5つ最も優れたWi-Fi メッシュネットワークシステム、2018年度

ご自宅で安定したWi-Fi信号を保つに苦労してことはありますか?スペース内に信号が弱くあるいは全く存在しないデッドスポットなどを発見しましたか?この様な問題は高額のメッシュルーターで解決することが出来ます。

メッシュルーターの比較


2016年の冬あたり、Eero、LumaとPlumeと言った小さなブランドがメッシュルーターを販売することでWiFiシステムの革命を起こしたさい、大きなブランドがこのドレンドに乗ってきました。その後、Netgear (Netgear Orbi)、Linksys (Linksys Velop)とGoogle (Google Wi-Fi)もメッシュルーターソリューションの提供を始めました。今でもさらに多くのブランドは製品開発を急いでいます。

これ程ポピュラーになっているため、メッシュルーターは単なるトレンドではなくなって家のWi-Fiをアップグレードする価値はあり得ます。wifiメッシュネットワークの場合、正しい配置が最も重要な要素です。

Wi-Fiメッシュネットワークノードの正しい配置を見つけるため、NetSpotを推奨します。ここで、メッシュネットワークソリューションを検証していきましょう。


1. Netgear Orbi

Netgear Orbiは一般的に二つの部品からなるキットとして販売されるため、伝統的なメッシュシステムとは異なります。一般的なルーターとワイヤレス拡張機の様な構成であるが、専属のラジオを使ってルーターとサテライトでデュアルバンドラジオを接続します。

デバイス自体は大きなタワー型であり、アンテナが付いています。このシステムは二つのタワーの間のコミュニケーションに占有のチャンネルを使用します。結果として、天井、床や壁をも乗り越える非常に強いチャンネルを得ることが出来ます。開発社は、一つのユニットをケーブルモデムの横ともう一つのユニットを家を真ん中(それが別の階であっても)の配置を推奨します。

アドミニインターフェース モバイルアプリ、ブラウザー
理論的な最大カバレッジエリア 4,000平方フィート.
イーサネットポート デバイス毎に4つ
USBポート デバイス毎に1つ
スマートホーム統合 Alexa
ペアレンタルコントロール はい
価格 部品二つからなるキット用、$380


2. Eero

Eeroは最も商業化されたホームメッシュキットであり、個々のユニットがベースではなく、互いにコミュニケーションをとることから大きなスペースに最適です。ユニットを増やすことでメッシュにさらなる機能性を加えることが出来ます。

ユニットはすっきりしていてスタイリッシュであり、簡単に配置することが出来、アプリはシステムに関する多くの情報を提供しています。

Eeroは、ゲストネットワークと個人的な、一時停止が可能であるプロファイルを提供することがで、家庭の他の方、例えばお子さんのインターネット使用量を制御する子tができます。Eeroシステムには徹底的な説明書が付属されているため、ネットワーク初心者から専門家までが理解できる様になっています。

アドミニインタフェース モバイルアプリ
理論的な最大カバレッジエリア 無制限
イーサネットポート ノード毎に二つ
USBポート ノード毎に一つ
スマートホーム統合 Alexa
ペアレンタルコントロール はい
価格 三つなら$500、一つなら$200


3. Google Wi-Fi

Google WiFiは魅力的なデザイン、早いスピードと素晴らしい結果を残します。付属のアプリにより、設定は大変簡単になります。効率的な結果を得るため、アプリはユニットの配置までテストします。

Google WiFiがあれば、リモートから個人やグループのインターネットを一時停止することが出来ます。各ユニットのLEDリングは制御可能であり、また、便利なナイトライトにもなります。

アドミニインターフェース モバイルアプリ
理論的な最大カバレッジエリア 4,500平方フィート
イーサネットポート ノード毎に二つ
USBポート なし
スマートホーム統合 Philips Hue、IFTTT
ペアレンタルコントロール いいえ
価格 三つで$300、追加の一つあたり$130


4. Luma

Lumaは革新を起こしているメッシュネットワークシステムであり、Wi-Fiデッドゾーンをなくすことが可能になります。設定は簡単であり、柔軟性のある機能と最高のパフォーマンスを約束します。Lumaシステムにある各ユニットはデュアルバンドであり、二つの有線ギガビットイーサネットポートがあります。ユニットはEeroシステム同様垂直のみに置ける平らな六角形です。

Lumaホームwifiシステムのユニットは同一な形(専門的なベースやサテライトなし)であり、これもEeroに似ています。Lumaユニットを移動することに備え、ラベル付けが賢明です。

Lumaは、ペアレンタルコントロール、インターネットを一時停止、とLumaが名付けた「ネットワークセキュリティスキャニング」と様々な機能が搭載されています。ペアレンタルコントロールと「ネットワークセキュリティスキャニング」は単なるDNSベースのフィルターであり、DNSを基準にしない攻撃を受けた場合、その攻撃を防衛する力がないことを示します。

