• #1 NetSpot
  • Wi-Fiチャンネルスキャナー
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

NetSpotの助けを借りてあなたのWi-Fiスピードを上げましょう - 最高のWiFiチャンネルを選択

安定した Wi-Fi速度を取得しようとすると、必ずしも簡単にはうまくいかないので、いらいらする可能性があります。
トップチョイス
  • NetSpot
  • Wi-Fiチャンネルスキャナー
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
ルーターの設置方法、近くの干渉、住まいの配置、アパートや別の家など、これらの要素はすべて大きな影響を受けることがあります。ありがたいことに、低速の転送速度を固定する方法があります。

Wi-Fiチャネル1,6,11

ルータの設定にはチャネル設定があります。ほとんどのルータにはチャネル設定が設定されてい「自動」ますが、リストを見ると、少なくとも1ダースのWLANチャンネルがあります。では、どのWiFiチャネルが、そのリストで他のユーザーより速いかどうかはどのようにわかりますか?適切なWiFiチャネルを選択すると、WiFiカバレッジとパフォーマンスが大幅に向上します。しかし、最速のチャンネルを見つけても、すぐに選択するというわけではありません。

さまざまな周波数帯(2.4GHz、3.6GHz、4.9GHz、5GHz、および5.9GHz)には、独自のチャネル範囲があります。通常、ルーターは合計14チャネルの2.4GHz帯を使用しますが、実際には世界中で使用されている13またはそれ以下の可能性が高いです。

Wi-Fiチャンネル
Wi-Fiチャンネル

802.11n(a、b、g、n)によるすべてのWi-Fiバージョンは、2400〜2500 MHzのチャネル周波数で動作します。それらの間の100MHz は、それぞれ20MHzの14チャネルに分割されている。その結果、2.4GHzチャネルは2~4つの他のチャネル(上の図を参照)とオーバーラップします。重複すると、ワイヤレスネットワークのスループットはかなり低下します。

1, 6, and 11 channels don’t overlap with one another

2.4GHz Wi-Fiの最も一般的なチャンネルは、互いに重複しないため、1,6,11です。非MIMO設定(802.11 a、b、gなど)の場合は、常にチャネル1、6、または11を使用するようにしてください。下記の図は、北米地域で利用される11のWiFiチャンネルと、その周波数をまとめたものです:

チャンネル最低値 チャンネル中央周波数 チャンネル最大値
1 2401 2412 2423
2 2406 2417 2428
3 2411 2422 2433
4 2416 2427 2438
5 2421 2432 2443
6 2426 2437 2448
7 2431 2442 2453
8 2436 2447 2458
9 2441 2452 2463
10 2446 2457 2468
11 2451 2462 2473

無重複チャンネル

上記のように、2.4GHzスペクトル上の各無線チャネルは20MHz幅である。20 MHzチャネルで802.11nを使用する場合は、1,6,11のいずれかを選択します。40MHzチャンネルを使用する場合は、非常に大きな家の真ん中に住んでいない限り、電波が混雑している可能性があることを考慮してください。

スペクトル全体は100MHzであり、チャネル中心は5MHzだけで分離される。これにより、11チャンネルは選択できませんが、オーバーラップすることになります。

無重複チャンネル
無重複チャンネル

混雑したスペースで使用するワイヤレスチャネル

また、最適なスループットと最小の干渉、チャネル1、6、および11が選択されています。隣接するWiFiネットワークによっては、1つのチャネルが別のチャネルよりも適している場合があります。

たとえば、チャネル1を選択した場合、近所がチャネル2を使用している場合は、オーバーラップを完全に避けるために11に切り替えることをお勧めします。6に切り替えても正常もしくはそれ以上に良くに動作するでしょう。1,6,11以外のチャンネルを使いたい時もあると思いますが、他のチャンネルとコンフリクトし障害に繋がる可能性が高いです。

すべての近所と話をし、各ルーターをチャネル1,6,11に設定するのは完璧な設定です。同じチャンネルを使用しているあなたと隣人の間に厚いレンガの壁がある場合は、おそらく傷つきませんが、あなたの間に薄い壁がある場合は、別の無線チャンネルを使用して作業してください。

WiFiチャンネル1、6、11の使用頻度が高い場合には?

