パブリックWiFiに最適なVPN

セキュリティーの脅威は、インターネットの接続のあらゆる場面で起こりうるものです。
フリーWiFiホットスポット が公共の場でもどのコンピューターやスマートフォンからも使えるようになり、非常に便利になりました。レストランやカフェでもWiFiが使用できる場所はメリットともいえます。ホテルや空港などの待ち時間に無料で気軽にインターネットに接続できるのはありがたいものです。

スターバックスで朝コーヒーを飲みながらメールのチェックをするビジネスマンの方もいらっしゃることでしょう。とはいえ、様々な場面で パブリックWiFiはデメリットがあります。無料のWiFiの使用にあたっては、情報保護の手段を知っておく必要があります。

パブリックWiFiの脅威

Norton.com によると、無料WiFiの使用における脅威は以下となります:

  • WiFiスヌーピング — ソフトウェアや専門のハードウェアを使い、ハッカーがデバイスと ワイヤレスルーターの間の電波に侵入します。

  • WiFiネットワーク荒らし — モバイルユーザーを標的にした犯罪です。無料WiFiを接続したデバイスの情報を盗み取るようにセッティングされたネットワークも存在します。

  • 情報の盗み見 — この手の脅威は、ハッカーがあなたのデバイスとネットワークの通信電波の中に潜り込み、転送される情報を盗み見することが可能となります。

  • マルウェアの流入 — マルウェアのようなコンピューターウイルスは、デバイスに入り込みセキュティーの弱点に潜り込んでゆき、データやデバイスの損出、破壊を行います。

  • データ暗号化の不足 — 無料WiFiネットワークは電波の暗号化が設定されていない場合があり、データの転送の際にログイン情報を始め重要なセキュリティ情報が簡単に盗めてしまう場合があります。

パブリックWiFiの脅威から身を守るには?

無料WiFiネットワークの安全懸念は、すべてのモバイルユーザーにとって考慮されるべきことです。 spiceworks.comによると、60%を超える会社でその従業員が無料WiFiを会社のデバイスから接続したことがあるとの調査もあります。個人情報は非常に重要な情報であり、安易な開示は大きなトラブルを起こす可能性があります。企業の機密情報の場合は、ビジネスや他の従業員、お客様にまで悪影響が及ぶ可能性があります。

無料パブリックWiFiを使用しつつ、そのような脅威のリスクを軽減する方法があります。inc.comによれば、下記のガイダンスに沿って情報の安全性を高めることができます。個人でも企業でも、このような対策はメリットとなります。

  • バーチャルプライベートネットワーク(VPN)を使用する。VPNの使用にはいくつかのメリットがあります。VPNのソフトウェアそのものがプライバシーの保護や暗号化をパブリックWiFi場で行ってくれます。質の高いVPNサービスは情報を適切に暗号化して、外部の人からデータの転送情報を見れないように変換してくれます。

  • デバイスの自動接続をOFFにする。自動接続は思わぬところで予期していないWiFiへの接続をもたらし、ハッキングのリスクを上昇させます。WiFiに自動接続する前に確認メッセージを表示するなどといった設定も推奨されます。

  • パブリックネットワークよりも、ご自身のモバイルホットスポットを使う方がより安全です。値段がかかることや他のデバイスを持ち歩く必要性がありますが、パブリックWiFiのリスクをすべて回避することができます。

  • アンチウイルス、アンチマルウェアソフトをデバイスにインストールし、ファイアウォールを起動させデバイスを保護します。

  • パブリックWiFiの使用そのものを避ける。無料WiFiをどうしても使用する必要のある時以外、使用は控え、安全性の保証されたネットワークの使用を推奨します。

  • パブリックWiFiを使用した際に、オンラインバンキングやショッピング、その他重要な個人情報が含まれるアクティビティは行わないように心がけます。

パブリックWiFiを使用したい場合は、VPNをパソコンまたは携帯に常備しておくことをお勧めします。VPNなしでのパブリックWiFiの接続は夜間にライトなしで運転するようなリスクをはらんでいます。運に任せるか、安全対策をとるかの選択となります。VPNなしでデータの安全性を保つことはほぼ不可能とも言えます。

