NetSpotでワイヤレスネットワークをスキャンする

NetSpotはWi-Fiスキャナーとして使用して、エリアにあるワイヤレスネットワークを簡単に識別することができます。Wi-Fiスキャンが終了したら、NetSpotはWLANの名前、そのセキュリティタイプ、パスワードを入力する必要の有無、信号の強度、チャンネル情報やその他多くの情報を提供します。NetSpotのディスカバーモードは大変パワフルで完全な無料ツールであり、課金制のWiFiスキャナーには負けません。

ワイヤレスネットワークのスキャンを行う方法


手順1

まず初めに

NetSpotをロンチします。デフォルトで、プログラムはディスカバーモードで開き、周辺のWiFiネットワークを素早くスナップショットを取ることができます。最後の使用後にサーベイモードである場合、メインツールバーにあるコントロールを使って、ディスカバーモードに切り替えてください。

ワイヤレスネットワークをスキャンする

手順2

ディスカバーモードとサーベイ

周辺のワイヤレスレンジの概要を得るにはWiFiサーベイを行う必要はありません。数秒間待つだけで、周辺のWi-Fiネットワークの詳細な情報がNetSpotに表示され始めます。


手順3

一目でわかる全てのワイヤレスネットワーク

NetSpotの前のバージョンでは、空白のマップで小さな「偽」のワイヤレスサーベイを実施する必要がありました。しかし、NetSpot 2.0以降、この行為は不要になり、フル機能性のディスカバーモードを紹介しました。これにより、ネットワークの全ての情報は個別のリストに隠されません。このリストは5-10-30秒毎にアップデートされます。ネットワークが消えてもその表示はしばらくリストに残るため、最後に見えたコラムからそのネットワークがいつ消えたかを確認できます。


手順4

Wi-Fiネットワークのスキャンを行う

Wi-Fiネットワークのスキャンを一時停止するには、下のツールバーにある一時停止ボタンをクリックします。再開するまでスキャンは停止されます。リスト上に多くのネットワークが表示された場合、SSID(名前)やBSSID(MACアドレス)でフィルターできます。

WiFiスキャナー

手順5

マルチ機能のディスカバーモード

NetSpotのディスカバーモードは各ワイヤレスネットワークの詳細な情報を提供し、表のヘッダーを右クリックすることで見えるパラメーターのリストが設定可能になります。一般的には、ネットワーク名、BSSID、ベンダー、モード、ネットワークセキュリティワイヤレスチャンネル、信号レベル、信号対雑音比やその他が重要になってきます。

WLANスキャニング

手順6

可視化してエキスポートする

発見されたネットワークの時間毎にソートされた歴代価値を可視化して、エキスポートすることができます。ライブなグラフに歴代データを可視化するには、下のツールバーの詳細をクリックします。このデータをCSVをエキスポートするには、メインツールバーのエキスポートをクリックします。

Wi-Fiスキャニングの可視化

これで全てです!Wi-Fiスキャンが終了して、エリアにある全てのワイヤレスネットワークの完全リストが表示されます。この情報を元に接続したいWi-Fiネットワークあるいは自分のネットワークを妨害しているものを確認することができます。全てのMac用WiFiスキャナーの中でも、NetSpotが最高であり、NetSpotは、(他のものとは違い)無料版でもディスカバーモードを提供しています。

NetSpotのWi-Fiスキャナーは

  • ワイヤレスネットワークをスキャンして
  • 任意のサイズのワイヤレスネットワークをスキャンして
  • WLANネットワークをスキャンして
  • WLANサイトを可視化してスキャンして
  • Wi-Fiをスキャンし、カバレッジを可視化して
  • シンプルかつパワフルWiFiスキャナーとして作動します

さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください

そうです、ウィンドウズ版ができました!

NetSpotはエリア内にセキュアとそうでない全てのWiFiネットワークのスキャンを行い、ワイヤレス信号の強度を表示します
無料のWiFiスキャナーアプリをゲットしましょう

NetSpotをワイヤレスアナライザーとして


その他の記事

NetSpotで今すぐ開始
標準802.11a/b/g/n/ac
ワイヤレスネットワークアダプター(AirPortに対応)のMacBookで作動します。