• #1 NetSpot
  • あなたのWiFiセキュリティを精査する最高のWiFiツール
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

WiFiセキュリティーのすべて

WiFiセキュリティーは非常に多岐にわたるカテゴリーですが、基礎を知っているだけでも大幅にオンライン上の犯罪を防ぐことができます。新たな方法でWiFiのセキュリティーをかいくぐって個人情報を盗んだり電波を盗むユーザーは多数存在します。
確認済み
  • NetSpot
  • WiFiセキュリティへのエッセンシャル
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

NetSpotをダウンロードしてご自身のWiFiネットワークを推奨されるセキュリティー基準まで改善させましょう。

にジャンプ。。。

WEP、WPA、WPA2とは


WiFiセキュリティーは昨今でも話題のトピックです。想像以上に安全性に懸念があるWiFiというのはまだまだこの世に多く存在します。事実、カスペルスキー・セキュリティー・ネットワーク(KSN)の統計によると、世の中のWiFiの24.7%がパスワードの設定がされていないという現状です。

無料開放”されて誰でも接続できるWiFiがこれにあたります。またこれらのネットワークは接続したユーザーのオンラインでの行動を公開することにも繋がっています。言うまでもなく、個人情報の観点において開放されているWiFiでのいかなるオンラインアクティビティは安全とは言えません。 それらを救うのが、ワイヤレスネットワークを守るセキュリティアルゴリズムです。WEP、WPA、WPA2は最も有名なシステムと言えます。

WEPとは?

WEPとはWired Equivalent Privacyの略で、IEEE 802.11のセキュリティーアルゴリズムを使用したワイヤレスネットワークです。900MHzと2.4、3.6、5または60GHzの周波数に対応しています。WEPは1997年に開発され、WPA(Wi-Fi Protected Access)が登場する2003年され、その安全性の懸念から非推奨となるまでの間、主要なセキュリティーアルゴリズムとして使用されていました。


64ビットの標準WEPには40ビットキーのみが使用されており、このキーはユーザー間で共有されています。そのため大規模な組織におけるセキュリティーの懸念の解消には不十分と言えます。2001年に最初のWEPが開発された際、WEPで保護されたネットワークは3分以内に破られ、誰でもインターネットを使用できるという実験結果をFBIが発表しました。

現在では、WEPの採用率は世界でも3%程度と言われています。新型のルーターでは対応すらしていないものがほとんどです。また、WEPを使用する際にはWEPの弱点を警告するようなメッセージも頻繁に表示されます。

WPAとは?

WPA(Wi-Fi Protected Access)とWPA2(Wi-Fi Protected Access II)はWi-Fiアライアンスにより構築されたセキュリティーアルゴリズムで、WEPの弱点を大幅に改善したアルゴリズムと言われています。

WPA2は現在では世界のWiFiルーターの約70%のセキュリティーシステムに採用されており、大手のメーカーのほとんどの製品のデフォルトセキュリティーオプションとなっています。WPA2はAES(Advanced Encryption Standard)の暗号化を採用しており、NSA(National Security Agency)の承認する最高秘密情報の電子暗号化処理能力を備えていると言われています。.

WEPよりも格段に安全性の保証されたWPA2にまだ大きな問題は指摘されていませんが、WPA2の最大の欠点はセキュリティー性の低いパスワードを設定してしまうとその弱点が顕著となります。Wi-FiアライアンスはWPA3にてその問題の改善に取り組んでいますが、普及化には数年の年月がかかると言われています。それまでの間は、記事の後半で紹介するようなセキュリティー性の高いパスワードを使用し、電波の安全を守ることを推奨します。

WEPとWPA暗号化についての詳細はこちら

WPA3の時代がやってくる

WPA2を大幅に改善させ、セキュリティープロトコルのより高い安全性の約束された次世代のセキュリティーがWPA3となります。公共のネットワークの盗難を防ぎ、ユーザーの安全性を守るその水準の高さは、セキュリティーの警告文を過去のものにさせるほどでしょう。

Wi-Fiアライアンスの情報によると、このセキュリティーシステムは2019年以内には利用可能になると言われており、以前のものよりも格段に安全性の利点が高いと言われています。すべてのデバイスがWPA2からWPA3に切り替わる際には、WPA2はセキュリティーの観点から衰退してゆくと予測されています。

WPA3が一般化されると、以下のようなメリットがあると言われています:

パスワードの保護

新しいパスワードの作成は手間がかかるので、1つのパスワードを複数のデバイスに設定しており、そのパスワードですら安全性に優れたものではなくハッキングが簡単ということはよくあります。WPA3では新しい互換性のあるプロトコルを採用し、ランダムにパスワードを入力し簡単なパスワードを破るというリスクを大幅に軽減できます。

