• #1 NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

RF(電波周波数)実地調査

電波周波数実地調査(RF実地調査)は電波のカバーされている範囲での電波の動きなどの情報を提供して、WiFiネットワークの構築をお手伝いする機能を果たします。
トップチョイス
  • NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
ワイヤレスネットワークの拡張装置の使用などを最小限に留めた受けで、死角なく電波を広範囲に届けるインターネットの設置はそう簡単ではありません。

RF実地調査とは何かと、効果について

RF実地調査はワイヤレスネットワークの最適な設定を解析し、電波が十分に行き届くワイヤレスのアクセスポイントの場所を分析します。

一般的には、NetSpotのようなRF実地調査のツールを使用し、電波の範囲を可視化した全体図を作成します。RF実地調査ツールは本来必要な全ての複雑なプロセスを簡単に操作できるようにアレンジしてあります。誰でも使用でき、周波数や電波の干渉などの情報を専門的な器具も必要なく調査を行なうことができます。

この数年の間で、インターネットの接続の必要性はかつてない程に重要なものとなりました。RF実地調査もその役割の一部となっています。商業用に多くのオフィスとその従業員が使用するネットワークや、店舗においてネットワークを問題なく使用するための手段、またはご家庭でのネットワークの調整など、様々な場面で実地調査が活躍しています。

RF実地調査を行なう方法とは?

RF調査を行なう際には、その結果がきちんと正確なものであることを把握するための手順がいくつかあります。

ステップ1: 必要書類を入手する

RF実地調査を行なう前に、調査を行なう場所に関する書類を入手しましょう。地図や図面などがそれらに当たります。大規模な建造物の場合は建設時の設計図なども推奨されています。建材に何が使われているかといった情報は電波の動きに与える影響を知る上で調査の際に役に立つ情報となります。

ステップ 2: 調査する場所を視察する

RF実地調査の必要書類は、ワイヤレスネットワークのパフォーマンスを最大限に引き出す上での手がかりとなる有効情報となります。

しかし、書類だけでは実際の影響の予測が立てにくいため、現地がどのような外観になっているかを実際に目で確かめることもまた重要です。図面には家具などの障害物となり得るものが記載されていないため、実地の状況を実際に確認することは必要事項となります。RF実地調査の結果が予測と違う際に、他に何が原因か、解決策は何かを探る難易度が大幅に違います。

ステップ 3: 現存のネットワークインフラストラクチャーを評価する

強力な電波が必要な場所への接続方法はイーサネットケーブルですか?または光回線ですか?ワイヤレスルーターの数はいくつありますか?複数のルーターがそれぞれ異なる電波を発したり、ひとつのネットワークをメッシュ展開していたりする状態ですか?これらの質問がネットワークインフラストラクチャーに当たります。現在使用している電波の発信状況を把握しておくことは、今後調査を進めるにあたり非常に重要となります。

ステップ 4: 使用範囲を明確にする

ご自宅で家族が使用する、ワンルームのオフィスで限られた従業員が使用するといった場合を除き、隅々まで必要な強度の電波をカバーさせるには、その使用範囲が明確である必要があります。RF実地調査を行い、カバー範囲をはっきりとさせることにより、効果的な電波を低コストでカバーすることが可能となります。

トイレや休憩室、駐車場やエレベーターにも電波は必要ですか?範囲や目的をはっきりさせることは非常に重要な事項となります。RF調査を行ない必要な電波を効果的にかつ最小限の出資で整備するためにも、使用範囲の限定を行ないましょう。

ステップ 5: RF実地調査を行なう

NetSpotなどのRF実地調査ツールを使い、RF実地調査を行ないます(NetSpotについては次章で詳細を説明します)。RF実地調査ツールが調査をどのように行なうかすべて説明してくれます。指示に従い、ゆっくりと行ないましょう。計測箇所はできるだけ等間隔に設置し、同一の計測方法をとりましょう。

ステップ 6: 結果の解釈や変更の方法

RF実地調査ツールを使用すれば、結果のそれぞれの意味はすべてツールが解説してくれるので、電波が弱いエリアや チャンネルどうしの干渉などの問題の解決方法をすべてわかりやすく表示します。ワイヤレスルーターの交換など、ワイヤレスネットワークのパフォーマンスを改善する方法を実行するだけで、現在のネットワークを最高に活用することが可能となります。

ステップ 7: 改善状況のチェック

改善策を実行したら、その後のワイヤレスネットワークのパフォーマンスの違いをチェックしましょう。長期間にわたるチェックが重要となります。時間の経過とともにパフォーマンスの違いを感じる場合は、再度調査を行ないましょう。調査で使用した際の書類などは電波の変化の状況を比較するためにも同じものを使用することを推奨します。

NetSpotを使用したRF実地調査

NetSpotは使用方法も簡単で多目的なRF実地調査ツールで、ご家庭で簡単にプロ仕様で包括的なRF実地調査を行なうことが可能となります。

調査ツールの中でも抜群の使いやすさを兼ね備えながらも、その結果の明確さもまた魅力です。数々の必要情報をわかりやすく可視化し、ワイヤレスネットワークの問題をわかりやすく解析します。

RF実地調査の高性能さに加え、NetSpotは近隣のワイヤレスネットワークの情報もすべて解析します。周囲の電波のレベルや干渉度、ノイズなどをわかりやすく表にまとめて表示します。

NetSpot

NetSpotはWindowsとMacどちらにも対応しています。2.4GHzと5GHzのどちらにもおける20/40/80/160 MHz チャンネルの周波数の調査が可能です。

だから、私たちのおすすめです。
NetSpot
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
  • #1
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング

  • 500K
  • ユーザー
  • 6
  • クロスプラットフォーム
  • Mac/Windows

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

WiFiについての全てを次でお話しします。

WiFiについてもっと深くご存知になりたい場合、WiFiセキュリティーについて、ワイヤレスネットワークの最高のアプリについて、フライトでのWiFiについてなどをチェックしてみてください。
NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。