• #1 NetSpot
  • 最高のWiFiネットワークスキャナー
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

NetSpotでワイヤレスネットワークをスキャンする

NetSpotはWi-Fiスキャナーとして使用して、エリアにあるワイヤレスネットワークを簡単に識別することができます。Wi-Fiスキャンが終了したら、NetSpotはWLANの名前、そのセキュリティタイプ、 パスワードを入力する必要の有無、信号の強度、チャンネル情報やその他多くの情報を提供します。
トップチョイス
  • NetSpot
  • 最高のWiFiネットワークスキャナー
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
NetSpotのディスカバーモードは大変パワフルで完全な無料ツールであり、課金制のWiFiスキャナーには負けません。

ワイヤレスネットワークのスキャンを行う方法

手順1

まず初めに

NetSpotをロンチします。デフォルトで、プログラムはディスカバーモードで開き、周辺のWiFiネットワークを素早くスナップショットを取ることができます。最後の使用後にサーベイモードである場合、メインツールバーにあるコントロールを使って、ディスカバーモードに切り替えてください。

ワイヤレスネットワークをスキャンする
ワイヤレスネットワークをスキャンする
手順2

ディスカバーモードとサーベイ

周辺のワイヤレスレンジの概要を得るにはWiFiサーベイを行う必要はありません。数秒間待つだけで、周辺のWi-Fiネットワークの詳細な情報がNetSpotに表示され始めます。

手順3

一目でわかる全てのワイヤレスネットワーク

NetSpotの前のバージョンでは、空白のマップで小さな「偽」のワイヤレスサーベイを実施する必要がありました。しかし、NetSpot 2.0以降、この行為は不要になり、フル機能性のディスカバーモードを紹介しました。これにより、ネットワークの全ての情報は個別のリストに隠されません。

このリストは5-10-30秒毎にアップデートされます。ネットワークが消えてもその表示はしばらくリストに残るため、最後に見えたコラムからそのネットワークがいつ消えたかを確認できます。

手順4

Wi-Fiネットワークのスキャンを行う

Wi-Fiネットワークのスキャンを一時停止するには、下のツールバーにある一時停止ボタンをクリックします。再開するまでスキャンは停止されます。リスト上に多くのネットワークが表示された場合、SSID(名前)やBSSID(MACアドレス)でフィルターできます。

WiFiスキャナー
WiFiスキャナー
手順5

マルチ機能のディスカバーモード

NetSpotのディスカバーモードは各ワイヤレスネットワークの詳細な情報を提供し、表のヘッダーを右クリックすることで見えるパラメーターのリストが設定可能になります。一般的には、ネットワーク名、BSSID、ベンダー、モード、ネットワークセキュリティワイヤレスチャンネル、信号レベル、信号対雑音比やその他が重要になってきます。

WLANスキャニング
WLANスキャニング
手順6

可視化してエキスポートする

発見されたネットワークの時間毎にソートされた歴代価値を可視化して、エキスポートすることができます。ライブなグラフに歴代データを可視化するには、下のツールバーの詳細をクリックします。このデータをCSVをエキスポートするには、メインツールバーのエキスポートをクリックします。

Wi-Fiスキャニングの可視化
Wi-Fiスキャニングの可視化

これで全てです!Wi-Fiスキャンが終了して、エリアにある全てのワイヤレスネットワークの完全リストが表示されます。この情報を元に接続したいWi-Fiネットワークあるいは自分のネットワークを妨害しているものを確認することができます。全てのMac用WiFiスキャナーの中でも、NetSpotが最高であり、NetSpotは、(他のものとは違い)無料版でもディスカバーモードを提供しています。

NetSpotのWi-Fiスキャナーは

  • ワイヤレスネットワークをスキャンして
  • WLANネットワークをスキャンして
  • Wi-Fiをスキャンし、カバレッジを可視化して
  • 任意のサイズのワイヤレスネットワークをスキャンして
  • WLANサイトを可視化してスキャンして
  • シンプルかつパワフルWiFiスキャナーとして作動します

NetSpotの提供する情報を理解するには

NetSpotは近隣のWiFiネットワーク情報や、ネットワークのさまざまな問題の検知、解決策を提供する包括的なWiFiネットワークスキャナーです。ネットワークスキャンを行なったことのない方だと、NetSpotの提供する情報の理解に苦戦する可能性があるため、当記事でそれらの情報を理解するための基礎知識とサマリーをご紹介します。

ネットワーク名(SSID)

SSID(Service Set Identifiler)とは、ワイヤレスルーターがネットワークを提供する際に割り振られるWiFiネットワークの名前のことです。0から32バイトまでの長さで、自ら変更ができるため、利用者の名前など読める文字列になっていることも多いです。中には、”FreeViruses(無料ウイルス)”など面白いWiFiの名前を意図的につけるような利用者もいます。

全てのWiFiがSSIDを公開している訳ではありません。セキュリティーなどの都合でWiFiのネットワークが非公開でSSIDがない場合もあります。それらのネットワークは”隠されたネットワーク”と呼ばれます。NetSpotはそれらの隠されたネットワークの情報も全て検知し、情報の提供を可能とし、身の回りの全てのWiFiの情報の入手が可能となります。

MACアドレス(BSSID)

1つのWiFiネットワークで、様々なアクセスポイントを作成することも可能です。ご自宅のネットワークでそれらの設定を行うことはあまり一般的ではありませんが、企業やビジネスの場ではこれらは非常に一般的に使用されています。これらはBSSID(Basic Service Set Idenrifier)と呼ばれ、アクセスポイントを分けてデータパケットやユーザーを分ける際に使用されます。

