より強く、速いワイヤレスインターネット用にWiFi中継機

ほとんどの人やビジネスの観点から、インターネットは生活に必要不可欠になりました。しかし、特定のエリアを強い信号でカバーする際、様々な問題が発生します。インターネットサービスプロバイダーが提供するルーターはパフォーマンスや信頼性の観点から欠け、又、同時に多くの人がワイヤレスでインターネットをアクセスすることにより、妨害は大きな問題になります。

WiFi信号中継機はどのように作動しますか


このような理由により、ユーザーは自分で解決策を探す必要性が生じ、WiFi信号を強化する処置を考えることになります。その解決策の一つとして、WiFi中継機があり、ワイヤレスネットワークの作動レンジやパフォーマンスを向上することができます。

ルーターがWiFi信号を通信できる距離を左右するのはルーターの通信能力です。具体的に言えば、それは、実行輻射電力(EIRP)です。先進の設定メニューがあるルーターの場合、ユーザーがその電力を割合として調整できるようになっていますが、100パーセントを超えることは滅多にできません。セキュリティの観点や近くのワイヤレスネットワークからの妨害を想定すれば、その電力を低く設定することは理想的です。言い換えれば、電力が低ければ低いほど、ワイヤレス信号が通信する距離が短くなります。

100パーセントを超えることができない理由として、各国により通信電力が規制され、WiFiチャンネルの最大限が設定されているためです。例えば、オーストリアの場合、最大限の電力は100 mWです。カナダ人は、149、153、157、161のWiFiチャンネルを使っている場合、電力を最大4000 mWまで設定することができるのに対して、米国では、全てのチャンネルに置き、最大1000 mWになっています。

WiFi信号中継機の場合、その電力を最大限からさらに上げることできます。規制などを別にして、電力をあげることで、ルーターの位置に関係なく、効率的にルーターの通信範囲を広げることができます。

全てのWiFi信号中継機は同様な形しています。一般的な中継機は目立たないグレイのボックスであり、三つのコネクターが搭載されています: アンテナコネクターが二つあり、もう一つのコネクターは電源用になっています。二つのアンテナコネクターの一つを使ってユーザーはその中継機をルーターに接続します。もう一つのコネクターにより、中継機を外部アンテナに接続します。最終的に電力を電源から供給します。ルーターからくるワイヤレス信号を電子的に拡張して、接続されたアンテナに出力します。ある意味メガフォン同様に作動します。ワイヤレス中継機は完全に自律的であり、WiFi中継機アプリで設定する必要がなく、インストールされてから作動します。

ワイヤレス中継機対他の解決策


ワイヤレス中継機はWiFiエクステンダーやリピーターと間違われます。エクステンダーとリピーターの間では違いはあまりありませんが、中継機とは大幅に異なります。エクステンダーとリピーターは二つのアンテナがある特別なルーター同様です。アンテナの一つはWiFi信号を受信し、もう一つのアンテナを通信します。

一般的に、エクステンダーやリピーターは完全に無線であるようにデザインされています。このデバイスは標準的なコンセントに差し込んでスマートフォンアプリにより設定します。一般的にエクステンダーにメインWiFiネットワークに有効なログイン情報を入力することで、自動的に全てが設定されます。

ワイヤレスエクステンダーやリピーターは実行輻射電力を超えることはありません。これらのデバイスは信号が最も弱いWiFiネットワークの外部に配置されるようにデザインされています。そこで信号を受信して、それを増幅させて、それをルーターと同じ強度で通信させます。

WiFi中継機のレビューを読んでも、中継機を購入するべきか、又はエクステンダーを購入するべきかはわかりません。両方のデバイスは設計通りに作動できます。中継機は外部のアンテナから来るWiFi信号を増幅させるためであり、エクステンダーは家のワイヤレスネットワークのカバレッジを拡張します。

NetSpotを使ってWiFiアンテナ中継機をインストールする


ネットワーキング設備にお金を投資する前、ワイヤレスサイトサーベイとWiFi分析用のプロフェッショナルアプリを使って、WiFiカバレッジを確認することは賢明です。NetSpotは、MacOSとウィンドウズ両方に作動し、簡単に使うことができるため、最高のアプリです。

NetSpotは二つの方法でワイヤレスネットワークを探して、分析し、弱い信号のカバレッジを検出します。二つの方法の中でもディスカバーモードが最も早いです。メインアプリケーションにこのモードがあり、アクティベートされたとき、全てのワイヤレスネットワークのスナップショットを取ります。各ネットワークの詳細が見ることができ、ネットワークの暗号化、信号の強度などを確認できます。

もう一つの方法はサーベイモードであり、その目的は詳細で正確なWiFiカバレッジヒートマップを作成して、信号が最も強い場所と弱い場所を示します。サーベイモードを使うには、サーベイしたいエリアのマップを作成する又はアップロードし、マップのエリア上を歩き回りマップ全体内をカバーします。NetSpotはこの過程の際、ユーザーに指示を出しますので、その指示に従うことのみが必要になります。

NetSpotがあれば、新しい設備を購入する前に信頼できる情報やデータを元に決断を下すことができます。アプリを使えば、ルーターの配置付けや他のシンプルな変更でWiFi問題が解決する可能性があります。または、購入されたWiFi中継機は機能性通りに作動していないことが分かるため、中継機を返品して、他の中継機を購入することができます。NetSpotはそのユーザービリティや柔軟性により、アプリの価値がさらに高まります。


さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください
nsWinImageWhite

ウィンドウズ版ができました!

NetSpotはWiFiネットワークの分析、最適化と問題いのトラブルシュートの手助けを行います。
無料のWiFiアナライザーアプリをゲットしましょう

次のWiFiプランニング


その他の記事

今すぐNetSpotでWiFi信号を強化しましょう
標準802.11a/b/g/n/ac
ワイヤレスネットワークアダプター(AirPortに対応)のMacBookで作動します。