WiFiホットスポットに関して知っておくべきこと



今、技術を持ち運ぶことができる世の中で、ワイヤレスアクセスにより、パソコンデバイスを容易に持ち運ぶことができます。移動中、全てのワイヤレスデータを利用するか、またはワイヤレスホットスポットと言うデバイスを用いることができます。

WiFiホットスポットとは何



WiFiホットスポットとは、ある一定の場所でデバイスを使えるようにした場所のことを指します。これらのホットスポットはおよそ10年前、喫茶店やレストランで有名になり、今となっては、人が集まる場所(モール、空港、ホテルなど)によくあります。街により、公的な建物や公園などにもホットスポットが備えられています。安全なホットスポットを見えつけ、十分な接続が可能であれば、より便利にアクセスすることができます。

理論的には、良いホットスポットはウェブを検索することでWiFiが備えられている場所を探すだけの手間です。さらに、ワイヤレスプロバイダーやインターネットプロバイダーもコミュニティーにホットスポットを設置している可能性もあります。例えば、Xfinity WiFiのホットスポットは購読者により利用可能です。

どのようなWiFiホットスポットがあるのでしょうか?検討して見ましょう

無料WiFiホットスポット



幾つかの方法で無料WiFiを得ることができます。まず最初は、他のサービス、例えばクラブ加入権やホテル予約でついてくる無料WiFi、もちろん、他の品物やサービスの支払いが発生するため、完全に無料とは言えません。さらに、このようのプロバイダーは各ユーザーの帯域幅に上限をつける可能性があるため、アクセスが遅くなる可能性もあります。

もう一つの方法としては、他のユーザーの保護されてないネットワークからWiFi信号を使う方法があります。この方法であれば、あまり費用はかかりませんが、他人のルーターのオーナーがアクセスを提供し続けることを前提としているため、一貫性がありません。ほとんどの人は、WiFiネットワークをいずれか保護するため、すぐにでも、他の「無料」プロバイダーを探す必要性が生じます。

無料WiFiホットスポットの代換としては商業サイトがあります。商業サイトはクレジットカードやパスワードの許可で設定することが可能です。このようなサイトでは、アクセスは関連するページに限られることが多です。

携帯可能なWiFiホットスポット


ある一定の場所でホットスポットの有無に疑念がある場合、携帯可能なWiFiホットスポットを使うことができます。ホットスポットを探す手間なく、携帯可能なWiFiホットスポットであれば、どこからでもインターネットに接続することが可能になります。デバイス内部に携帯ルーターが搭載されるため、デバイスに余分なソフトウェアをダウンロードせず、複数のデバイスが接続できます。しかし、持ち運ぶ必要のあるデバイスの数がこれで増え、さらに充電する必要があります(携帯する便利性が多少衰えます)。さらにインターネット接続が遅くなる可能性もあります。しかし、携帯可能なWiFiにより、公的ホットスポットの一貫性がないような場所でもインタネットに接続することができるようになります。

WiFiホットスポットデバイス


ほとんどのWiFiデバイスに対応できる携帯ホットスポットデバイスを購入することが可能です。デバイスによりますが、ベージックなものは$20ぐらいです。デバイスは4G LTEであるため、スピードに問題が起きる可能性はありません。ホットスポッットから30−40フィートの距離でもデバイスを使用することができます。選択する携帯可能なホットスポットにより、同じホットスポットから複数の携帯デバイスを使用できる可能性はあります。ホットスポットが使用可能になるため、ワイヤレスプランが必要です。ワイヤレスプランの一部としてアクセスできることも可能でありますが、相当な費用がかかる筈です。データプランの費用がかかり、使い過ぎた分の費用も発生します。

ホットスポットセキュリティ


WiFiホットスポットを使用する場合、セキュリティのことも考える必要性が生じます。ホットスポットプロバイダーは、お客様ができるだけ早くサービスを使用したいことを知っているため、セキュリティを犠牲にする可能性もあります。暗号化はワイヤレスセキュリティの鍵となります。暗号化されてない場合、ハッカーはデータを盗みとることができます。しかし、WiFiホットスポットからパソコンに流れるデータが暗号されてない可能性もあります。さらに、ハッカーが公的ホットスポットを乗っ取り、疑いのないユーザーから情報を盗み取るダミーなホットスポットサイトも問題になります。

