IPアドレスをなぜ変更するのか。どのように変更するのか。



IPアドレスのことは、あまり考えずに使用いているかもしれませんが、IPアドレスが重要ではないことはありません。パソコンや携帯などのすべてのデバイスに、専属のIPアドレスが使用されています。IPアドレスなしでは、インターネットにアクセスもできません。


他のデバイスに接続したり、オンラインになる際に、IPアドレスは今お使いのデバイスを特定するために使われます。個体を特定し、オンラインアクティビティを追跡するも奥的で使われます。事実、あなたのIPアドレスはこのスクリーンのトップにも表示されています。これはあなたのデバイスから提供された情報です。

オンラインの際は、いつでもIPアドレスがログしてウェブサイトにアクセスします。では、それに関しての問題についても紹介します。あなたのIPアドレスは指紋のようなもので、あなたを特定することが容易に可能です。幸いIPアドレスは指紋よりもより簡単に変更することが可能ということが違いと言えるでしょう。

コンピューターのIPアドレスをなぜ変更するのでしょうか?


IPアドレスを変更する理由は様々です。IPアドレスの変更が必要な理由の代表的な例を紹介します。IPアドレスの変更方法を知っておくことは、オンラインにて非常に役に立ちます。


間違った数字を使用してしまって、接続ができなくなってしまったなど、静的IPアドレスの設定を間違ってしまった場合、IPアドレスの変更は必須となります。
新しいルーターにあわせたIPアドレスの特定の範囲を使用するために、IPアドレスを変更する必要などもあります。
ルーターが正常に作動しない場合、ネットワーク上で他のコンピューターが使用しているアドレスを提供している場合があります。再接続を試みる際にもIPアドレスの変更は必須となります。このような場合はコンピューターネットワークにも影響が及ぶ場合があります。
ISPにより、特定の地域などからアクセスが拒否されているウェブサイトもあります。政府のルール、ISPの使用条件など理由は様々ですが、IPアドレスを変更することでそれらを避けることができます。

著作権や条例などに伴い、ダウンロードが制限されているコンテンツが存在します。IPアドレスを変更することで、それらの制限を避けることができます。
プライバシーの観点から、ISPがすべてオンラインでの行動記録に残し、監視できることを懸念とされる場合にも有用です。

すべてのオンラインの行動や、お住いの場所などが特定されることを懸念される方は、IPアドレスを変更することで安全にネットサーフィンを行うことが可能です。
反政府などの行動をオンラインで行い、政府からの追求や制約などを懸念されるような場合にも、IPアドレスの変更は非常に有用な手段です。

また、その他匿名性が必要な政府機関や高度なプライバシーが必要な場合、IPアドレスを変更することでその追求をまのがれることもできます。

IPアドレスの変更方法


IPアドレスの変更方法は複数あり、そのいくつかをご紹介します。基本的には3つの主要な変更方法があります:

  • 手動でIPアドレスを変える

  • 自動でIPアドレスを変える

  • VPNやプロキシサーバーを使いIPアドレスを変える

全ての方法には、それぞれメリットとデメリットがあります。その他にも静的IPと動的IPアドレスの違いとその扱い方などもご紹介します。何を使っているかにより、どの手段を使うかも変わってきます。

静的IPアドレスはISPに課され、プロバイダー経由でのみ変更がされます。このアドレスは主に一度購入したら変更が施されにくい企業やビジネスの場で使用されます。静的IPがご自宅で使われることはほとんどありません。

手動でIPアドレスを変える


オフィスや業務用のIPアドレスから、個人のオンラインにアクセスするためにはIPアドレスを変更する必要があります。お使いのプラットフォームにより方法は異なります。


MacでのIPアドレス変更方法

  1. システムパフォーマンスを選択。
  2. ネットワークを選択。
  3. サイドバーより、利用可能なネットワークを選択。
  4. 現在のIPアドレスを控えておきます。
  5. 高度な設定を選択。
  6. TCP/IPを選択。
  7. 手動を選択し、IPv4設定メニューへ移動。
  8. IPv4アドレスバーに静的IPアドレスを入力。
  9. OKをクリックし、適用をクリック。

