Survey PROは時代遅れのユーザーインターフェースを持っています。

AirMagnet Survey PRO

WiFi ヒートマップ を頻繁に作成する必要がある場合は 、比較的すぐに厄介なユーザーインターフェイスを乗り越える可能性が非常に高いでしょう。しかし、これまでに Wi-Fiヒートマップを 作成したことがなく、 再度作成する必要があるかどうかわからない場合は、NetSpotなどのユーザーフレンドリーなWi-Fiヒートマッパーが適しています。

優れた点と欠点
  • 2.4/5/6 GHz 周波帯に対応
  • 一度に複数の調査が可能
  • カスタマイズ可能な様々な種類のレポートテンプレートが利用買おう
  • ユーザー設定は古め
  • 無料版がない
  • AirCheck G3、EtherScope nXG、またはCyberScopeにのみ対応

WiFiヒートマップを作成するための適切なツールとは?

数々のWiFiヒートマップ作成ツールがある中で、優れているものや自分にぴったりなツールがどれかを判断するには、以下の基準を参考にしてみましょう。

  • 機能:WiFiヒートマップ作成ツールによって、それぞれ異なる機能を持っています。お使いのWiFiネットワークにおいてどの情報が必要かを把握し、必要な情報を全て網羅しているツールを選びましょう。
  • 正確さと精度: マッピングの精度を最大限するために、信頼できるデータ収集方法とアルゴリズムを使用しているツールを選びましょう。あいまいな結果を避けて死角やカバー範囲の重複を正確に特定することができます。
  • 互換性:WiFiヒートマップがお使いの端末に対応しているかも非常に基礎的かつ重要な要素です。NetSpotは、WindowsとMacOSの端末全てに対応しています。
  • 使いやすさ:WiFiヒートマップの作成ツールの使いやすさ、結果の見やすさ時間節約の大幅なカギです。簡単なものに越したことはありません。
  • 価格:WiFiヒートマップ作成ツールの価格は様々で、無料のものから数千ドルを超えてしまうものまであります。まずはご自身の予算を把握し、無料トライアルがあるアプリから試してみることをおすすめします。
  • カスタマーサポート:お客様サポートがないWiFiヒートマップ作成ツールは非常に煩わしいことになりかねません。サポートがちゃんとされているかも確認しましょう。
  • データエクスポートのオプション: WiFiヒートマッパーのデータエクスポート柔軟性を検討しましょう。ビジュアライゼーションを画像ファイルとして簡単にエクスポートできますか?別のツールでさらに分析するための生データ形式へのエクスポートに対応していますか?

ツールを選ぶうえで覚えておくべきことは、使う上で必要な技術的なスペックと予算が合っているかを確認することです。お求めのWiFi作成ヒートマップツールがわからない場合は最高のWiFiヒートマッパーアプリをご参照ください。

NetSpotでWi-Fiヒートマップを作成するには?

NetSpotを使用してWiFiヒートマップを作成するのは簡単です。また、NetSpotを使用するとプロセス全体が非常に簡単になるため、技術的な知識はまったく必要ありません:

ステップ1

NetSpotを起動させます。

ステップ2

ツールバーをスライドさせ調査モードに切り替えます。

NetSpot — Start a New survey
ステップ3

新規作成をクリックします…調査ボタンをクリックし、Wi-Fiヒートマップに名前をつけます。

Start a new survey
ステップ4

ゾーンエリアタイプを選択し、NetSpotが適切な第1ゾーンのサンプルを作れるようにします。

NetSpot active scan
ステップ5

計測する場所の図面がある場合はそれを取り込むか、NetSpot内蔵のマップ作成機能を使用します。継続をクリックして、ヒートマップの作成を行ないます。

Draw map survey
ステップ6

マップ全体が青の丸でカバーされるまで、各エリアを移動、計測します。全てがカバーされたら「ヒートマップ」をクリックします。

NetSpot Scan
ステップ7

ヒートマップを分析します。スクリーン上部にあるドロップダウンメニューから、可視化の種類が選べます。

Survey mode NetSpot

色分けされたインジケーターに注目してください。暖色系(赤やオレンジ)は信号が強いことを示し、寒色系(青や緑)は信号が弱いことを示します。カバレッジのないデッドゾーンや重複して信号があるエリアを特定してください。これらのエリアは干渉の原因となる可能性があります。

ルーターやアクセスポイントの配置を評価し、最適なカバレッジと最小限の干渉を保証してください。WiFiヒートマップデータを使用して、デバイスの再配置や追加のアクセスポイントを設置するなどの調整を行い、全体のWi-Fiパフォーマンスと信頼性を向上させてください。

WiFiヒートマップを作成する意味は何ですか?

