• #1 NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

WiFiチャンネルの変更の仕方と、最も適切なチャンネルを探す方法

WiFiのインターネット速度を最大限に発揮させるためには、最も適切なチャンネルを選ぶことが重要となります。
トップチョイス
  • NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
NetSpotのようなプロ仕様の WiFiチャンネルスキャナーを利用し、現在ご利用中のルーターに最も適切なチャンネルを探しましょう。NetSpotはMacOSとWindowsどちらにも対応しています。

WiFiチャンネルとは何か?

802.11スタンダードのWiFiネットワークには、それぞれの電波周波数の異なるコミュニケーションが設定されています。2.4Ghzと5Ghzバンドが最も一般的です。そしてどちらの周波数にチャンネルが設定され、細分化されています。

2.4GHzバンドは合計で14のチャンネルに分かれていますが、お住いの国や地域によって使用できるチャンネルは異なります。具体例として、北米では14チャンネルのうちの11チャンネルのみが利用可能となっています。2.4GHzの周波数は22MHzの周波数の幅があり、5MHzごとにチャンネルが異なっています。

つまり、チャンネル1、6、11(もしくは2、7、12か3、8、13、まれに4、9、14)以外のチャンネルは、周波数が重複している場合があります。

チャンネル
チャンネル

周波数5GHzでは、多くの場合23つの重複のない20MHzごとのチャンネル設定がされたいるため、混雑が大幅に緩和されています。また、40MHz、80MHz、160MHzごとのチャンネルを設定した周波数もあります。

ふたつ以上のWiFiが同じチャンネルに存在していると、インターフェースという電波の阻害が起き、ネットワークのパフォーマンスの低下を起こします。 同じチャンネル内での電波の重複を避け、非干渉でいることが理想とされています。NetSpotのようなWiFiチャンネルアナライザーツール を使い、非干渉のチャンネルを探し出しましょう。

NetSpotのチャンネル
NetSpotのチャンネル

1997年の802.11スタンダードの発足より、WiFiルーターが2.4GHzで発信されるようになりました。1997年の802.11nのスタンダードが発足されるようになるまでは、あまり5GHzの周波数は利用されていませんでした。

最新のWiFiスタンダードの802.11acは、2.4GHzと5GHzのどちらも対応しており、WiFiチャンネルを変えられるユーザーにとって幅広い選択肢を与え、より広く効果的な電波のカバーを得られる機会となりました。

WiFiチャンネルアナライザーの使い方とは?

NetSpotはMacOS、Windowsに対応。多彩な機能を搭載したWiFi調査WiFi分析 トラブルシューティングアプリです。WiFiチャンネルアナライザーやWiFiチャンネルの重複の検知などにもお使いいただけます。NetSpotをダウンロード、起動し、画面上側にあるツールバーより検知ボタンをクリックするだけで簡単にご利用いただけます。

このアプリの検知ボタンの下にある小さな四角いボタンをクリックするだけで、全ての利用可能なWiFiネットワークが選択いただけます。分析したいネットワークを選択し、ツールバーの詳細ボタンで分析を開始します。

探知モード
探知モード

2.4GHzチャンネルタブへ移行し、”利用されていないネットワークの平均値”をクリック(任意)すると、起動していないネットワークとその平均値が表示されます。また、チャンネルの分布図をNetSpotから簡単にご覧いただけますので、ご利用のエリアでどのチャンネルが混雑しているかが一目で確認いただけます。

チャンネルグラフ
チャンネルグラフ

1つのチャンネルに複数のネットワークが起動している場合、お使いのネットワークもチャンネル内で重複してしまい、機能の低下を招きます。WiFiチャンネルの変更をお勧めします。

WiFiチャンネルの重複の詳細をご覧になりたい場合は、NetSpotの包括WiFiカバー範囲ヒートマップを調査モードより選択し、実際のWiFiの状況を図面でご確認いただけます。また、電波の弱い部分も簡単に検知できるので、ルーターをどこに置くべきかもチェックすることができます。NetSpotで検知した情報はすべて、PDFまたはCSVファイルに変換でき、他のアプリでもご観覧いただけます。

NetSpotのWiFiヒートマップ
NetSpotのWiFiヒートマップ

NetSpotの素晴らしい点として、MacOSとWindowsの802.11a/g/b/n/acワイヤレスアダプタと全てのコンピューターで無料でご利用いただける点が挙げられます。NetSpotは2.4GHzと5Ghzの周波数、20/40/80/160MHzチャンネルに対応しており、最新のWiFiスタンダードに完全対応しています。

WiFiチャンネルの変更方法とは?

世の中にある多くのWiFiルーターが、チャンネルの変更に対応しています。チャンネルの変更には、ルーターのアドミニストレーションの設定変更が必要となります。ルーターのIPアドレスが不明瞭な場合、Windowsのコマンドプロンプトに移動し、”ipconfig"(””は入力しないでください)と入力し、”デフォルトゲートウェイ”に表示されたアドレスをコピーペーストし、お使いのブラウザのURL欄に入力してください。

入力が完了すると、アドミンページへ移行します。ユーザーIDとパスワードを入力し設定変更を行います。デフォルトパスワードやIDを変更したことがない場合は、多くの場合”admin"がIDとパスワードとなります。それ以外のIDやパスワードがある場合は、ルーターの底面または側面にあるステッカーに記載されたIDやパスワードを入力するか、お使いのプロバイダーのサービスセンターにお問い合わせください。

ルーターにより設定メニューはそれぞれ異なりますが、ほとんどのルーターのチャンネル変更の設定画面は”高度な設定”のメニューにある場合が一般的です。それでも見つからない場合は、ルーターの説明書に操作方法が記載されていますのでそちらをご参照ください。チャンネルの変更が完了したら、NetSpotを起動しルーターが適切なチャンネルで機能しているかを再度ご確認ください。

結論

WiFiの機能の低下の多くは、適切でないWiFiチャンネルの使用が原因となっています。同じチャンネル内で複数のネットワークが重複していると、電波の阻害が起こり安定した速さやパフォーマンスのネットワークがご利用いただけないことがあります。

それらの問題を解決するためにも、NetSpotのようなWiFiチャンネルアナライザーを使用し、お使いのエリアにおける最適なWiFiチャンネルを選択することをお勧めします。NetSpotは新しいルーターを購入、交換する際にも非常に役にたちます。最新のWiFiスタンダードに対応した画期的なアプリです。

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

WiFiについての全てを次でお話しします。

WiFiについてもっと深くご存知になりたい場合、WiFiセキュリティーについて、ワイヤレスネットワークの最高のアプリについて、フライトでのWiFiについてなどをチェックしてみてください。

その他の記事

NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。