Windows 10でのIPアドレス変更方法

  1. コントロールパネルにて、ネットワークシェアリングセンターを開く。
  2. 接続リンクをクリック。
  3. 開いているウィンドウのプロパティタブを開く。
  4. インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)を選択。
  5. 指定したIPアドレスを使用を選択肢し、IPアドレスを入力。
  6. 指定したDNSを使用サーバーを選択し、有効なアドレスを入力。
  7. 設定を検証し終了をチェックし、OKをクリック。
  8. お使いのコンピューターが自動で接続を検知します。

Windowsの他のバージョンの場合、変更方法が異なる場合があります。お使いのOSの説明書を参考にすることをお勧めいたします。

自動でIPアドレスを変える


ご自宅のコンピューターのIPアドレスを自動で変更する方法をご紹介します。このアドレスはルーターから提供された、ISP経由でのアドレスです。変更を行う際には必ず事前に現在のIPアドレスをお手元に控えてください。

ルーターの電源を切り、5分間放置します。ルーターの種類によってはより長く放置する必要があります。一晩切ったままにしておくとより確実です。IPアドレスがプロバイダー経由で動的に配布される場合でも、ISPがその変更までに時間を有する場合があります。つまり、一定の時間を保たないと、ISPが静的なままの状態で回復する可能性が残っているということです。

無料WiFiをノートパソコンから使用することで、一時的にIPアドレスをそのパブリックWiFiのアドレスに変更することができます。これは接続することで自動的に変更され。ご自宅のルーターに接続を戻すと自動で元に戻ります。

VPNやプロキシサーバーを使いIPアドレスを変える


上記で紹介した方法で、IPアドレスの変更自体は十分に可能です。それに加えて地域の制約の回避やプライバシーの保護などを目的とする場合、VPNやプロキシサーバーなどを使用してのIPアドレスの変更が非常に有効です。

プロキシやVPNは、IPアドレスを隠す役割を果たします。プロキシサーバーに接続した時に表示されるIPアドレスは、実際にお使いのデバイスのIPアドレスとは異なります。プロキシサーバーを使うことで、オンラインの行動の特定が回避できます。

VPNサービスも同様の働きをしますが、プロキシサーバーよりも多くのオプションが選択可能です。VPNサービスは世界中の様々な拠点からのアクセスを可能にし、VPNに接続後は、IPアドレスがVPNサービスのIPアドレスに塗り替えられることで個体のアドレスを隠すことができます。

高品質のVPNサービスは、世界中を拠点としたアクセスを可能にします。ISPで地域により制約を受けている場合などは、それらを回避することも可能です。

VPNには様々なサービスがあります。無料のものもありますが、プライバシーの観点では月間ほんの数ドルで有効なVPNサービスの購読が可能です。NordVPN ExpressVPNCyberGhostなど高品質のVPNの購読をお勧めします。

プロキシやVPNを使用して、IPアドレスの変更、IPアドレスを隠しプライバシーを保護することが可能です。プライバシーの観点では、VPNを最もお勧めします。


さらなる質問ありますか?リクエストを送信してください
NetSpot - network analyzer

ウィンドウズ版ができました!

NetSpotのWiFi分析ツールは、WiFiネットワークのプラニング、設定と配置を簡単に行える様お手伝いします。
無料のWiFiアナライザーアプリをゲットしましょう

その他の記事

今すぐNetSpotでWiFi信号を強化しましょう
標準802.11a / b / g / n / acワイヤレスネットワークアダプタを搭載したMacBook(macOS 10.10以降)またはラップトップ(Windows 7/8/10)で動作します。
★★★★
957名のユーザーのレビューで、4.8のランクを獲得しました。
バージョン2.10 • レビューを書く