最適なVPNサービス

車の運転を夜間にライトなしで行う人はまずいないでしょう。パブリックWiFiの利用にあたってのVPNの使用は同じようなものだと言えます。パブリックWiFiホットスポット接続の際は、必ずVPNを使用してください。VPNには無料のものもありますが、有料のものは性能も上質です。月額契約や長期契約でコストも削減することが可能です。

パブリックWiFiからのデータ保護目的の観点では、VPNの情報暗号化の可否は非常に重要となります。最適なVPNを以下でご紹介します。

チョイス #1
  • レートが足りていません

Military-grade 256-bit AESのエンクリプションVPNは、お使いのデータを安全に保ちます。NordVPNは3日間の無料トライアルでご購入前の検討が可能です。強制停止ボタンがソフトウェアに備わっており、VPNのサービスがセキュリティの保護を行えなくなると自動で接続が切れる機能がついています。

NordVPN
NordVPN

一つのアカウントで、6つのデバイスまで接続ができます。マルウェアとポップアップ広告も自動でブロックしてくれます。お気に召さなかった場合の30日間の返金保証もついてきます。

チョイス #2
  • レートが足りていません

Express VPNもまた高品質の暗号化セキュリティと256ビットのAESプロテクションでデータを守ります。30日間の返金保障がついており、ひとつのアカウントで3つのデバイスまで接続ができます。

ExpressVPN
ExpressVPN

VPNの接続が切れると、インターネットの接続も自動で切れ、あなたのデータを守ります。

チョイス #3
  • レートが足りていません

Avast VPNは、銀行レベルの暗号化が備わっており、不適説なアクセスからデータを守ります。ひとつのアカウントで最大5デバイスまで使用が可能です。1週間の無料トライアル付き、30日間の返金保障は、このソフトウェアを使った接続試行とデータダウンロード値が一定数を超えていない場合適応可能です。

Avast VPN
Avast VPN

ソフトウェアに自動でついてくる広告が数件報告されており、ユーザーがソフトウェアに不安を抱いている場合があるという事例が上がっています。

チョイス #4
  • レートが足りていません

7つのデバイスに接続ができ、256ビットエンクリプションとサイバーゴーストであなたのデータを守ります。どのプランを選んでも24時間以内なら返金保証がついています。

CyberGhost
CyberGhost

VPNの接続が切断されると、自動的にインターネット接続が切れます。

チョイス #5
  • レートが足りていません

VPN Unlimitedは強力な256ビットAESエンクリプションでデータを安全に保ちます。プランと価格の種類が豊富で、中には生涯購読というプランもあります。問題点としては、無料版ではダウンロードスピードと、ユーザー情報が限られている点です。

VPN Unlimited
VPN Unlimited

5つのデバイスまで接続ができ、7日間の無料トライアルと、返金保証がついています。

チョイス #6
  • レートが足りていません

そのほかにも暗号化の機能を持ち、5つのデバイスまで接続ができて、3日間の無料トライアルができるVPNがあります。ただし支払い情報の詳細は事前に入力が必要となります。

vyprVPN
vyprVPN

独自のハードウェアで全て処理し、第三者を完全除外した高品質のサービスです。

チョイス #7
  • レートが足りていません

IPVanishという製品名からもお分りいただけるように、オンラインでのすべての行動をIPアドレスを隠すことで安全に守ります。パブリックWiFiを使用した際には、全ての情報が暗号化されます。

IPVanish
IPVanish

7日間の返金保証で、気軽にお試しいただけます。一つのアカウントで10個までのデバイスに接続できます。

無料パブリックWiFiの使用に関するリスクをお分りいただけましたか?デバイスや情報を安全に保つために、ワンクッションを置くことは非常に重要となります。VPNサービスはそのために存在していて、VPNなしでのパブリックWiFiの使用はヘッドライトなしの運転のようなものです。安全に備えましょう!

質問はございますか?

次を読むWiFiセキュリティー

ワイヤレスネットワーク、個人情報を安全に使う方法、誰がネットワークに接続しているかを調べる方法など。

その他の記事

NetSpotを無料で入手する
WiFIサイト調査、分析、トラブルシューティング MacBook (macOS 10.10+)または全ての標準802.11a/b/g/n/acワイヤレスアダプタを搭載したコンピューター(Windows 7/8/10)でご利用いただけます。