ハッカーからWiFiを守ってください: ここではトップ WiFiセキュリティヒントをご紹介します

今、WiFiネットワークは至る所に存在するため、楽しみや利益目的でハッカーから狙いやすくなっています。自宅にWiFiを使ってパソコンや携帯デバイスでインターネットに接続している場合、是非、ここに紹介するWiFiセキュリティヒントを参考にネットワークを守ってください。
headAllAboutWiFi

ハッカーはどのようにWiFiネットワークを攻撃しましか?


WiFiパスワードをハッキングする場合、ハッカーは主に二つの方法を使います。ハッカーは低いレベルのスキルを使い弱いパスワードとナイーブのユーザーを悪用しますが、他のハッカーは技術を用いり、カスタマイズされたツールなどで繊細な攻撃を試みます。

WiFiネットワークで伝達する情報は、暗号化されない場合、ネットワークの範囲にいる全ての人により受信され、分析されます。あなたの家のWiFiをハッキングする場合、ルーターからどれぐらいの距離でもそれが可能か知りたい場合、WiFi分析を簡単にできるNetSpotをダウンロードできます。NetSpotがあれば、瞬時に、WiFiネットワークが攻撃の的になった場合、暗号化が十分であるかどうかがわかります。

WPA2と言った強いWiFi暗号化は必要不可欠になっていますが、最も強い暗号化技術も、弱いパスワードで覆されます。もちろん、10桁の数字と文字の組み合わせを覚えるのは大変ですが、WiFiハッキングにあった場合、その結末は酷い結果を招くこともあります。

なぜ、人はWiFiをハッキングすることを学ぶ?


WiFiハッカーには様々なモチベーションがあります。場合により、彼らはあなたのWiFi周波数を狙っていることもあれば、最悪の場合、あなたのWiFiをハッキングして、あなたになりすまし、あなたのお金などが目当てにしているからです。このような結果は望ましくないため、弊社のWiFiセキュリティヒントを使って、自分のワイヤレスネットワークをハッカーから守ってください。

WiFiハッカーを止めるトップ7つの方法


WiFiをハッキングできる複数の方法があるため、本当に利益を狙っているハッカーからネットワークを守ることは可能ですか?はい、可能ですが、多少の努力が必要になります。弊社は下記にトップ7つのヒントをご紹介しています、是非参考にして、WiFiネットワークのセキュリティに役立たせてください。


1. ルーターのアドミニ情報を変更する

新しいルーターが届いて、設定過程をした時のことを覚えていますか?もし覚えているのであれば、アドミニログインとパスワードを入力しましたよね?もしかして、そのログイン名は「アドミニ」でパスワードも「アドミニ」でしたか?大体そです。ほとんどのルーターは、デフォルトで同じアドミニログイン名とパスワードを設定しているため、誰でもがあなたのルーターに普通のイーサネットケーブルを使って接続し、設定を変えることができます。一般の家庭の場合、このような状況はありえないが、ビジネスオーナーの場合、これを軽く受けることは不可能です。できるだけ早く、デフォルトログイン情報をもう少ししっかりしたものに変更してください。


2. 強い暗号化を設定する

素早くWiFiパスワードをハッキングしたいハッカーから守るには、WiFi暗号化が鍵になります。暗号化されてないワイヤレスコミュニケーションは誰にでもキャプチャーされ、分析され、悪用される可能性があります。最もベーシックなWiFi保護はWEP暗号化です。暗号化が全くないよりマシですが、WEP暗号化ネットワークでWiFiパスワードをハッキングする方法を紹介するオンラインチュートリアルは多数あります。できれば、最低でも、WPA + TKIP暗号化を使用してください。ルーターをWPA2 + AES暗号化を行うように設定することが最も理想的です。


3. ルーターがアップデートされていることを確認してください

ルーターは複雑のオペレーティングシステムであり、場合により、ソフトウェアバグも発生します。最もひどいソフトウェアバグであれば、世界の反対側にいるハッカーがあなたのネットワークに侵入し、あなたの個人情報を盗み取ることも可能です。ほとんどのルーターは自動的にアップデートしますが、場合により、手動でアップデート過程を開始させるルーターもあります。スマートフォンにリマインダーを設定し、月に一度、ルーターのアップデート状況などをチェックしてください。


4. WiFiネットワークを隠す

WiFiネットワーク名は実はSSID、サービスセットアイデンティファイアです。WiFiネットワークは、SSIDを送信しなくってもそのネットワークに接続できますが、ネットワークのアドレスを知る必要があります。このため、SSIDを放送せず、WiFiネットワークを隠すことで、近所の子供やハッカーからWiFiネットワークを守ることができます。


5. WiFi範囲を狭める

多くの人は、WiFiネットワークの範囲を広げることを好み、狭めることを望む人はあまりいないことも承知していますが、場合により、範囲を小さなエリアに限定することが賢明になることもあります。住んでいる部屋が狭い場合、WiFiを町内全体に放送する必要がなく、ハッキングされる機会を限定できます。WiFi分析ツールであるNetSpotを使ってネットワークの現在の範囲を確認し、ルーターの送信パワーコントロールで調整できます。


6. MACフィルタリングを有効にする

全てのWiFiが有効されているデバイスには物理的なアドレスであるユニークな識別子、メディアアクセスコントロール(MAC)アドレスがあります。ルーターは特定のMACアドレスのみに通信するように設定することができるため、他の人がネットワークに接続することを阻止します。ほとんどのデバイスでMACアドレスを変更し、他のデバイスに見せかけることができるため、この方法は確実であるとは言えません。


7. オープンな公的ネットワークを避ける

公的なWiFiネットワークは便利ですが、使う際、非常に気を付ける必要があります。全ての公的WiFiネットワークがユーザーのセキュリティやプライバシーを守るとは限らず、場合により、ユーザーのパスワードや銀行口座情報を狙っているハッカーによって設定されている公的なネットワークもあります。認定され、信頼の置ける公的ネットワークのみを使い、自動的なWiFi接続を無効にしてください。


さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください

ウィンドウズ版ができました!

NetSpotは、周りにあるWiFiネットワークを深くサーベイするため、簡単に使うことができるワイヤレスネットワーク検出器です。
無料のWiFiスキャナーアプリをゲットしましょう

Wi-Fiについて">Wi-Fiについて


その他の記事

今すぐNetSpotでWiFi信号を強化しましょう
標準802.11a/b/g/n/ac
ワイヤレスネットワークアダプター(AirPortに対応)のMacBookで作動します。