• #1 NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

電波ノイズ率とは何かと、計測の方法

万が一強力なWiFiルーターやメッシュを持っているのに電波の状況が良くない場合は、装置そのものではなく電波のノイズが高いことが原因かもしれません。
トップチョイス
  • NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
電波のノイズとは何かと、映画のストリーミングや安定したダウンロードをはじめとする快適な接続を行うためのノイズの計測や対策についてをご紹介します。

にジャンプ...


電波ノイズ率:風の強い場所で小麦粉を使用するような状況

ルーターの接続を適切に行ない、スムーズに使えるはずの状況の中で、なぜか特定の部屋に電波が全く届かないなどという状況があります。ルーターを良いものに変えても改善しなかったり、対策が全く効果を発揮しないこともあります。高価で強力なメッシュを実装したはずなのに、なぜか会議室にだけ電波が届かない。電波は良好なはずなのに接続が不十分といった状況に出くわすこともあります。

その場合の問題は、ネットワークの種類や電波の強度ではなく”電波のノイズ率”に問題があるかもしれません。これらはSNRや電波の”いびき”とも呼ばれ、WiFiの邪魔をするものとして扱われています。

SNRの及ぼす影響は深刻で、電波が良好なのにダウンロードが遅くなったり、特定の場所で接続が途切れるなどといった阻害が起こります。接続している電波のSNRを調べ、どのような問題が起きているかを知ることはとても重要です。

SNRとは何か

SNRとは”電波ノイズ率”のことですが、その電波ノイズ率というものはそもそも何でしょうか。ノイズはWiFiの電波とは、WiFiそのものの電波以外の電波が接続の際にどれだけ不純物として混ざってくるかを意味します。

WiFiの接続に問題がある場合、その理由は主に2つあります。

  • 電波の死角:電波が通じない場所を意味します。 WiFiルーターとの距離や、建物の素材など様々な要因があります。死角に入ると、電波が全く入らない場合があります。

  • 電波ノイズ率:電波ノイズ率は、WiFiの電波の良好さに関わらず、その他の電波が阻害をしてしまいデバイスが電波をうまく拾えない状況となります。

大きな部屋の問題としての例は、片方の隅に1人がいて、もう片方の隅にもう1人がいる場合、声の小さい人は大声で話さなければいけません。電波の死角はこれに近い現象となります。

電波ノイズ率は同じ部屋の中にもっと多くの人がいて、話をしようとしても他の人の話し声や物音で全く聞こえないような状況に似ています。もし声が似ている人が近くにいたら、誰の声が誰に話しかけているかすらわからないような状況となってしまいます。

電波ノイズ率について理解する

SNRは”75%の電波と25%のノイズ”のような計測の仕方ではなく、電波に何%のノイズが上にかぶさっているかの率を図り、100%のいくつかを取り去るという数値ではありません。電波がデシベルで計測されるのもまた、音量のデシベルと混乱を起こしかねない理由となっています。

さらに、WiFiのデシベルはマイナスで計測されるため、0を下回る数値が計測されます。-15dBm(1ミリワットあたりのデシベル)の場合、-50dBmよりもいい数値となります。マイナスが入ることで混乱しがちですが、マイナスである以上数字が大きい方が弱くなります。数値が低い方がいい電波となります。

電波の数値を2つの違う部屋で測る際、ある部屋が-20dBmの電波数でノイズ数値が-60dBmの時、電波ノイズ率は電波の数値の差分となります。その際には、40となります:

電波ノイズ率
電波ノイズ率

もう1つの部屋の電波は-20dBmで、ノイズ数値が-25dBmであった場合、電波ノイズ率は極めて低い数値の5程度となります:

電波ノイズ率
電波ノイズ率

電波とノイズの相関の難しい点にお気づきでしょうか?基本的なルールとしては、電波ノイズ率が低いほど、コミュニケーションが悪くなります。SNR率は高い方がよく、高い方が電波とノイズが離れているという意味になります。

では、いい電波ノイズ率とは何でしょうか?