WiFiヒートマップ作成の目的は、お使いのWiFIネットワークのカバー範囲とその質における正確な情報を取得することです。WiFiの電波の強度や範囲は、以下のような様々な要因から影響を受けています。

  • お使いのWiFiルーター:WiFiルーターにも、様々な種類や品質があり、カバー範囲や品質はルーターにも依存します。安いWiFiルーターで大きな家やオフィス全体をカバーすることは、どれだけ置く位置や設定を改善しても難しいでしょう。WiFiヒートマップ作成ツールを使えば、現在お使いのWiFiルーターのキャパシティや、新しいルーターに交換するべきかなども知ることができます。近年のWiFiルーターはその精度の改善に役立つ様々なツールが搭載されています。ルーターの交換を数年に一度行なうことは非常に良い投資となり得ます。
  • 他のWiFiネットワーク:通勤で渋滞に巻き込まれるのがお好きな方がいないように、残念なことにネットサーフィンやインターネットからのファイルのダウンロード、友人とのビデオチャットなどでも、同じ地域であまりにも多くのWiFiネットワークが同じ周波数やチャンネルで飛び交っていると、電波の渋滞が発生し同じようなことが起こり得ます。WiFiヒートマップ作成ツールやアプリケーションを使用して周波数帯域を視覚化すれば、それに応じてルータを設定することができます。
  • 物理的な障害物: WiFiの電波は物理的な障害物、特に壁や大きな家具など、密集して厚みのあるものを嫌います。金属素材もワイヤレス電波に大きな影響を与える可能性があるため、金属製の電化製品の近くに WiFi ルーターを設置はおすすめしません。最悪の場合、それらの障害物によって電波の死角が発生します。WiFiヒートマップはこれらを明確に確認することができます。すべての物理的障害物を簡単に撤去することは難しいかもしれませんが、WiFiエクステンダーや追加のルーターを設置することでの改善などの対策をとることも可能です。
  • RFインターフェース: 電波周波数インターフェース(RFインターフェース)は、電波干渉とも呼ばれ、無線電波を発する端末により引き起こされるWiFI周波数スペクトラム(通常2.4GHzと5GHz)の妨害を指します。子機のような無線電話、携帯電話、電子レンジ、医療用スキャナー、ベビーモニター、ワイヤレス監視カメラ、他のWiFiルーターなど原因は様々です。RFインターフェースはWiFiヒートマップ上では電波の弱い範囲として表示されます。 近隣の電子機器との相関を疑ってみてください。
  • ルーター構成: の設定変更のオプションが多くあります。注意が必要な主な設定は、WiFiチャンネルです。2.4GHz帯では、(北米では)11のチャンネルがあり、チャンネル1、6、11は他と重複しない”良い”チャンネルです。また、ルーターのセキュリティ設定にも注意が必要です。他のユーザーがセキュリティを突破して勝手に電波を使用していたという状況は避けるべきで、WiFiヒートマップ作成ツールはそれらの設定や使用している状況、同じエリアにある別の電波情報まで網羅して分析します。

WiFiヒートマップを作成する最終的な目的は、さまざまな要因に対処し、ネットワークを最適化するための実用的な分析結果を得ることです。 接続問題のトラブルシューティング、ルーターの配置の微調整、干渉の緩和、速度の向上、またはエクステンダーの追加やアップグレードの計画など、ヒートマップは、推測から事実に基づいた改善に必要な情報を提供します。

だから、私たちのおすすめです
NetSpot

WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.12+)または全ての標準802.11a/b/g/n/ac/axワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10/11)でご利用いただけます。

  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
  • #1
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング

  • 500K
  • ユーザー
  • 10
  • クロスプラットフォーム
  • Mac/Windows

FAQ

WiFiヒートマップとは?