BSSIDはWAP(Wireless Access Point)のMACアドレスで、24ビットの独自のコード(製造元から割り振られたもの)から構成されています、製造の段階で、24ビットの固体番号がWAPのチップに割り振られます。BSSIDはWiFiネットワークの整合性を確立し、ハッカーが正当なワイヤレスネットワークに見せかけた不正アクセスを作成し、ワイヤレス通信の登頂を仕掛けるなどの攻撃を避ける役割も果たします。

WiFiチャンネル

WiFiの電波は複数のチャンネルに分かれています。高速道路の車線に例えるとわかりやすいかもしれません。北米では、チャンネルは11個に分かれています。一方で13のチャンネルが使える国が世界では多く存在します。WiFiチャンネルは電波の干渉や混雑を避ける際に非常に有用になります。適切なチャンネルの設定は重要な要素です。

WiFiネットワークのチャンネル設定は一番混雑の少ないチャンネルに設定するのが理想出来です。チャンネル1、6、11のように他のチャンネルとの重複がないものを選ぶのが一般的ですが、NetSpotを使用し、WiFiチャンネル分析を行えば、どのチャンネルが空いていて適切かが一目でわかります。

周波帯

WiFiネットワークは2つの周波帯に分かれています。2.4GHzと5GHzに分かれており、2.4GHzの周波帯は14のチャンネルに分かれています(14個のうちのいくつが使用可能かはお住いの国によって異なります。)12MHzの感覚があるチャンネル14を除き、全てのチャンネルが5MHzごとに分かれています。5GHzの周波帯は2.4GHzよりもチャンネル数が多く、全てのチャンネルの範囲は10から160MHzごとに分かれています。

周波数が高いからといって、周波数が低い電波よりもより安定しているとは限りません。WiFiの周波数も例外ではありません。新型のWiFiルーターはどちらの周波数も同時に飛ばしており、利用状況によって最適な周波数に自動で切り替えてくれるものも多くあります。

暗号化

承認されていないアクセスを防ぐためにも、WiFiのネットワークをWiFiエンクリプションに従い暗号化させることは一般的です。WEP(Wired Equivalent Privacy)やWPA(WiFi Protected Access)などがそれらに当たります。WEPは初期型の古いスタンダードで、安全性の懸念が指摘されて以来推奨されていない保護の方法となっています。オンラインのツールをダウンロードすれば、数分で保護を解除できてしまうため、安全性は優れているとはいません。

WPAはWEPの後に登場し、より安全性に優れていると言えます。中でもWPAの後に登場したWPA2は現在も一般的に使用されており、最も一般的なエンクリプションスタンダードと言えます。WPA3はまだ新しいので一般的ではありませんが、近いうちに標準装備となる日が来る可能性が非常に高いでしょう。WPA2よりもより安全性に優れた強力なセキュリティーをお約束してくれるスタンダードとなっています。

ルーターの製造元

データパケットを電波として発信する際に使用するルーターの製造元(Cisco、Netgear、Linksys、D-Link、Asusなど)により、ルーターのログイン名やパスワードのデフォルト情報が異なっており、アドミニストレータにログイン、設定変更を行う際の情報を適切に入手する必要があります。

WiFiモード(標準)

IEEE 802.11スタンダードはWLAN(Wireless Local Area Network)を使用しWiFiとコンピューターを異なった周波数で十分に通信を可能とするために使用されるスタンダードです。データ通信スピード、通信の遅れの回避、カバー範囲の確保などの要素が含まれています。現在最も一般的なWiFiスタンダードは802.11ac、802.11n、802.11gで、最も最先端なスタンダードは802.11acとなっています。

しかしながら、それらのスタンダードをより上回る最新の802.11axが登場し、次世代のWiFiスタンダードに変わってゆくことになるでしょう。このWiFiスタンダードは、802.11acの4倍を超える数値を秘めています。

電波強度

WiFi電波強度はdBmで計測され、1ミリワット(mW)あたりのデシベル(dB)を計測した対数を表す単位となります。NetSpotでは最小、最大、そして 平均の電波強度を算出し、グラフに表示しどのように電波の強弱が出ているかと、どこが干渉されているかをわかりやすく視覚化します。

だから、私たちのおすすめです。
NetSpot
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
  • #1
  • WiFiアナライザーアプリ

  • 500K
  • ユーザー
  • 6
  • クロスプラットフォーム
  • Mac/Windows

NetSpotを使用してWiFiスキャンを行う際のアドバイス

NetSpotを使用しWiFiの電波のより正確な計測を行うために、計測を行う際は計測中のパソコンを動かさないことをお勧めします。場所により数値の変わる電波の計測中の移動は分析結果に影響を及ぼします。電波の強度を計測する際は、窓を開けているなどといった小さな障害や外的要因でも結果に違いが現れることがよく起こります。

NetSpotを使用してWiFiの調査を行う際には、計測したい範囲を直線的ではなくギザギザに移動してくまなく計測することをお勧めします。計測したい部屋の四隅を満遍なくカバーした後、中心に移動するなど、全ての範囲を網羅した計測ポイントを設定してください。

離れた場所にしかルーターのないWiFiの強度を計測したい場合は、強度の十分なアンテナ、アンプのついた外付けWiFiアダプターを使用することをお勧めします。WiFiネットワークのアダプターには1000mW程度の効果が一般的ですが、お使いの国や地域によっても異なるためご利用になる装置の概要をしっかりとご確認ください。

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

WiFiについての全てを次でお話しします。

WiFiについてもっと深くご存知になりたい場合、WiFiセキュリティーについて、ワイヤレスネットワークの最高のアプリについて、フライトでのWiFiについてなどをチェックしてみてください。

その他の記事

NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。