Wi-Fi信号をWiFiリピータとNetSpotアプリで拡張しましょう



大きな部屋やビルの場合、一つのルーターでは、ネットワークに接続を試みる全てのデバイスに必要なワイヤレスカバレッジが賄えない可能性があります。このような場合、ワイヤレスリピーターを活用いただけます。Wi-Fiリピーターはネットワークのレンジを拡張させ、限りや妨害なく接続を可能にします。さらに、野外ワイヤレスリピーターを活用することで、デバイスを野外で使うことができます!いずれにせよ、ネットワークリピーターはネットワークにルーターを追加できない際、最も最良のオプシンになります。

ワイヤレスリピーターはどのように作動しますか?


Wi-Fi信号リピーターはネットワークのリレーシステムとして作動します。元のワイヤレス信号を増幅させます。それから信号を家又はオフィス中に再送信します。これらのデバイスはお互いの信号をリレーすることができるため、ネットワークを素早くかつ簡単に拡張できます。さらに、ルーターから直接の接続が不要であるため、簡単に配置する位置を変更できます。必要な場所に、電源がある場所に配置することができます。


最良のWiFiリピーターは予算内に最大のニーズに応えるものです。しかし、どのようなリピーターがあるかを知ってから、ニーズに応えるものを購入できます。ここで鍵になることは、詳細です。

ワイヤレスネットワークリピーター、ブースター又は拡張機?


しかし、ワイヤレスリピーターが唯一のオプションであるとは限りません。多くのWi-Fiブースターやリピーターを使うことができます。このようのデバイスはほぼ同じように作動します。これらのデバイスはWi-Fiカバレッジを向上させます。製造者の間ではリピーターと拡張機のデバイスに差をつけるはっきりした規定がなく、その作動方法に差があります。

ワイヤレスブースター



ワイヤレスブースター又はアンプリファイヤーは信号を増幅、強化します。一般的には、これらのデバイスはモデムやルーター自体にの近くに配置され、又は直接繋げることでアンテナとして作動します。良いブースターは信号強度を6倍強化することができます。

ワイヤレス拡張機


拡張機は信号を増幅して再送信するスタンドアローンデバイスです。ネットワークリピーターと同様に作動しますが、独自のワイヤレスネットワークを作成します。言い換えれば、モデムの名前が「マイネットワーク−1」であれば、拡張機は「マイネットワーク−2」として独立性を確立させ、ワイヤレスデバイスはこの二つの機器の間切り替える必要性が生じます。

Wi-Fi信号リピーターはあなたの元のネットワークを使用します


リピーターはネットワークを変更せず信号を再送信させます。言い換えれば、モデムのリモートブースターアンテナとして作動します。これがリピーターの理論的な役割です。実際、ほとんどのリピーターは拡張機と同じように作動します。実際のリピーターは価格が高く、専門の産業用電子部品店にて販売されます。ネットワークの名前が増えることに問題を感じない場合、この安い「リピーター」はほとんどの問題を解決します。しかし、最良のオプションであるとは言えません。最良のオプションは実際のリピーターを購入することです。

ネットワークサーベイを行なって、ニーズにあった最良のWiFiリピーターを選択する


ほとんどのワイヤレスネットワークリピーターパッケージは二つのルーターを提供します。一つのルーターはメイン信号用のメインルーターとして作動します。もう一つのルーターは信号を増幅させ再送信します。また、現在の設備をそのまま使用し続けることを可能にするシングルルーターリピーターを購入することができます。いずれにせよ、必要になるレンジとカバレッジを提供するリピーターパッケージを購入する必要があります。

まず、NetSpotでWi-Fiサーベイを行います


配置を間違えれば、いくらパワーがあっても、問題は解決されません。このため、まずWi-Fiサーベイを行なって、現在のWi-Fiカバレッジを評価する必要があります。このようなサーベイを素早くかつ効率的に行うには、NetSpotアプリを活用できます。NetSpotは、信号妨害、デッドゾーンやワイヤレスネットワークデバイスの最良の配置を表示します。

サーベイに時間がかかることはありません。ワイヤレスMac又はウィンドウズデバイスをクリック数回で行うことができます。

Wi-Fiサーベイを行うには:

  1. オフィスのフロアプランあるいはカバレッジが必要なマップをアプリにロードします
  2. アプリを作動させ、マップに現在の位置を指します
  3. カバレッジが必要なエリア内を歩き回り、サーベイを完了させます
  4. 作成した信号対ノイズヒートマップを分析します。マップの青い又は紫色のスポットはカバレッジのデッドゾーンになります
  5. ヒートマップを調整して、妨害のエリアを検出します
  6. データを再度分析して、必要なネットワーク仕様とチャンネルを検出します

これで完了です。結果をPDFファイルに印刷でき、オフィスの他の場所の分析などを行うことができます。最終的には、必要なリピーターパワー、配置情報と信号強度がわかります。

WiFiリピーターのベスト5


NetSpotを作動させたら、市場にあるリピーターの能力を分析でき、状況に最も最適なリピーターを選択することができるでしょう。

WiFiリピーターのトップ5を試してみる:

  1. Ubiquiti NanoStation loco M5
  2. Securifi Almond Touchscreen Wireless Router
  3. Netgear Nighthawk Wi-Fi Range Extender AC1900
  4. TP-LINK CPE510 High Power Outdoor CPE/Access Point
  5. TP-LINK TL-WPA4220KIT Wi-Fi Range Extender

この五つのデバイスであれば、ほとんどのネットワーキング作業用にパワーとレンジを提供しています。全てのリピーターからは802.11 g/nのレンジと300 Mbpsのネットワークスピードを得ることができ、5,000-10,000平方フィートのカバレッジを得ることができます。これにより、小さな部屋から大きな部屋で簡単に使用できます。NetSpotで行ったWi-Fiサーベイを元にリピーターを配置します。


さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください
nsWinImageWhite

ウィンドウズ版ができました!

NetSpotはより良いワイヤレス信号を得るためとWiFiネットワーク妨害を減少させる優れたアプリです。
無料のWiFiアナライザーアプリをゲットしましょう

WiFiトラブルシューティングに関する次の手順


その他の記事

今すぐNetSpotでWiFi信号を強化しましょう
標準802.11a/b/g/n/ac
ワイヤレスネットワークアダプター(AirPortに対応)のMacBookで作動します。