チャンネル2、3、4、5は互いの周波数との重複があり、1、6と重複しています。チャンネル7、8、9、10は6と11に重複しています。つまり、チャンネル1、6、11のいずれかの使用頻度が高い場合、その間の数値のチャンネルの使用頻度も高いと言えます。

チャンネル1、6が混雑している地域にお住いの場合、WiFiのチャンネルを3から6に変更するのはあまり効果的とは言えません。場合によっては電波の強度を失ったり、より混雑した状況を招きかねません。

always stick with channels 1, 6, and 11

とはいえ、設定の際のおすすめのチャンネルが1、6、11であることは混雑状況を問わず基礎的な知識と言えます。他のチャンネルを試し最善のチャンネルをお探しの際は、NetSpotのような電波強度を計測できるアプリを使用しデータを比較しましょう。

WiFi干渉の3つの主な理由

全てのWiFiの接続において、電磁波は悪影響を及ぼします。電波周波数インターフェースとも呼ばれるこれらの影響が挙げられます。

WiFi干渉
WiFi干渉

理由1:チャンネル間の干渉

それぞれのデバイスにネットワークの分配の順番が割り振られます。それらが待機時間となります。デバイスが多いほど、この待ち時間は長くなります。WiFiのインターフェースは電磁波による阻害だけでなく、Wi-Fiルーターの効果を最大限に発揮するためにも、これらのポイントは押さえて置くべき点となります。

先生が小学生に教室で質問を投げかけると、一斉に生徒が答えを言って結局誰の回答も聞き取れないという状況を想像してみてください。これがチャンネルの干渉の状況と言えます。チャンネルの重複は、ルーターを待たせ処理する順番を割り振らなければいけないと言った状況を引き起こすのです。

理由2:隣接チャンネルの干渉

隣接チャンネルの干渉とは、チャンネルが重複している際に起こります。WiFiチャンネルの選択は他の電波からの干渉を受け、お使いのWiFiネットワークのパフォーマンスを低下させてしまう自体を招きます。

NetSpotはWiFiのチャンネルの混雑状況や避けるべきチャンネル、お勧めのチャンネルの情報を提示し、ネットワークのパフォーマンスの改善をお手伝いします。チャンネル1、6、11は隣接チャンネルとの重複がなく一般的に推奨されています。新型のWiFiルーターはチャンネルの干渉を回避する機能が同じチャンネルの使用においても旧型のルーターよりも優れています。

理由3:WiFi以外の電波の干渉

WiFiルーター同士の電波の干渉以外にも、同じ2.4GHzの周波数を使用した家電製品からの電波の干渉が挙げられます。これらの干渉はデータの転送を妨げる場合があります。監視カメラや、Bluetoothを使用したデバイス、ベビーモニターやスマートフォンなども挙げられます。そのほかにも電子レンジをはじめとする様々な家電製品からの電磁波の影響を受けています。.

家電からのWiFiの干渉を避けるためには、電波を発する全ての家電から遠い場所にWiFiルーターを設置することをお勧めします。また、壁やサイズの大きい家具なども電波を阻害する障害物となります。

NetSpotのようなWiFiチャネルスキャナでは、ネットワークを見て適切なチャネルを選択したり、WiFi干渉を減らすことができます。NetSpotチャネルスキャナを使用すると、2.4 GHz WiFiネットワークのパフォーマンスを向上させることができます。

5GHzチャネル帯域

5GHz(802.11nおよび802.11ac)バンドは実際にはより高い周波数でより多くの自由空間を 提供します 。それは23の重複しない20MHzチャネルを提供する。

802.11nから802.11acに移行するにあたって、ワイヤレス技術ははるかに進歩しました。ここ2、3年以内に WiFi ルーター を購入した場合 、おそらくまともな802.11nまたは802.11acルーターがあります。それらのほとんどは、適切な WiFiチャンネル を自動的に選択して出力パワーを調整する ハードウェアを内蔵しているため、 スループットが向上し、干渉が削減されます。

5GHzチャンネルバンドの使用:

  • 802.11n:が2009年にリリースされ、これにより 初期のIEEE802 LANのプロトコルがIEEE 802.11-2007のワイヤレスネットワークスタンダードに改定され、2.4GHzと5GHzの2つの周波数が使用できるようになりました。
  • 802.11ac:は2013年にリリースされました。802.11acは802.11nにおいてチャンネルの割り振りが40MHzから160MHzに拡張され、80MHzが必須チャンネル周波帯として設定されました。これにより全ての区間において、1秒あたり1ギガバイト、また単体でも1秒あたり500メガバイト(500Mbit/s)の通信が可能となりました。
  • 802.11ax:Wi-Fi アライアンスではWiFi 6とも呼ばれる802.11axはIEEE802.11の最新版のスタンダードです。1から7GHzまでの全ての周波スペクトラムに対応しています。802.11axWiFiルーターは11Gbit/sまで進化を遂げたと言われています。この精度の高さのおかげで、近隣の干渉を避けることにも成功しました。