WiFiヒートマップとは、電波の強度と範囲を視覚化したマップです。強度が色分けされているので、電波の弱い場所を簡単に特定でき、対策を打つことが可能となります。

おすすめのWiFiヒートマップツールトップ5

WiFiヒートマップツールのおすすめを、その特徴とあわせて5つ紹介します。

  1. NetSpot — 高度な機能と効率的な調査で、WiFiの専門家から一般の家庭でも使用できます。幅広い層に愛されている唯一のヒートマップソフトウェアです。
  2. Ekahau製品スイート — は、大規模な企業ネットワークの展開、設定、管理を担当する専門家のニーズに応えるWiFi分析ハードウェアとソフトウェアの包括的なコレクションです
  3. Acrylic WiFi Heatmaps — レベルの高いワイヤレスネットワーク解析に対応。使い方も簡単で、お使いのパソコンから高度な分析を行なうことが可能です。
  4. VisiWave Site Survey — 大規模なネットワークから、個人用のローカルネットワークまで幅広く対応しています。
  5. AirMagnet Survey PRO — 機能が非常に充実しており、全てのネットワークに対応しているWiFiヒートマップツールです。
NetSpotを使ってヒートマップを作成するには?

NetSpotを起動したら、調査モードに移動し、表示される指示に従います。調査対象エリアの図面をアップロードするか、NetSpotで直接図面を作成してください。図面が準備できたら、各計測ポイントを移動することによりNetSpotがヒートマップを作成します。ヒートマップが完成したら、簡単に電波の強いエリアや改善が必要なエリアを確認することができます。

近隣のネットワークの情報を集める方法とは?

NetSpotを使用すれば、近隣のネットワーク情報の収集も可能です。アプリのインスペクターモードで、近隣のネットワークのチャンネル情報、電波の強度、セキュリティ情報などを収集することができます。また、SSIDで表示されないネットワークの情報収集も可能です。

WiFiのヒートマップを作成するには?

WiFiヒートマップの作成において、新しく端末を買い足す必要はありません。NetSpotのようなアプリをインストールし、お使いのノートパソコンで起動します。調査したい範囲を歩き回り、計測が終わるまで指示に従い調査を行ないます。通常の広さのご家庭なら10分もかからずに全ての計測を行なうことができます。

ワイヤレスヒートマップの読み方

ワイヤレスヒートマップは、分かりやすいデザインで理解も簡単です。NetSpotのデフォルト設定のWiFiヒートマップは、赤から緑、青へのグラデーションで電波の強度を表します。青色のエリアは弱い電波、緑色は許容可能、赤色は強力な電波を示します。デフォルトの配色を変更したい場合はアプリの設定から配色の変更も可能です。

ヒートマップを新規作成するには?

使用するヒートマップ作成ツールにより詳細は大きく異なりますが、基本的な操作にあまり大きな違いはありません。

  1. WiFiヒートマップ作成ツールをノートパソコンにインストールします。
  2. アプリを起動し、新しい調査を起動します。
  3. 計測値の図面を読み込むか、作成します。
  4. 端末を持ち歩きながら、計測しながら移動してゆきます。
  5. 調査が完了すると、結果が表示されます。

適切なヒートマップ作成ツールを使用すれば、様々な要因によるワイヤレスネットワークのカバー状況を専門知識を必要とせずに数分で作成できます。

WiFiの電波がどこから発生するのかを知るには?

様々な家電製品と同様、WiFiの電波も端末(ルーターやリピーター)に近ければ近いほど電波は強くなります。WiFiヒートマップの作成ツールを使用すれば、どこの電波が強いかを一瞬で確認することができます。

WiFi電波の強度は、障害物や電磁波を発生する電子機器の干渉などにより大きく影響を受けます。本来あるはずの強力な電波の維持は、外的要因もあり常に保証されているとは限りません。

WiFiホットスポットマッパーとは何ですか?

WiFiホットスポットマッパーは、特定の地域内のWiFiホットスポットの場所を特定し視視化するために使用されるツールまたはアプリケーションです。一般的にWiFi信号のデータを使用して、利用可能なネットワーク、その信号の強さ、およびカバー範囲を示す地図を作成します。

これにより、ユーザーは頑丈な接続のための最適なスポットを見つけるのに役立ち、ネットワーク管理者はWiFiカバレッジを最適化するのを手助けすることができます。一部のマッパーはネットワークのセキュリティタイプや使用統計などの追加情報も提供します。

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

NetSpotを無料で入手する

WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.12+)または全ての標準802.11a/b/g/n/ac/axワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10/11)でご利用いただけます。