• #1 NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

予測調査

WiFiネットワークの設置は、最適な装置の数、設置場所、アクセスポイントの設定など様々な要素を巻き込みます。その中でも、予測調査と呼ばれるテクニックがあります。
トップチョイス
  • NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
ほとんどの場合、予測調査は実地調査に取って代わる役割を果たします。

予測実地調査とは?

例えば、小規模のオフィスにWiFiネットワークの設置をする必要がある際に、素早く、安定したWiFi を設置するにはどうしたら良いでしょうか?

予測実地調査はインターネットの取り付けを非常に簡単にしてくれます

WiFiアクセスポイントを設置してから計測を行ない必要なものを追加、アクセスポイントの移動なども後で行なうことももちろん可能ですが、WiFiネットワークの設置に大幅な時間を費やすよりも、まずは予測調査のソフトウェアを使用し、予測実地調査を行ない適切な場所に適切な ワイヤレスアクセスポイント を設置するのが理想的です。

予測実地調査のメリットとデメリット

予測実地調査は調査地の事前調査が必要ありません。小さな空間にネットワークを設置する際に非常に便利と言えるでしょう。限られた時間内で早急に実装が必要な場合、時間が大幅に削減できます。

予測実地調査の試行はいつでもどこでも行うことができ、通常の実地調査よりも所要時間が少ないため、時間というコストの削減には確実性があります。

近年のWiFi予測調査ツールは、非常に高性能

近年のWiFi予測調査ツールは、期待をはるかに上回る正確さが魅力です。誤差も10%を超えることはまずありません。WiFi予測調査だけでも正確な結果が得られるようになってきました。計画の段階で全ての結果がすでに把握できていることは大きなメリットとなるでしょう。

予測調査の欠点は、最後に実際の実地調査を行ない結果を確認しなければならない点でしょう。設置場所、装置、設定が各アクセスポイントで適正に稼働しているかは後で答えあわせをしなければいけません。ただし、使用に関して大きな支障が見受けられない場合に限り、実際に使用してみた感覚に任せて実地調査をスキップすることも可能です。

ワイヤレス予測実地調査の前提条件

予測調査を適切に行なうためにも、以下のことを留意しておきましょう:

  • 設置箇所の全体図や地図:ワイヤレス予測実地調査は、設置箇所すべての範囲内におけるアクセスポイント間の電波の動きを予測します。結果は地図に沿って表示されるため、調査場所の地図や図面が正確でないと結果の信頼性が大きく損なわれます。

NetSpotによるWiFiヒートマップ
  • 建物の素材:ワイヤレスの電波は囲まれるものの素材によっても違う動きをとります。例えば2.4GHzのWiFiの電波がコンクリートの壁を通り越すと、通信が23dB低下します。5GHzの場合は最大45dBもの通信を失ってしまいます。れんがや木材はそこまで大きな影響はありませんが、ワイヤレス実地調査を行ないどれほどの影響があるかの確認は非常に大切です。

電波レベル
  • RFインターフェースとなり得る物質:壁や固定された障害物の他にも、ワイヤレスの電波は様々なものに影響を受けます。Bluetoothやコードレスの電話、コードレスマウス、自動ドア、ワイヤレスインターフォン、ベビーモニター、電子レンジや2A以上を必要とする電化製品など、影響は多岐に及びます。
  • ネットワークを使用するデバイスの数:WiFi調査を実施する上で、どれだけの人がWiFiに継続してアクセスするか、継続してアクセスする人全てに十分な強度の電波を届ける状況を把握しておくことは非常に重要です。学校、病院などではより多くの人とデバイスに十分な電波を届ける必要があるため、設置に必要なものもまた変わってきます。
  • 必要なカバー範囲の把握:調査を行なう範囲の中でも、特に強力な電波を必要としない場所もあるかもしれません。また、業務用の場合は、部署別、お客さんや外部の人など使う人によって複数の電波を作り チャンネルを変えて電波の干渉を防いだり、セキュリティーの改善を行いましょう。

WiFi予測調査ソフトウェアツール

WiFi予測調査ソフトウェアツールは、予測調査を非常に簡単に行なってくれるお役立ちツールです。様々なツールが出回っている中、その使い方や正確さなども違うため、当記事でのおすすめのツールをご紹介します。

NetSpot 3は予測実地調査機能も充実しています

NetSpot3は、ついに予測調査も行なうことが可能となりました。使い方も非常に簡単で、WiFi電波の設置における予測を非常に正確に行い、使用環境や知識量にかかわらず、場所と状況にあった結果を皆さまにお届けします。

NetSpot 3の予測実地調査モードでは、調査と探知の2つの機能をさらにパワーアップしてお届けします。

NetSpot ディスカバーモード

調査モードでは、非常に簡単にご使用環境の調査を行うことができます。集められたデータを ヒートマップで色別にわかりやすく表示します。ディスカバーモードでは、調査範囲内にかかるすべての近隣のWiFiネットワークを検知し、どのような近隣の電波が影響を及ぼすのかを図にまとめて表示します。

だから、私たちのおすすめです。
NetSpot
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
  • #1
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング

  • 500K
  • ユーザー
  • 6
  • クロスプラットフォーム
  • Mac/Windows

結論

予測実地調査は、調査環境でこれから起こり得る電波の状況や環境を予測する調査です。実際WiFiの装置を購入し設置を行なう前に電波が届かない部分や、パフォーマンスを事前に知っておくことは大きなアドバンテージになることでしょう。NetSpot 3のようなツールを使えば、難しい操作も必要なく誰でも簡単に高度な調査をご利用いただけます。

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

WiFiについての全てを次でお話しします。

WiFiについてもっと深くご存知になりたい場合、WiFiセキュリティーについて、ワイヤレスネットワークの最高のアプリについて、フライトでのWiFiについてなどをチェックしてみてください。
NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。