• #1 NetSpot
  • あなたのWiFiセキュリティを精査する最高のWiFiツール
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

パブリックWiFiの安全な使い方

外でインターネットが必要な時、パブリックWiFiは非常に便利なツールとなりますが、中にはセキュリティーに懸念があるネットワークも存在します。
確認済み
  • NetSpot
  • WiFiセキュリティへのエッセンシャル
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー

現在では、カフェ、レストラン、空港、ホテルや多くの公共の場所がお客様にパブリックWiFiを提供しています。サイバーセキュリティーの会社であるSymantecの調査によると、87パーセントのインターネットユーザーがパブリックWiFiを使用したことがあるという結果が出ています。


Privatewifi.comの投票調査によると、70パーセントを超えるユーザーがパブリックWiFiを使ってEメールをチェックしたことがあり、11パーセントのユーザーがオンライン口座にログインしたことがあるという結果が出ています。

パブリックWiFiは安全ですか?

パブリックWiFiネットワークがいたるところにあることもあり、多くのユーザーがあまりそのリスクを考えずに接続を行っています。米国のクリーブランドで昨年開催された共和党国会のコンベンションでは、ネットワークセキュリティ会社のAvastが、偽のパブリックWiFiを3ヶ所設置し WiFiセキュリティーについての実験を行いました。


偽のパブリックWiFiを使用した利用者のうちの68%にあたる1200人の重要な個人情報を読み取ることに成功しました。これにより、WiFiセキュリティーを一般のユーザーがどれほど見落としているかの証明となりました。

もちろん、パブリックWiFiのセキュリティーは優れているとは言えません。Kasperskyセキュリティーネットワークが3200万を超えるパブリックホットスポットを分析した結果、25%のパブリックWiFiがエンクリプションを全く使用していないという結論を発表しました。オンライン上の犯罪者が一切の努力をすることなくネットワークに接続し情報を盗み出すことができます。

エンクリプションを使用しているWiFiですら、ハッカーにかかってしまえば全てが安全とは限りません。偽のホットスポットも含め、マルウェアや中間社攻撃などのリスクを含んでいます。

パブリックWiFiにリスクはつきものです。そのため、安全なパブリックWiFiの使用方法を知っておくことは非常に重要です。

パブリックWiFi場での安全を保つには?

パブリックWiFiネットワークは大まかに2つのカテゴリーに別れています:オープンネットワークと、エンクリプションネットワークの2つです。

  • オープンネットワーク:承認の必要もなく、誰でもアクセスできる完全にオープンなネットワークです。このようなネットワークは非常に便利に使用できますが、どうしても他のネットワークがない状態で接続が必要な場合のみにとどめましょう。転送される全てのデータが公開され、コンピューターをよく知る人なら誰でも情報を盗み取ることができてしまいます。

  • エンクリプションネットワーク:使用する際に承認を必要とする、エンクリプションのかかっているネットワークです。エンクリプションネットワークはネットワーク間の転送データが暗号化されており、読解が不可能な状態となっているため、オープンネットワークよりも安全性が格段に高いネットワークです。

他に使用できるネットワークがない状態でもどうしても電波が必要な時にオープンネットワークの使用は可能性として考えられますが、接続は最小限にとどめましょう。NetSpotを使用すればお近くのどのパブリックWiFIがエンクリプション化されているかを調べることも可能です。このアプリはプロ仕様のワイヤレス調査WiFi分析アプリで、MacOSとWindowsからご利用いただけます。

NetSpotでエンコードを確認しましょう

複数のWi-Fiネットワーク調査、分析、トラブルシューティングに適したパワフルで最先端のツール。

オープンWiFiネットワークの使用がどうしても必要になることもありますが、それは他に接続できるエンクリプションネットワークが見つからない場合のみ利用することをお勧めします。そして、それらに接続する際にもリスクを回避する方法をご紹介します。

VPNサービスを使用する

オンライン上の犯罪から身を守るためにも、バーチャルプライベートネットワーク(VPN)を使用し、オンライン上の行動をご自身で暗号化しましょう。無料で利用できるものもあり、VPNサービスは多岐にわたりご利用が可能です。VPNサービスの利点としては、ご自身のデバイス内臓のIPアドレスを隠し、接続している国や地域の制約を受けないことも可能とします。

オンラインアクティビティを制限する

パブリックWiFiを使用する際には、オンライン上のアクティビティを最小限にとどめましょう。パブリックWiFiのセキュリティーが完全に保証されている場合を除き、パブリックWiFiでのメールやオンライン口座、その他個人のアカウントのログインは避けましょう。

自分のWiFiを確保する

携帯のデータプランを契約している場合は、携帯からのWiFiホットスポットを代わりに使用することを推奨します。ご自身のネットワークなので安全性も確実で、携帯からのホットスポットの電波はエンクリプションを保証されています。パスワードもかかっているので安全性は格段に上がります。

HTTPSエンクリプションを使用する

HTTPSはHypertext Transfer Protocolの進化版で、コンピューターネットワークのコミュニケーションのセキュリティーを高めます。多くのウェブサイトでもユーザーのプライバシーを守るために採用されており、HTTPSを使ってオープンWiFiネットワークに接続すれば、エンクリプションコードが使用されるため、転送データがそのまま公開されることを防げます。

ファイルの共有をオフにする

パブリックネットワークに接続すると、他のユーザーがお使いのデバイスのファイルにアクセスしてしまうことも可能になります。そのため、iOSのAirDropやWindowsのファイルシェアリング機能はオフにしておきましょう。

お近くのパブリックWiFiを探すには?

WiFiアナライザーアプリ、 NetSpotを使えば、お近くのパブリックWiFiを簡単に探すことができます。シンプルなユーザー設定とプロ仕様の高度な機能がお楽しみいただけます。NetSpotを使用すれば、WiFi分析モードで、ネットワークの探知と調査のどちらもご利用が可能です。

NetSpot

ディスカバーモードでは、お近くのWiFiネットワークとその詳細を探知し、一覧として表示することができます。パブリックWiFiの探知だけでなく、お使いのネットワークのカバー範囲の改善や、キャパシティ、容量の改善など様々な機能がご利用いただけます。

調査モードでは、選択したWiFiネットワークのカバー範囲の分析が可能です。NetSpotを使えば色別で見やす分布されたヒートマップなど、WiFiのパフォーマンスの調査が簡単に行えます。

WiFiヒートマップ

NetSpotは調査の結果をPDFやCSVに変換したり、異なるエリアやポイント、異なる階からの調査など幅広い範囲での文政期が可能となります。また、WiFi設定の比較を場所別で行うことも可能です。

NetSpotを使ってエンコードを確認しましょう

複数のWi-Fiネットワーク調査、分析、トラブルシューティングに適したパワフルで最先端のツール。

結論

近年では、パブリックWiFiネットワークはどこでも使用可能となっていますが、セキュリティーについて知らないままでの接続は様々な問題の原因となります。NetSpotのようなWiFiアナライザーを使えばどのパブリックWiFiがエンクリプションを使っているか、どのパブリックWiFiが偽物かを瞬時に判断することができ、オンライン上の犯罪を最大限に防ぐことができます。

質問はございますか?
リクエストを送るまたは一言書く

WiFiについての全てを次でお話しします。

WiFiについてもっと深くご存知になりたい場合、WiFiセキュリティーについて、ワイヤレスネットワークの最高のアプリについて、フライトでのWiFiについてなどをチェックしてみてください。
NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。
  • 4.8
  • 969 ユーザーレビュー