Wi-Fi信号をモニターして、NetSpotでマップ化してください

NetSpotはワイヤレスネットワークの監視と管理を容易にします。ネットワークの強みと弱みをマップして、識別できるよう、様々なツールを提供しています。NetSpotはWi-Fiネットワークの信号レバル、信号対ノイズ比、チャンネル妨害ネットワークセキュリティやその他多くを監視できます。

ワイヤレスネットワークを監視する方法


手順1

フロアプランをロードする

スキャンを実施したいエリアのフロアプランをロードするかまたはNetSpotの描画機能性を使用してマップを描い、続くをクリックしてください。

Wi-Fi信号を監視し、WiFiネットワークをマップ化

手順2

通信行なっていないSSID

次に、ネットワークのSSIDが隠れている場合(ネットワーク名を放送しない場合)、ネットワークをスキャンリストに含ませます。ネットワークに接続されていても、隠れたネットワークである場合、この手順に従う必要があります。この機能性はNetSpot PROとEnterprise版のみに搭載されています。無料版のNetSpotを使用しているのであれば、監視したいWi-Fiネットワークを一時的に他の人が見えるようにしてください。いずれにして、SSIDを隠すことは弱いセキュリティ方法にすぎません。それから続けるをクリックします。

WLANモニタリング

手順3

アクティブスキャニング

ネットワークの実際のインターネット速度を分析するため、画面のアクティブスキャニングを有効にします。有効にしたら、続けるをクリックして次の手順に進みます。


手順4

ワイヤレスネットワークの監視

これでワイヤレスネットワークの監視を開始できます。監視したいエリアの角に移動します。立っている位置に関連するマップの地点をクリックします。NetSpotはそこで最初の測定(又はデータサンプル)を収集します。スキャンが完了するまで押し続けてください。.


手順5

スキャンを完了する

次の地点まで歩き、マップをクリックして、その地点の測定をおこにます。最低でも3つの地点でスキャンを行ったら、レポートが作成できるため、スキャンを完了するオプションが有効になります。

ワイヤレスネットワーク監視を完了する

手順6

移動してスキャンし続ける

エリア全体をカバーできるまで移動してスキャンを続け、最後にスキャンを止めるボタンを押します。


手順7

ネットワークのリストから該当するWLANを探す

ウィンドウの左側にあるネットワークのリストから該当するWLANネットワークを探します。他のワイヤレスネットワークの横にあるチェックボックスからチェックを外して、該当するネットワークのみに横にチェックがあるようにします。

ワイヤレスネットワークモニター

手順8

ヒートマップの分析

該当するワイヤレスネットワークのWiFiヒートマップを分析します。下の方にあるツールバーのドロップダウンメニューを使って信号レベル、信号対ノイズ比、とその他のWi-Fi監視の可視化の中から選択します。ヒートマップをエキスポートして保存することもできます。

Wi-Fi監視と可視化

時間が経つにつれ、複数のスキャンを行ってそれらをゾーンスナップショットとして保存することで(NetSpot PROとエンタプライズ版のみで可能)、確実にWi-Fiネットワークのカバレッジ状況を監視することができるようになります。ネットワーク信号への変化を検出し、妨害を行なっている新しい物体などを識別することができるようになります。また、全てのワイヤレスアクセスポイントの状況も監視でき、このポイントのセキュリティ設定も監視できます。

NetSpot Wi-Fiモニターは

  • ワイヤレスネットワークの監視を行い
  • 全てのサイズのWiFiネットワークの監視を行い
  • WLANネットワークの監視を行い
  • WLANサイトを可視化し、監視を行い
  • Wi-Fiをスキャンして、そのカバレッジを行い
  • 選択されたWiFiの監視を行います

さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください

ウィンドウズ版ができました!

NetSpotは様々なネットワーク様相をモニターすることで、ワイヤレスネットワークの管理を簡単に行うことができます。
無料のWiFiスキャナーアプリをゲットしましょう

WiFiプラニングに関する次の手順


その他の記事

今すぐNetSpotでWiFi信号を強化しましょう
標準802.11a/b/g/n/ac
ワイヤレスネットワークアダプター(AirPortに対応)のMacBookで作動します。