NetSpotを使って、WiFi Callingの最適化を図る


バイルネットワークの運営社は、毎年スピードを上げ、より多くの通信を行うWiFiネットワークを最大限に活かすことに集中し、通信回線が弱い場所、例えば山奥やビルの中やその地下からも電話の発着信を可能にするよう、努力しています。

WiFi Callingとは何



その技術は、WiFi callingと呼ばれ、多くのキャリアや先進のスマートフォンはこの技術に対応しています。技術をアクティベートするには数秒間かかり、多くの利点を瞬時に得られます。しかし、技術をアクティベートする多くのユーザーは、 WiFi callingにより、ネットワークの最適化の責任はキャリアからエンドユーザーに移ることに気付きません。それにより、WiFi分析やトラブルシューティングアプリのNetSpotが、貧弱なWiFiカバレッジで回線が落ちることを阻止するため、必要不可欠になります。 一般的に、携帯電話から電話をかける際、相手に電話を繋げるには、携帯電話中継塔を経由します。セルラーネットワークにはこのような中継塔が多く存在し、100ワットまでの信号を無指向性に発生します。

これらの中継塔を建て、管理し、デザインする携帯キャリアは、できる限り全てのエリアに信頼できる強い信号を発生したがりますが、常にそれができるとは限りません。携帯キャリアは、距離的な問題や人口が少ないエリアに中継塔を建てることが金額的に高くつくこともあります。


もちろん、大都市でも、常に強い信号を得られるやけではありません。場合により、厚いコンクリートの壁や地下にたどり着くことができず、また、多くの妨害により電話回線が切られることもあります。

このような事態は、全ての家庭、オフィスや公的な場所が強いWiFi信号の元にいて起こります。強いWiFi信号が行き渡っているのであれば、なぜそれを使わないで電話をかける必要性があるのでしょうか?キャリアの観点から、同じデータを違うネットワーク上に乗せて送信する違いのみです。エンドユーザーの観点から、WiFi callingがユーザーのプランに含まれていることを想定する場合、画面でサービスをアクティベートするためにボタンを数回タップする操作のみが必要になります。

WiFi callingは優れた信号を受信する性能だけでなく、電話回線の音声品質を上げます。キャリアにより、HDボイスと言う機能性に対応していれば、電話音声をハイデフィニションの音声品質を提供できます。一般的な携帯電話は300 Hzから3.4 kHzに限られますが、HDボイスは50 Hzから7 kHzあるいはそれ以上の広い範囲に対応します。もちろん、高い音声品質には、高い周波数が必須になります。

私になぜWiFi Callingアプリが必要なのか?


スマートフォンのユーザーはすでに何年もWiFi発着信を行なっています。Skype、ViberやWhatsAppと言ったアプリは、無料でWiFIを通じて電話をかけることを可能するとともに、テキストメッセージ、ファイルのシェアリングやビデオコールを可能にしています。これらのアプリはVoIP (ボイスオーバーインターネットプロトコル)として知られています。VoIPは、音声コミュニケーションやマルチメディアセッションをインターネットプロトコル(IP)ネットワーク上で可能にする技術を指します。

言い換えれば、これらのアプリは現在あるデータネットワーク、例えばインターネットを使用して音声コミュニケーションを可能にしています。Skype、ViberとWhatsAppは全て個別のネットワークで動作し、携帯電話に内蔵されたダイヤルを使用しません。相手が同じアプリを携帯電話にインストールされている場合に限り、その相手に電話をかけることができます。

WiFi callingは、携帯電話自体に搭載されています。携帯電話のダイヤルパッドや連絡先リストを使います。また、他のアプリをインストールする必要がなく、WiFiを通じて電話をかけようとするユーザーのみが機能性をアクティベートする必要があり、着信する相手はセルラーネットワークに接続されていても大丈夫です。例えば、iPhoneの場合、WiFi callingはiPhone 5c以降であれば、使用可能です。iPhoneのWiFi callingはアンドロイドのWiFi callingと同様に作動します。

WiFi callingを設定するため、あまり手間はかかりませんが、Skype、ViberやWhatsAppのようなVoIPアプリ同様な利点を提供します。全てのキャリアが無料WiFi callingを提供してるとは限りません。

無料WiFi Calling最適化


音声会話の場合、1分あたり1 mb

ビデオ電話の場合、6-8 mb

スループット量が高ければ高いほど良い接続になりますが、最低でも1Mbpsがあれば、確実に接続が可能になります。Republic Wireless社は80kbpsでも音声通話は可能であると報告していますが、品質が低く、会話が途切れる可能性もあります。


さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください
nsWinImageWhite

ウィンドウズ版ができました!

NetSpotは、周りにあるWiFiネットワークを深くサーベイするため、簡単に使うことができるワイヤレスネットワーク検出器です。
無料のWiFiスキャナーアプリをゲットしましょう

Wi-Fiについて


その他の記事

今すぐNetSpotでWiFi信号を強化しましょう
標準802.11a/b/g/n/ac
ワイヤレスネットワークアダプター(AirPortに対応)のMacBookで作動します。