WiFiの設置の方法



モデムに物理的に接続されたネットワークのみを使用することはすでに過去のお話です。近年では、ワイヤレスであることは非常に一般的と言えます。この記事では、自宅でのWiFiの設定の仕方、ケーブルにさよならを告げてどこでもオンラインをお楽しみいただける方法を紹介します。

WiFIの設置に必要なものは何ですか?



ご自宅にWiFiを設置するためには、まずはインターネットの接続が必要です。通信会社がDSLという接続パッケージを販売しています。また、ケーブル会社も接続を取り揃えています。どちらもブロードバンドインターネットの接続で、どのモデムをつかうにも十分なプランが取り揃えられています。

ISP(Internet Service Provider)のどれを使用しても、モデムはケーブルに接続されている必要があり、そこからワイヤレスの電波を受け取ります。IPSはワイヤレスルーターよりも倍程度普及しています。お使いのルーターがこのタイプの場合、次の章は飛ばしてお進みください。

ただし、モデムでWiFiの使用が不可能な場合は、ワイヤレスに対応したルーターの購入が必要です。


WiFiルーターの設置の方法


様々な種類のワイヤレスルーターが出回っています。安価なものから、さまざまなアンテナを搭載し、最新のテクノロジーを駆使した機能満載のゲームルーターまで多岐に渡ります。とはいえ、WiFIの設定プロセスは基本的にはすべて一緒と言えます。

  1. インターネットモデムの電源を抜きます。
  2. イーサネットケーブルを使い、ワイヤレスルーターをモデムにつなぎます
  3. <ワイヤレスルーターとモデムのどちらにも電源を差し込みます。
  4. ワイヤレスルーターのライトが点灯するまで待てば、インターネットの接続が構築されます。接続されるまでには、数分かかります。
  5. ワイヤレスルーターを設定する方法については、次章をご参照ください


WiFiルーターを設定する方法

インターネットに接続されたワイヤレスルーターで、ブラウザを開きお使いのルーターのIPアドレスをインターネットアドレスの項に入力します。アドレスについては各自での確認をお勧めしますが、一般的には192.168.0.1または192.168.1.1、192.168.2.1となっています。

ルーターのサインインページが現れます。初期ログインのIDとパスワードは各ルーターをお調べください。ログイン後、ルーターの設定ページに移行します。WiFiネットワークの名前(SSIDと呼ばれています)の変更や、セキュリティーの設定はここから行なえます。

WPA2形式のワイヤレスプロトコルを使用して、あなたの個人情報を他人に盗まないようにすることが重要となります。 旧式のワイヤレスルーターの多くは、WEPプロトコルのみをサポートしていますが、WEPプロトコルはIEEE(Institute おfElectrical and Electronics Engineer)によって廃止され、もはや安全とは考えられていません。 ワイヤレスルータの対応がWEP以外に対応していない場合は、新しいモデルへの交換をお勧めします。


WiFiルーターをどこに置くべき?

自宅のWiFiの設定法を学んだところで、次はルーターの設置です。まず第一歩として、WiFiの電波をくまなくカバーするためにも、ルーターはできるだけ自宅の中心に置きましょう。

また、壁や大きな家具などの障害物からなるべく離れたところに置くことも重要です。電子レンジやそのほか電子機器からもなるべく離し、電波の妨害を最小限にしてワイヤレスルーターのパフォーマンスを引き出します。

NetSpotはワイヤレスの調査の高度なアプリです。WiFiの分析、トラブルシューティングをMac OSとWindowsのどちらでもご利用いただけ、 WiFi ネットワークプラン機能 にて最適の設置場所の候補を絞ることができます。

  1. NetSpotで新しいプロジェクトを起動し、ワイヤレスルーターを自宅の中心に置きましょう。
  2. いくつかのサンプルを取り、場所を移動させてまたデータを取りましょう
  3. 全体を計測したところで、バーの端にあるプラス(+)ボタンを押してすべてのスナップショットを統合します。

NetSpotが情報を元に、どこにワイヤレスルーターを置くのが最適化を計算します。次の章に進み、より高度な設定を行ないましょう。

WiFi Network Planning

WiFiのカバー範囲を確認するには?

NetSpotでワイヤレスルーターの最適な場所を探したときのように、 WiFiのカバー範囲 を確認することもできます。

  1. NetSpotを起動し、数秒間データの受信を待ちます。NetSpotウインドウの左上をご覧ください。
  2. ご自身の利用しているネットワーク名を含む、ワイヤレスネットワークのリストが現れます。
  3. NetSpotに表示されているレベルでは、お使いのWiFIネットワークの電波のノイズ比率を表示しています。高い方が良い数値となります。

  • 10-15dBの範囲は最低限の数値で、不安定な接続となります。
  • 16-24dBは弱い接続とされています。
  • 25-40dBは良い接続です。
  • 41dB以上の数値は非常に良い接続状態です。

電波ノイズレベルが低い場合、改善策はいくつかあります。WiFiチャンネルを変更し、他のWiFiネットワークとのインターフェースを防ぐ方法や、ルーターが対応していれば2.4GHzバンドを5GHzバンドにあげる方法も良いでしょう。または、 WiFi エクステンダー を購入するという方法もあります。

Signal-to-noise ratio

WiFiエクステンダーの設置の方法

WiFiエクステンダーは既存のWiFi電波を強化し、電波の届かなかったお部屋の隅々まで電波をお届けすることできる装置です。お値段もお手頃です。

  1. NetSpotから提供された情報を元に、WiFiエクステンダーを効果的な場所に起きます。電波が弱まっている範囲の中心部が最適と言えます。
  2. WiFiエクステンダーを既存のWiFiネットワークに接続します。
  3. エクステンダーで拡大されたWiFiで、快適に家電製品を接続しましょう

結論


NetSpotのようなワイヤレスサイトの調査、WiFiの分析、トラブルシューティングをMac OSとWindowsで行えるような高度なアプリを使い、WiFiをお手軽に設置しましょう。NetSpotではWiFiのパフォーマンスを最大限に引き出し、どこにいても素早く快適なインターネットが楽しめる環境をお届けします。WiFi エクステンダー をチェックして今すぐダウンロードしましょう。


さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください
NetSpot WiFi planning tool

ウィンドウズ版ができました!

NetSpotのWiFiプラニングツールは、WiFiネットワークの分析、設定と配置を簡単に行える様、お手伝いします。
無料のWiFiサイトサーベイアプリをゲットしましょう

次のWi-Fiに関する

その他の記事

今すぐNetSpotでWiFi信号を強化しましょう
標準802.11a / b / g / n / acワイヤレスネットワークアダプタを搭載したMacBook(macOS 10.10以降)またはラップトップ(Windows 7/8/10)で動作します。
★★★★
957名のユーザーのレビューで、4.8のランクを獲得しました。
バージョン2.10 • レビューを書く