• #1 NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

WiFiの設置方法完全ガイド

WiFiの設置を過去に1度でも行なったことのある方はお分かりかもしれませんが、WiFiの設定やカバー範囲の調整、キャパシティの設定など、WiFiの設置には様々な難関が待ち構えています。
トップチョイス
  • NetSpot
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
それらの難関を乗り越えて、さらに1つひとつ異なる問題を解決して行かなければいけないWiFiの設置は大仕事でしょう。そこで当記事では、そんなWiFiの設置を満足行くレベルに、1から行なえる方法を全て解説いたします。

WiFi設置の手順

WiFiの設置には3つの大まかな手順があります:

1. 設置に必要なものを揃える

WiFiネットワークの設置の最大の難関は、専門なテクニック以前に必要な道具を全て揃えることかもしれません。特に複数の人や組織が使用するとなると、求められるものも非常に多岐にわたり、用途が曖昧だと準備も非常に不透明なものとなってしまいます。

また、ネットワークを設置する建造物の情報も重要です。地図や図面を用意し、どの範囲にどれほどの強度のWiFiが必要かをまずは把握しましょう。これらの図面は後ほど設定を変更する際にも役に立ちますので、きちんと保管をしてください。

2. ソリューションの計画

設置範囲や用途を明確にし、必要な書類を集めたら、次はどのようなソリューションが最適かを選定します。WiFiネットワークのデザインで一番重要なことは、物理的な範囲や、WiFiネットワークの使用目的、接続するデバイスの数は何か、どのくらいかと、建造物の広さや素材などの基本情報を集めることです。

ヒートマップの視覚化
NetSpotはヒートマップを含む15以上の図とレポートを提供し

WiFi実地調査を行ない、ヒートマップを作成しWiFiを設置するエリアの詳細な情報を入手することを強くお勧めします。この調査はこれからの設置における必要なプランや設備の計画を非常に明確にしてくれます。

NetSpot を使用すれば、ヒートマップ、電波ノイズ率、電波レベル、ノイズレベル、周波数、ワイヤレス転送レートなどを含む15を超える見やすいレポートとともに、WiFiの設置が簡単に行なうことが可能です。

3. 設置

計画や必要なソリューションが明確な場合、WiFiの設置自体は非常にシンプルです。設置前にかならず各部署の代表全員が自分たちの業務に十分な電波の条件が揃っているかを確認しましょう。

設置の進捗をきちんと把握しましょう。計画と実際の進捗の比較をレポートにまとめ、実際の計画と設置の進捗を照らし合わせ、技術面での情報交換を行ない、問題を早急に解決することを推奨します。WiFi分析を適宜行い、全ての条件が計画通りに揃っているかを確認しましょう。

WiFi設置におけるよくある問題

使用用途がキャンパス全体なのか、数千人の勤務するオフィスなのか、または数十人程度の小規模のオフィスなのかに関わらず、WiFiの設置に問題は必ずと言っていいほどつきものです。

インターフェース(電波干渉)

WiFiは、1990年に初めて登場し、当時では想像がつかなかったであろうほどに一般的となりました。現在ではWiFiは世界中のどこにでもあり、数種類の電波と膨大なテクノロジーを使用し拡大しています。電波干渉はネットワークの速度に大幅に影響します。

WiFiの電波干渉の特徴として、WiFiの接続が落ちる、ルーターに近いにも関わらず電波の強度が弱い、ダンロードやアップロードのスピードが遅いなどが挙げられます。

人口の集中した都会では、WiFiインターフェースは非常によくあるWiFiの問題です。そのほかにも、監視カメラや電話の子機、車庫の自動シャッターなど、電磁波を飛ばしている家電は家中にあり、それらもまたインターネットの電波を阻害しています。

WiFiの電波干渉を防ぐためにも、近隣のWiFiネットワークを調査し、周囲の使用している周波数やチャンネルの中でも混雑が少ないものを知っておくことも重要となります。

カバー範囲

強力なWiFi電波を確保する上で一番の課題となるのがカバー範囲です。WiFiのカバー範囲は多くの要因により差が出ます。WiFiルーターの設置場所や、他の電子機器による電波干渉、部屋にある家具や、部屋そのものの構造でも大きく違いが現れます。

WiFiを通す素材や通しにくい素材もまた影響します。レンガや鉄の素材はWiFiの電波を阻害しやすく、強化コンクリートはWiFiの電波そのものをシャットアウトしてしまいます。WiFiルーターの追加などの必要性にも影響が出てくるので、素材別に対策を行ないましょう。

その他にも、WiFiルーターから一定の距離が離れると電波は弱くなります。広すぎる場所ではルーターひとつでカバーしきれない場合もあります。NetSpotWiFi実地調査を行ない、WiFiネットワークのカバー範囲を可視化して検証しましょう。

キャパシティ

WiFiの設置において、範囲だけでなく、電波の処理能力キャパシティもまた重要となります。WiFiが一度に扱えるデバイスの数の制限などがこれにあたります。

WiFiルーターの多くは、255デバイスまで同時に対応しています。ご自宅での使用の場合はまず問題のない容量ではありますが、企業用となると規模によっては容量不足にならないよう確認が必要です。

また、実際のところは限界数のデバイスをつなぐ前にパフォーマンスの低下が起こります。50人が同時にインターネットに繋いだ状態では、速度に影響出るのは容易にご想像いただけるかと思います。

キャパシティの問題は、WiFi実地調査を行ないアクセスポイントを増強することで簡単に解決することが可能です。調査でどこにどれだけの増強が必要かをきちんと把握してから行ないましょう。

だから、私たちのおすすめです。
NetSpot
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー
  • #1
  • WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング

  • 500K
  • ユーザー
  • 6
  • クロスプラットフォーム
  • Mac/Windows

結論

WiFiの設置は想像よりも意外とシンプルに行なうことができますが、よくある問題とは別の1人ひとり異なる問題に出くわすこともあるでしょう。これらの問題や個人に合わせたWiFiの設置方法のアドバイスは設置の各段階においてWiFiネットワークアナライザーを使用し、それぞれの段階で正常に作動しているかをチェックしながら解説に従い設置を行うことを推奨します。

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

WiFiについての全てを次でお話しします。

WiFiについてもっと深くご存知になりたい場合、WiFiセキュリティーについて、ワイヤレスネットワークの最高のアプリについて、フライトでのWiFiについてなどをチェックしてみてください。
NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。