アドミニインターフェース モバイルアプリ
理論的な最大カバレッジエリア 5,000平方フィート
イーサネットポート ノード毎に二つ
USBポート ノード毎に一つ
スマートホーム統合 Alexa
ペアレンタルコントロール はい
価格 三つで$400、一つ$150


5. LinkSys Velop

LinkSys Velopは洗練された白いタワー型ノードであり、美しいパッケージングよりケーブルが角から出て、リセットボタン(ペーパクリック穴の代わりに)が搭載されています。LinkSys Velopはスリーバンドシステムにより驚くほどのスピードとカバレッジを提供し、ノードもお互いに効率的にコミュニケーションをとります。

このシステムにはペアレンタルコントロール、ゲストネットワーキング、デバイスの優先化、ポートフォーワディングやAlexaとの統合などの機能性が搭載されています。これにより、シンプルなメッシュキットより優れますが、ユーザーフレンドリーなシステムです。

アドミニインターフェース モバイルアプリ
理論的な最大カバレッジエリア 6,000平方フィート
イーサネットポート ノード毎に二つ
USBポート なし
スマートホーム統合 Alexa
ペアレンタルコントロール はい
価格 三つで$480、二つで$350、一つ$200

各Wi-FiメッシュシステムのDavid Pogue氏によるより詳細なレビューはここにあります。

メッシュルーターの利点


信頼でき安定的なWi-Fi信号を得るだけでなく、メッシュルーターシステムには様々な利点があります。ここではいくつかをご紹介します。

  1. ネットワーク管理が簡単になる:メッシュルーターシステムにより、ユーザーは簡単にネットワークにアクセスできる様になっています。ほとんどのメッシュルーターシステムは全自動化されているため、地球上どこからでも携帯電話のモバイルアプリから管理することが可能になっています。メッシュルーターアプリは接続速度を素早くスキャンし、特定的なネットワークのWi-Fiアクセスを遮断し、ゲストネットワークを作成し、異なる時点の接続品質をテストしスマートホームデバイスにまで接続します。
  2. 合理化された接続:レンジ拡張機を使用する場合、異なる名前の別ネットワークを作成する必要性があり、スペース内を移動する場合、手動でWi-Fi接続を切り替える必要性が出てきます。メッシュルーターシステムがある場合、移動している場合でも、常に接続を切り替える必要はありません。メッシュシステムの全ての時点が同じ信号を送信するため、あまりラグを感じることもないです。
  3. 高いセキュリティ:ホームメッシュルーターシステムの中では優れたセキュリティサポートのものがあります。

メッシュルーターの不利な点


物事には完璧がない様に、メッシュルーターにも同じ問題があります。最も不利な点をここで取り上げます。

  1. 高価格:平均的に、良い品質のメッシュルーターキットは大体$300またはそれ以上を要し、追加のユニット毎のコストが$100から$200かかります。伝統的なルーターは$100であり、レンジ拡張機は$20から$100までが目安です。
  2. 無駄にされた資源:小さな家庭では、接続性の問題を解決するためにメッシュルーターを用いれることは大げさになり得ます。あまり大げさなインターネット要求がない場合、メッシュネットワークを配置すること自体が不要である可能性があります。いくつかの小さなWi-Fiデッドゾーンはレンジ拡張機、ルーターの配置を移動または古いルーターをより新しいモデルにアップグレードすることで解決可能です。
  3. 増える設備:ほとんどのメッシュルーターシステムノードはかなり見た目も良く、スマートな感覚はありませすが、家中にノードを配置することに抵抗を抱く人もいるでしょう。

あなたにはWiFiメッシュシステムは必要ですか?


WiFiメッシュルーターはホームWi-Fiネットワークユーザーの観点から最も新しいアップグレードです。メッシュネットワークはネットワークセキュリティが重要な場所、例えば軍の基地や大きな会社では数年前から存在しました。この様な場所のネットワークはよく、孤立化していて、インターネットに接続されません。しかし、最近になってホームネットワークオーナー向けにメッシュネットワーキングが開発されました。

家の敷地が大きい場合 — 最低でも3,000平方フィート — 又は2階建以上であり、内部にレンガの壁などがある場合、Wi-Fiデッドゾーンを無くすメッシュルーターシステムを活用できます。

NetSpotアプリのヒートマップを使用してWi-Fiネットワークの最も強いと弱い場所を把握することができます。


さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください

ウィンドウズ版ができました!

NetSpotはWiFiネットワークの分析、最適化と問題いのトラブルシュートの手助けを行います。
無料のWiFiアナライザーアプリをゲットしましょう

NetSpotをワイヤレスアナライザーとして


その他の記事

今すぐNetSpotでWiFi信号を強化しましょう
標準802.11a/b/g/n/ac
ワイヤレスネットワークアダプター(AirPortに対応)のMacBookで作動します。