ホットスポットインターネットアクセスを貴重品として扱うことで、その安全性を保つことができます。オンラインバンキングサイトなど、安全性を保ちたいサイトを訪れないようにしましょう。また、複数のパスワードやユーザーネームを使うことで、機密性の高い情報の安全性を保ちます。安全はシンプルなソリューションから得ることができます。

携帯可能なホットスポットの場合、セキュリティの問題は他人がサービスを盗み取る問題から発生します。家のWiFiの場合、このような問題は発生しても、解決策はあまり値を張りませんが、データプランを携帯デバイスで使用する場合、他人がアクセスを盗み取ることで、多くの費用が発生する可能性があります。この問題を解決するには、安全性の高い携帯可能なデバイスを使うことです。これは、データ暗号化を含む安全対策のあるデバイスを買うことで解決できます。さらに、ハッカーが簡単にデータを盗み取るようにしないでください。デバイスの名前とパスワードがすぐにわかるようなものは使用しないでください

NetSpotで問題解決


良いWiFiスポットを得ることで、パワフル、安全で値段があまり張らない物を探すことが目的です。これらの観点全てを満たすWiFiホットスポットを探すことが解決策になります。これはどのようにしてできますか?他の方の情報を頼りにできます。ハードウェアを増やすことも可能です。または、信号の強度に集中するソフトウェアを探すことができます。このようなソフトウェアはあります:NetSpotです。

NetSpotはWiFi信号強度をサーベイするためにデザインされたソフトウェアです。しかし、信号強度のみが重要でないため、NetSpotにはさらなる機能性が搭載されています。他のデバイスからの信号ノイズや他のネットワークからの妨害も問題になり得ます。NetSpotは周辺エリアを評価し、この重要な三問題に関するレポートを作成します。また、NetSpotはご自宅やオフィスのWiFiの調査に優れたアプリです。 WiFi ホットスポットの評価などにもご利用いただけます。

NetSpot(www.netspotapp.com)は簡単にMac OS Xやマイクロソフトウィンドウズシステムに簡単にダウンロードできるソフトウェアプログラムです。ダウンロードされたプログラムはすぐに活用できます。素早くチェックを行う場合、プログラムを開き、ページ上にあるスライダーを「ディスカバー」にスイッチします。これで一定のエリアでの信号強度をチェックすることができます。この機能性は家でも外でもホットスポットを検出する際に非常に役立ちます。

サーベイモードは周辺の信号強度に関する総合的な判断を得るために使用できます。まず最初に、マップをアップロードして、システムが信号エリア内のポイントを参照します。NetSpotがサーベイを完了したら、弱い信号の強度を表示します。家やオフィスでは、全体の信号強度を向上するため、様々な対策、例えばWiFiリピーターなどを設置できます。よく訪れるホットスポットでは、最も良い位置を検出することができます。

他の機能性はその他のワイヤレス問題を解決します。信号対ノイズヒートマップは、色ついた識別子(青と紫はノイズが高いエリアを示します)で問題位置を表します。また、青や紫は妨害エリアを示し、この問題は信号を強化するデバイスで解決できます。NetSpotをWiFiホットスポットとして使用している場合、アクセス可能なWiFi信号を最大限に活用していることを確認できます。NetSpotと正しいホットスポットがあれば、家のシステムの利便性を街中でも活用できます。

WiFi技術やWiFiユーザーは家でも街中でも、さらなる品質の信号を求めます。25年前、ダイヤル回線の時代から相当進歩してきました。これは、WiFiホットスポットやNetSpotと言ったツールを活用して、さらなる進歩をすることでしょう。


さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください
nsWinImageWhite

ウィンドウズ版ができました!

NetSpotはWiFiネットワークの分析、最適化と問題いのトラブルシュートの手助けを行います。
無料のWiFiアナライザーアプリをゲットしましょう

NetSpotをワイヤレスアナライザーとして


その他の記事

今すぐNetSpotでWiFi信号を強化しましょう
標準802.11a/b/g/n/ac
ワイヤレスネットワークアダプター(AirPortに対応)のMacBookで作動します。
★★★★
969名のユーザーのレビューで、4.8のランクを獲得しました。
バージョン2.11 • レビューを書く