NetSpotでWiFiスピードを速くする

Wi-Fiネットワークの管理で重要になってくるのがワイヤレスネットワークのスピードを知ることです。現代のスマートフォンやタブレットを持っている人たちは、いつでもどこでもネットワークにアクセスできることを期待しているため、WiFiのスピードを監視することがより複雑になっています。さらに、作業を進めたい時に遅いネットワークや信号が全くない状態であれば、困りますよね。

NetSpotでWiFiスピードを速くする方法


ワイヤレスネットワークで遅い接続の識別やトラブルシューティングは面倒な作業になりがちです。個別のデバイスでWiFiスピードテストも実施できますが、それには時間がかかります。全てのデバイスでスピードテストを実施するだけでなく、様々な位置で複数回同じテストを繰り返す必要性が生じます。

ワイヤレスネットワークスピードをトラブルシューティング

WiFiスピードをチェックする方法


まず、WiFiスピードチェックサービスの作動方法を知る必要があります。このサービスはサンプルのバイナリーファイルをパソコンに送信し、送り返されたファイルを元にアップロードやダウンロードスピードを計算します。中では、ダウンロードやアップロードスピードだけでなく、「ピン」スピードも送信できるサービスがあります。「ピン」スピードとはレイテンシーの測定であり、テストサーバーに送信されたHTTPリクエストで確定します。

全ての結果を合わせて、WiFiの「本当」のスピードテストを行います – これで接続の速さがわかれば、10秒間でダウンロードできるデータの最大量の正確な測定を行うことができ、WiFiスピードテストに永遠の時間を使う必要性はなくなります。

テストの結果を左右できるパラメーターとそのズレが生じる原因

1. 完璧なテスト方法などはありません

テストにはサンプルファイルが使用されるため、実際インターネットで使用するファイルなどとは異なります。好きなテレビ番組をオンデマンドで見る際、サンプルファイルに比べ、より多くのデータがモデムから流れます。さらに、同時に複数のWiFiスピードテストが実施されている場合、結果に影響を与えることもあります。

2. 位置

WiFiスピードのテストの際、テストサーバーとパソコンの間でデータの送受信が関わってきます。サーバーの位置も情報の読み取りに影響を与えることがあり、サーバーの位置が近ければ近いほど、スピードが速くなります。一般的に、サーバー位置を選択できるか、テストサービスが自動的に最も近いテストサーバーを選択します。

3. Wi-Fiスピードテストの際の他のオンライン活動

テストされているWi-Fiに接続されたデバイス上で他に何がアクティブになっているかにより、結果が左右されます。ラップトップでテストを実施している時、iPadで映画を見ている可能性などもあります。この全てのロードで結果は大きく左右されるため、最も正確なデータを得るためにWiFiスピードテストを実施する前、周波数を使う他のアプリを閉じることが進められます。

4. 渋滞時間対ダウンタイム

ローカルエリアにオンラインユーザーが多ければ多いほど、スピードに影響が出ます(例としてスピードが遅くなります)。インターネット接続のピーク時間であれば、午前3時に比べ、接続が遅いはずです。

5. 使用される道具

ホームネットワークの設定品質や使用されるデバイスの品質もワイヤレススピードテストに大きな影響を与えます。古いパソコンの場合、新しいパソコンに比べ、結果が異なります。さらにデバイスが有線モデムではなくWiFiで接続されてる場合も、結果が異なります。

NetSpotでWiFiスピードを測定する方法


NetSpotは、Macとウィンドウズ用ワイヤレスネットワークサイトサーベイアプリであり、スピード測定を容易に実施することができます。NetSpotのアクティブスキャニング機能性により、素早くWLANスピードを測定することができ、ネットワークエリア全体の詳細なWiFiヒートマップを作成します。アプリはアップロードスピード、ダウンロードスピートとワイヤレス送信スピードを測定します。

WiFiスピードテストを実施するには、無料版NetSpotをダウンロードし、アプリを開いて新しいサイトサーベイを開始します。アクティブスクリーニング画面に入ったら、テストを実施したいワイヤレスネットワークを選択します。アクセスできるネットワーク(オプーンネットワーク又はラップトップにWiFiパスワードを保存しているネットワーク)のみのアクティブスキャンを行うことができます。このオプションを選択すれば、NetSpotはワイヤレスネットワークスピードを各データサンプリングポイント毎に、ランダムなサーバーに問い合わせを送信させ、その送信時間と受診時間を計算測定します。テストを行いたい全てのネットワーク上でこのプロセスを繰り返します。サーベイが終了したら、可視化されたWiFiスピードを分析してください。

ワイヤレススピードのトラブルシューティング


サーベイが完了したら、サーベイされたエリアの可視化されたヒートマップからアップロードスピード、ダウンロードスピードとワイヤレス送信スピードを確認することができます。ヒートマップには最も速いと最も遅いWLANスピードが強調されます。問題のエリアを確定したら、遅いWiFiスピードの理由のトラブルシューティングを開始できます。いくつかの問題例などは:

  • 遅いAPは速いものを圧倒していますか?
  • 同時に複数のAPがネットワークにアクセスを試しているため、APのオーバーロード状態になっていますか?
  • 状況に合わせたベストな802.11プロトコルや周波数を使用していますか?
  • ワイヤレスアダプターがオーバーロード又は古いものを使用していますか?
  • ワイヤレスエクステンダーやリピーターを使用していますか?
  • 信号妨害による問題ですか?

好みに合わせた方法でネットワークが作動し始めたら、その状態を保つことが次にチャレンジになります。NetSpotはネットワークの監視に役だ足すことができます。月一のペースでスキャンを実施し、問題になる前にワイヤレスネットワークのスピードの変更などを把握することができます。さらに詳しい情報は NetSpotナレッジベースをご参照ください。


さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください

ウィンドウズ版ができました!

NetSpotはWiFi速度の向上とWiFi信号を強化できる優れたアプリです。
無料のWiFi信号ブースターアプリをゲットしましょう

WiFiの可視化を次の段階に


その他の記事

今すぐNetSpotでWiFi信号を強化しましょう
標準802.11a/b/g/n/ac
ワイヤレスネットワークアダプター(AirPortに対応)のMacBookで作動します。