デバイス接続への安全性

現在のセキュリティーシステムでは、ネットワークを使用するデバイスの安全性を守れるものはまだありません。WPA3はWiFi接続を簡単にする一方で、デバイスのインターフェース情報の公開を最小限にする機能が備わっています(例:IoTまたは自動装置など)。QRコードをデバイスでスキャンし、そのまま安全で快適な接続がご利用いただける仕様となっています。

NetSpotでエンコードを確認しましょう

複数のWi-Fiネットワーク調査、分析、トラブルシューティングに適したパワフルで最先端のツール

iOSで推奨されるWiFiセキュリティーとは?

iOSデバイスでは、WiFiネットワークの設定の際に推奨されるセキュリティーが警告されることがあります。警告文により、お使いのWiFiネットワークのセキュリティーの推奨状態を知り、改善することが可能です。

パスワードが弱い場合やネットワークが古いセキュリティーアルゴリズムを使用している場合、またはパスワードがかかっていないネットワークなどに適用され、”i"のアイコンが表示されワイヤレスネットワークのセキュリティーの弱さをお知らせする機能となっています。

WiFiセキュリティーに関しましては、こちらのWiFiハッカーの対策の記事から個人情報を盗まれないための対策をご参照ください。

一般的なWiFiホームセキュリティの脆弱性

WiFiホームセキュリティーはほぼ全てのご自宅のネットワークを使用する装置において重要な役割を果たしますが、残念なことにそれぞれのセキュリティーにも脆弱性があり、その対策を知っておくことが不可欠となります。

KRACK(またはKey Reinstallation Attack)

最も驚異的と言われるWiFiの弱点は2016年にベルギーにて研究者のマーティ・バンホーフとフランク・ピセンスが、KRACK(正式名称:Key Reinstallation Attack)と呼ばれる反復的に行われるサイバー攻撃を発見しました、以前は安全に暗号化され守られていると信じられていた個人情報を盗み、観覧してしまうことができるのです。

KRACKの最も厄介な特徴は、全てのプラットフォームに使用されてしまうところです。Microsoft Windos、Mac OS、iOS、Andoroid、LinuxやOpenBSDなども脅威に晒されています。

KRACKの攻撃から安全を守る方法をご参照になり、今すぐに6つの手順でお使いのネットワークを安全に保ちましょう。

WiFiセキュリティーの最善な対策

最高のワイヤレスセキュリティーを保つためにの記事にリストアップされているものはこの記事の本題とは少しそれますが、それでもご自宅やオフィスでネットワークをご利用になる際に、プロ仕様のネットワークアドミニストレーションの基礎を知っておくことは非常に重要です。

安全性の高いパスワードを設定しましょう

どのWiFiセキュリティーを使用したとしても、パスワードの強度はオンライン上の犯罪を防ぐ最も重要な要素と言えます。良いパスワードとは、十分な長さがあり、ランダムに入力してもたどり着かない複雑性と、簡単に推測されないような単語やフレーズの使用が重要となります。パスワードが破られてしまう平均的な文字数は こちらからご覧いただけます。

ルーターのアップデートを怠らない

スマートフォンのように、ルーターにもオペレーティングシステムの定期的なアップデートがあり、その脆弱性やバグを後から直す機能が追加されることがあります。ルーターの中には自動でアップデートしてくれるものもありますが、月に一度など定期的にルーターが最新の状態になっているかを確認しましょう。

ワイヤレスセキュリティーをチェックする

WiFiの調査や状態のチェックができるNetSpotのようなアプリを使用すれば、WiFiのセキュリティーの設定やお近くのWiFiネットワークの情報を簡単に入手できます。NetSpotは WiFiを無断利用するユーザーを強制切断する方法や、ルーターの能力を最大限に活かせる設置場所などのお役立ち情報が無数に取り揃えています。

結論

WiFiセキュリティーは、分厚い本が世の中に何冊も出回っているように、非常に複雑なトピックです。それでも、まずは基礎を知り、安全性の重要さに気づいた上で対策を取ることが非常に重要となります。

NetSpotでエンコードを確認しましょう

複数のWi-Fiネットワーク調査、分析、トラブルシューティングに適したパワフルで最先端のツール
質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

WiFiについての全てを次でお話しします。

WiFiについてもっと深くご存知になりたい場合、WiFiセキュリティーについて、ワイヤレスネットワークの最高のアプリについて、フライトでのWiFiについてなどをチェックしてみてください。

その他の記事

NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。