電波ノイズ率、SNRやS/Nと呼ばれるこの利率は、”確率”ではなく、電波とノイズの距離を指します。数値が大きければ大きいほど良い数値となります。

20dB以上のノイズ率が一般的なパケットには良いとされています。ネットサーフィンなどに良い数値とされ、ご覧のチャートにその流れの詳細と関連が記載されています。高画質の動画を見たり、クリアな音声、ビデオチャットをお求めの場合のSNRは25以上が必要とされています。その数値と実際の影響は以下となっています。

  • 5dB から10 dB:この率ではほとんどのオンラインがまともに行えないため、まずは問題の解決から始めましょう。電波に完全にかぶさるほどの高い阻害率となります。

  • 10 dBから15 dB:非常に不良な率ですが、ウェブサイトの観覧やダウンロードはEメールなどの基本動作は可能となりますが、十分とは言えないでしょう。

  • 15 dBから25 dB:ウェブサイトの観覧やダウンロードに十分な平均値と言えます。1080pの高画質動画やNetflix、Youtubeなどにはまだ不十分な数値です。

  • 25 dBから40 dB:良好な数値です。ビデオ会議や高速でのストリーム、大きなサイズのファイルのダウンロードや.isoファイル、オンラインでの映画の視聴などが十分に行えます。

  • 40 dB 以上:40を超える数値は非常に高度な数値と言えます。理想的、それ以上の数値です。

周波帯の強度などもこれに加えて考慮されます。周波帯強度が-5dBでノイズが0の場合、ノイズは問題がないと言えますが周波帯がそもそも弱すぎる状況となります。まずは電波の強度を強化してから、電波ノイズ率に移りましょう。

電波とノイズの計測方法

電波ノイズ率を効果的に計測するにあたり、NetSpotのMacOS版は非常に役に立ちます(残念ながらWindows版にはノイズ率の計測機能そのものはありません。ロードマップの機能の中に組み込まれていますのでそちらをご利用ください)。

Macをご利用の方の使用方法は数ステップのみと非常に簡単です。

  1. NetSpotを起動する。
  2. ディスカバーモードを「選択する(自動的に起動する機能でもあります)。
  3. 調査したいWiFiネットワークを選択します
  4. 電波ノイズ率が計測されます。

NetSpotーネットワークアナライザーアプリ
NetSpotーネットワークアナライザーアプリ
  1. 電波からノイズ数値をマイナスしたものがSNRとなります。

例としては、電波が-39で、ノイズが-80だった場合、(-39)-(-80)=41がノイズ率となります。また、色で簡単に識別も可能です。緑は良好を意味します。

SNRの問題を解決する

電波ノイズ率を改善するための方法はいくつかあります。まずは当記事でも紹介しているようなNetSpotなどのWiFiアナライザーを使用し、全てのネットワークのリストを確認します。

NetSpotーディスカバーモード
NetSpotーディスカバーモード

WiFiの電波一覧をチェックした後、SNR率の改善を図る方法は以下となります。

  1. 不要なWiFiネットワークを取り除く。ビジネスでの使用の場合は特に重要な要素となります。必要のないはずのWiFiが携帯電話やテザリング、その他のデバイスから流出していることがあります。NetSpotを使用して、電波強度の比較を行いましょう。

  2. ”ノイズの多い”デバイスを確認する。WiFiルーターの周りにどのような家電製品があるかを確認します。テレビや冷蔵庫をはじめとする様々な家電製品の横にルーターを設置していませんか?それらの家電製品から距離を離してみましょう。会社のWiFiルーターが社内アラームの横にあり、ルーターの設置位置を変えただけでノイズが大幅に改善したという事例などもよく見受けられます。

  3. 不要な電波の電源を切ります。ルーターの中には2.4GHzと5GHzのどちらにも対応しているものもあります。2.4GHz。

だから、私たちのおすすめです。
NetSpot
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
  • #1
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング

  • 500K
  • ユーザー
  • 6
  • クロスプラットフォーム
  • Mac/Windows

ノイズレベルが高い場合のトラブルシューティングにも、いくつかの方法がありますが、問題の解決に取り掛かる前にまずはNetspotをインストールしましょう。無料版もご利用いただけ、有料版にアップグレードすればヒートマップをはじめとする多数の便利な機能が利用可能となります。アプリをダウンロードして、電波ノイズ率の問題を解決して快適なインターネットアクセスをお楽しみください。
質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

WiFiについての全てを次でお話しします。

WiFiについてもっと深くご存知になりたい場合、WiFiセキュリティーについて、ワイヤレスネットワークの最高のアプリについて、フライトでのWiFiについてなどをチェックしてみてください。

その他の記事

NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。