5GHz帯を使用し、厚くて壁が厚く、一般的に5GHzデバイスがないことは、通常、あなたのスペースにほとんど干渉がないことを意味します。このような場合は、40,80、および160MHzのチャンネルを使用することでメリットが得られます。

理想的には、すべてのユーザーがハードウェアを徐々にアップグレードし、5GHz帯を使用することで、適切なWiFiチャネルを選択する必要がなくなります。特に、ルータを独自のものにするためには、MIMO設定(802.11acで最大8)に適しています。もちろん、ルータのチャネル選択を微調整するようなカスタムケースがあります。

最終的には、5GHzでもいっぱいになりますが、それが起きる頃には WiFi チャンネルの周波数を 上げる必要があります。無線ネットワークの世界的なハイエンド需要のために、まったく新しいアンテナ設計が作成されるかもしれません。

2.4GHzと5GHzのどちらを使用するべきか?

最新のWiFIルーターをお持ちの場合は、2.4GHzと5GHzのどちらにも対応しているはずです。どちらにも対応しているのが一般的ですが、数字の大きな5GHzの方を選びがちかと思いますが実際のところどちらの周波帯にもメリットとデメリットがあり、状況によって使い分けるのが良い選択と言えます。

  • 2.4 GHz: 電波のカバー範囲に優れていますが、データの転送スピードにおいて劣ります。
  • 5 GHz: 一方で5GHzはスピードに優れていますが、電波のカバー範囲は狭くなります。

一般的に、高い周波数であるほど安定した電波を供給する範囲が狭くなります。壁や木などの障害物にも弱いため、それらが多い場合はカバー範囲に劣る5GHzはあまり適していません。

また、最新のWiFiの利点として2.4GHzと5GHzを同時に使用できる点が挙げられます。状況により適切な周波数を自動で供給してくれます。これらのルーターは”デュアルバンド”と呼ばれ、便利な一方で高価な点も挙げられます。

中には、”トリバンド”と言う2.4GHzと、ふたつの5GHzに対応しているものもあります。トリバンドのルーターは非常に高価ですが、都市部などの非常に混雑したエリアでは非常に効果的な選択と言えます。

2.4GHzと5GHzが同時に使用できないルーターをお使いの際には、どちらも一度ずつ試し、お使いの状況下で速度の優れた方を選択することをお勧めします。

だから、私たちのおすすめです。
NetSpot
WiFiアナライザーアプリは、標準の802.11a/b/g/n/acワイヤレスネットワークアダプタ搭載のMacBook(macOS 10.10+)またはその他コンピューター(Windows7/8/10)対応。
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
  • #1
  • WiFiアナライザーアプリ

  • 500K
  • ユーザー
  • 6
  • クロスプラットフォーム
  • Mac/Windows

NetSpotで適切なWi-Fiチャンネルを選択する - 最高のWiFiチャンネルアナライザ

NetSpotは、ネットワークを視覚化して適切な判断を下すのに役立ちます。


NetSpotの視覚化により、ワイヤレスの問題の原因とそれらを排除する方法がすぐにわかります。どのチャンネルを使用するか、最適なものを選ぶことができます。「NetSpot」 アプリを開いて 「Discover」 をクリックするだけです。Wi-Fiチャンネルが重複している場所を確認するには、[Channels 2.4 GHz]ヘッダーをクリックします。ネットワークの数が最も少ないチャネル(1,6,11のうち)を探します。


「非アクティブなネットワークの平均値を表示する」オプションはNetSpotでデフォルトで有効になっています。つまり、現在アクティブでないネットワークとその平均値も表示されます。現在非アクティブなネットワークのデータが必要ない場合は、このオプションを無効にすることができます。アクティブなネットワークはグラフ上の実線で表示されます。


WiFiチャンネルアナライザ
WiFiチャンネルアナライザ

上記のグラフでは、選択したネットワークはチャネル5で動作し、チャネル2と8とオーバーラップしています。チャネル6~9はネットワークの数が最も少なく、重複していないことを確認できます。この場合、最良のWiFiチャネルが必要な場合は、チャンネル6から9を選択します。

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

Wi-Fi分析に置ける次の段階

WiFiについてもっとご存知になりたい場合は、以下の記事をぜひお読みください。WiFiルーターについて、ワイヤレスネットワークに最高のアプリについて、WiFiの電波についてなどを揃えています。

その他の記事

NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。